新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

山形大学 医学部 第一内科 助教

日本内科学会 総合内科専門医 日本循環器学会 循環器専門医 日本不整脈心電学会 不整脈専門医 日本心臓リハビリテーション学会 心臓リハビリテーション指導士

有本 貴範 ありもと たかのり 先生

循環器内科の医師として、主に、循環器内科・不整脈・心臓リハビリテーションを専門としている。
2009年に、山形大学医学部附属病院 内科学第一講座 助教に就任。研究や診療に力を注ぎ、
第13回 日本不整脈学会 木村記念研究奨励賞を始めとする複数の受賞実績がある。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 循環器内科
  • 循環器内科全般
  • 心臓リハビリテーション

資格・学会・役職

日本内科学会 総合内科専門医
日本循環器学会 循環器専門医
日本不整脈心電学会 不整脈専門医
日本心臓リハビリテーション学会 心臓リハビリテーション指導士
  • 山形大学 医学部 第一内科 助教
  • 医学博士 取得

所属病院

山形大学医学部附属病院

  • 内科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 脳神経内科 放射線診断科 放射線治療科 病理診断科
  • 山形県山形市飯田西2丁目2-2
  • 山形線「山形駅」 JR各線乗り入れ  バスも利用可(山形交通バス 大学病院行きなど) 車7分
  • 023-633-1122
山形大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1999年 山形大学医学部医学科 卒業
2005年 山形大学大学院医学系研究科 (医学専攻) 修了
2008年 筑波大学附属病院 循環器内科 病院講師
2009年 山形大学医学部附属病院 内科学第一講座 助教
2010年 University of Michigan, Cardiovascular center短期留学

論文

1. Hashimoto N, Arimoto T et al. The Neutrophil-to-Lymphocyte Ratio Predicts All-Cause Mortality in Patients with Implantable Cardioverter Defibrillators. Pacing Clin Electrophysiol. 2017; 40: 135-144.
2. Kumagai YU, Arimoto T et al. Contact Force-Guided Deep Engagement with a Steerable Sheath in the Distal Great Cardiac Vein: A Case Report. Pacing Clin Electrophysiol. 2016; 39: 507-510.
3. Iwayama T, Arimoto T et al.. The Clinical Value of Nongated Dual-Source Computed Tomography in Atrial Fibrillation Catheter Ablation. J Cardiovasc Electrophysiol. 2016; 27: 34-40.
4. Daidoji H, Arimoto T et al. Circulating heart-type fatty acid-binding protein levels predict ventricular fibrillation in Brugada syndrome. J Cardiol. 2016; 67: 221-228.
5. Ishigaki D, Arimoto T et al. Prevention of immediate recurrence of atrial fibrillation with low-dose landiolol after radiofrequency catheter ablation. J Arrhythm. 2015; 31: 279-285.
6. Yashiro Y, Arimoto T et al. Predictors of left atrial coagulation activity among paroxysmal atrial fibrillation patients. Circ J. 2015;79:61-69.
7. Otaki Y, Arimoto T et al.Prognostic value of myocardial damage markers in patients with chronic heart failure with atrial fibrillation. Intern Med. 2014; 53: 661-668.
8. Narumi T, Arimoto T et al. Prognostic importance of objective nutritional indexes in patients with chronic heart failure. J Cardiol. 2013; 62: 307-313.
9. Daidoji H, Arimoto T et al. Circulating heart-type fatty acid binding protein levels predict the occurrence of appropriate shocks and cardiac death in patients with implantable cardioverter-defibrillators. J Card Fail. 2012; 18: 556-563.
10. Kutsuzawa D, Arimoto T et al. Device troubleshooting: cross connection of ventricular leads in a patient with decreased right ventricular electrical activity. Europace. 2012; 14: 1217-1219.
11. Arimoto T et al. High Washout Rate of Iodine-123-Metaiodo- benzylguanidine Imaging Predicts the Outcome of Catheter Ablation of Atrial Fibrillation. J Cardiovasc Electrophysiol. 2011; 22:1297-1304.

著書

1. 有本貴範、夛田 浩.心房細動アブレーション.メジカルレビュー社2013, p304-309.
2. 有本貴範、夛田 浩.不整脈概論.メジカルレビュー社2013, p355-361.

その他

  • 【受賞】 2004年 第8回 日本心不全学会 YIA優秀賞

  • 【受賞】2007年 第20回 日本内科学会 奨励賞

  • 【受賞】2010年 第13回 日本不整脈学会 木村記念研究奨励賞

  • 【受賞】2015年 山形大学医学部教員教育賞(ベストティーチャー賞) 最優秀賞

  • 【受賞】2015年 山形大学 優秀教育者賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。