新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

山形大学 医学部附属病院 副院長

日本整形外科学会 整形外科専門医 日本リウマチ学会 リウマチ専門医・リウマチ指導医 日本リハビリテーション医学会 リハビリテーション科専門医・リハビリテーション科認定臨床医 日本手外科学会 会員 日本肘関節学会 会員 日本小児整形外科学会 会員

高木 理彰 たかぎ みちあき 先生

災害時の運動器医療を専門とし、2011年の東日本大震災直後には山形県に避難された福島県民の方へのリハビリテーション支援を行った。その後、宮城県気仙沼市で医療支援活動を行い、災害リハビリテーションの有用性を示すための現地調査を実施した。災害時の医療支援活動のノウハウを活かし2015年のネパール大地震の際にも現地に駆けつけるなど、国境を超えた活動も行っている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 整形外科
  • リウマチ科
  • 運動器リハビリテーション
  • リウマチ

資格・学会・役職

日本整形外科学会 整形外科専門医
日本リウマチ学会 リウマチ専門医・リウマチ指導医
日本リハビリテーション医学会 リハビリテーション科専門医・リハビリテーション科認定臨床医
日本手外科学会 会員
日本肘関節学会 会員
日本小児整形外科学会 会員
  • 山形大学 医学部附属病院 副院長
  • 医学博士 取得
  • 国際整形外科災害外科学会(SIROT) 会員
  • 国際人工関節技術会議(ISTA) 会員
  • 米国整形外科基礎学会(ORS) 国際委員会担当
  • 米国整形外科学会(AAOS) 会員
  • アジア環太平洋整形外科学会(APOA) 股関節部門委員・災害対応部門委員
  • フィンランド共和国筋骨格系研究部門(TULES) 名誉会員
  • 日本整形外科学会 代議員
  • 日本リウマチ学会 評議員
  • 日本リハビリテーション医学会 指導責任者
  • 日本股関節学会 理事
  • 日本人工関節学会 評議員
  • 日本運動器科学学会 評議員
  • 日本小児整形外科学会 会員
  • 日本関節病学会 会員
  • 日本骨代謝学会 会員
  • 日本リハビリテーション連携科学学会 理事
  • 日本リハビリテーション病院・施設協会 会員
  • リウマチの外科研究会 評議員
  • 東日本整形外科災害外科学会 評議員
  • 東北整形災害外科学会 幹事

所属病院

山形大学医学部附属病院

  • 内科 血液内科 外科 精神科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 脳神経内科 放射線診断科 放射線治療科 病理診断科
  • 山形県山形市飯田西2丁目2-2
  • 山形線 山形 JR各線乗り入れ  バスも利用可(山形交通バス 大学病院行きなど) 車7分
  • 023-633-1122
公式ウェブサイト
山形大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1986年 山形大学 医学部 卒業
1990年 山形大学 大学院医学研究科 博士課程修了
1995年 日本学術振興会 特別研究員
1996年 東北大学 大学院障害科学分野 運動機能再建学 助手
1997年 ヘルシンキ大学 大学院 学位取得
1998年 山形大学 医学部 助手 (整形外科学講座)
2000年 山形大学 医学部附属病院 助教授・同リハビリテーション部副部長 併任
2001年 TULES名誉会員
2002年 フィンランドアカデミー招聘学術研究員
2004年 山形大学大学院生命環境医科学リハビリテーション医療学講座 代表
2007年 山形大学 医学部附属病院 准教授
     山形大学 医学部附属病院 リハビリテーション部部長、整形外科科長 併任
2010年 山形大学 医学部附属病院 整形外科 病院教授
2012年 山形大学 医学部整形外科学講座 主任教授
2013年 山形大学 医学部附属病院 副院長

論文

【災害医療関連 原著・総説】
1) 高木理彰 : 2015年ネパール大震災に思う. 地域リハビリテーション. 2015 ; 10 : 588-590
2) 高木理彰 : あゆみ-災害医療へ,そして地域リハ. 地域リハビリテーション. 2015: 10: 847
3) 高木理彰 : 避難所生活被災者とリハビリテーション. 日整会誌. 2013; 87: 1048-1053
4) 石川雅樹, 佐々木幹,髙木理彰 : 整形外科疾患の理学療法におけるリスク管理.理学療法学. 2012 ; 39:373-377
5) 伊関 憲、武井 寛、高木 理彰 : 東日本大震災 リハビリテーションの連携と課題. リハビリテーション連携科学. 2012; 13: 40-45
6) 樫本修、高木理彰、成田徳雄、淡野義長、後藤博音 : 地域リハビリテーションの力が生かされた気仙沼の支援活動(前編). リハビリテーション. 2012; 7: 6-12
7) 樫本修、高木理彰、成田徳雄、淡野義長、後藤博音 : 地域リハビリテーションの力が生かされた気仙沼の支援活動(後編). リハビリテーション. 2012 ; 7 : 90-96 
8) 高木理彰 : 地震大津波被災地と運動器疾患. 過疎?高齢化地域の支援経験から. 整形外科. 2012; 63: 504
9) 高木理彰:災害は忘れた頃にやってくる?. 整形?災害外科. 2012; 55: 1163
10) 高木理彰 : 地震大津波被災地気仙沼でのリハビリテーション支援経験. 日本リハビリテーション医学. 2012; 49: 37-45
11) 高木理彰 : 東日本大震災. 地震大津波と廃用症候群. リハビリテーション連携科学. 2012; 13: 21-27
12) 村川美幸,高木理彰 : 緊急リハビリ支援 -山形と気仙沼での経験から-. リハビリテーション連携科学. 201

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。