新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

川崎幸病院川崎大動脈センター 大動脈外科部長/センター長

大島 晋 おおしま すすむ 先生

大動脈疾患の手術を必要としている患者さんのために全力を尽くす

2009年に産業医科大学を卒業後、沖縄・中頭病院にて初期研修を行い、2011年より川崎幸病院の心臓血管外科に勤める。現在は同院 川崎大動脈センター センター長を務め、大動脈瘤や大動脈解離などの「大動脈疾患」に対する手術を手がけている。

大島先生のストーリー記事

どんなに困難な手術でも、決して諦めずに治療の可能性を探りたい
どんなに困難な手術でも、決して諦めずに治療の可能性を探りたい

行き場のない患者さんを一人でも減らすために、高難易度の手術に挑戦し続ける大島晋先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 心臓血管外科
  • 大島先生の大動脈瘤に関する得意な領域

    胸腹部大動脈瘤、弓部大動脈瘤、下行大動脈瘤を含む「大動脈瘤」および「大動脈解離」の治療に力を注いでいる。さらに、大動脈瘤に対して以前ステントグラフト留置術を行った方で、大動脈瘤が再拡大している症例の場合には、川崎幸病院にて再手術を実施できる可能性があり、相談を受け付けている。

    • 人工血管置換術
  • 大動脈解離
  • 胸腹部大動脈瘤
  • 弓部大動脈瘤
  • 下行大動脈瘤

資格・学会・役職

  • 川崎幸病院川崎大動脈センター 大動脈外科部長/センター長

所属病院

川崎幸病院

  • 内科 外科 循環器内科 脳神経外科 心臓血管外科 麻酔科 泌尿器科 消化器内科 糖尿病・代謝内科 腎臓内科 人工透析内科 消化器外科 内視鏡外科 腫瘍外科 肛門外科 乳腺外科 病理診断科 救急科 放射線診断科 放射線治療科 整形外科 形成外科 呼吸器外科 婦人科
  • 神奈川県川崎市幸区大宮町31-27
  • JR東海道本線(東京〜熱海)「川崎駅」 西口 シャトルバス(川崎幸クリニック・第二川崎幸クリニック・川崎駅西口を巡回)もあり 徒歩8分
  • 044-544-4611
川崎幸病院

医療記事

Q&A

Q
Q:大動脈瘤をお薬だけで治療することはできますか?
A:血圧のコントロールなどを目的として薬物療法を行うことはありますが、お薬だけで大動脈瘤を縮小させることはできません。そのため、根治的治療として、手術を検討します。
Q
大動脈瘤は、あるとき急に発生するものですか?
瘤の大きさや発生部位にもよりますが、一般的に、大動脈瘤は1年間に1mmほどのスピードで徐々に拡大すると言われています。瘤は一度できると徐々に大きくなります。破裂すると命にかかわることがあるため、大動脈瘤が破裂する前に手術などの治療を検討することが大切です。
Q
大動脈瘤に対して人工血管置換術を行った後、生活するうえで注意することはありますか?
生活するうえで制限はほとんどありません。ただ、手術した部分やほかの血管に大動脈瘤が発生する可能性がありますので、手術後にも年に1回程度、通院していただく必要があります。また、人工血管置換術を行ったあと、歯の治療で抜歯をする場合には、感染性心内膜炎を予防するために、抗菌薬の投与を行うことがあります。
Q
他院で大動脈解離と診断されました。川崎幸病院で手術をお願いすることは可能ですか?
症例にもよりますが、可能な限りお受けします。慢性的であれば外来でのフォローアップ、緊急を要する場合はドクターカーでお迎えに行くことが出来ます。

来歴等

略歴

2009年 産業医科大学 卒業
2009年 沖縄・中頭病院 初期研修医
2011年 川崎幸病院

論文

  • Use of the Endurant Stent Graft System for Ruptured Infrarenal Aortic Aneurysms: Short-term Experience in  Nine Patients

    Yuya Koike, Jun-ichi Nishimura, Hiroshi Nishimaki, Soichiro Hase, Nobukazu Moriya, Susumu Oshima, Takuya Fujikawa, Yuji Sekine, J Vasc Interv Radiol. 2013 Oct;24(10);1462-9. doi:10.1016/j.jvir.2013.04.020. Epub 2013 Jun 28   2013 年6 月

  • Surgical repair for giant ascending aortic aneurysm to superior vena cava fistula with positive syphilitic test

    Yuji Sekine, Shin Yamamoto,Takuya Fujikawa, Susumu Oshima, Makoto Ono, Shiro Sasaguri General Thoracic and Cardiovascular Surgery 2013 Sep 3   2013 年9 月

  • Use of the Endurant Stent Graft System for Ruptured Infrarenal Aortic Aneurysms: Short-term Experience in Nine Patients

    Yuya Koike, Jun-ichi Nishimura, Hiroshi Nishimaki, Soichiro Hase, Nobukazu Moriya, Susumu Oshima, Takuya Fujikawa, Yuji Sekine Journal of vascular and interventional radilology vol.24(10);1462-1469.2013   2013 年10 月

  • Haemolytic anaemia resulting from the surgical repair of acute type A aortic dissection

    Yuji Sekine, Shin Yamamoto, Takuya Fujikawa, Susumu Oshima, Makoto Ono, Shiro Sasaguri Interact Cardiovasc Thorac Surg. 2013 Nov 7  2013 年11 月

  • Predictors of paraplegia with current thoracoabdominal aortic aneurysm repair

    Wanchai Wongkornrat, Shin Yamamoto, Yuji Sekine, Makoto Ono, Takuya Fujikawa, Susumu Oshima and Shiro Sasaguri Asian Cardiovascular and Thoracic Annals published online 7 september 2014  2014 年9月

  • Beveled reversed elephant trunk procedure for complex aortic aneurysm

    Takuya Fujikawa, Shin Yamamoto, Yuji Sekine, Susumu Oshima, Reo Kasai and Shiro Sasaguri Asian Cardiovascular and Thoracic Annals published online 2014 年11 月

  • Operative Results and Clinical Features of Chronic Stanford Type B Aortic Dissection: Examination of 234 Patients Over 6 Years.

    Takuya Fujikawa, Shin Yamamoto, Yuji Sekine, Susumu Oshima, Reo Kasai , Yuki Mochida and Shiro Sasaguri Eur J Vasc Endovasc Surg. 2015 Dec ; 50(6) : 738-43. doi : 10.1016/j.ejvs.2015.07.012.  2015 年7 月

  • Two giant thoracic aortic aneurysms with thoracic vertebral erosion

    Takuya Fujikawa, Shin Yamamoto, Susumu Oshima, and Shiro Sasaguri Eur J Cardiothorac Surg. 2015 Oct 20. pii : ezv366. [Epub ahead of print] No abstract available.  2015 年10 月

  • Mitral valve plasty using left antero-axillary thoracotomy for a patient with pulmonary hypoplasia

    u Jnichi Shimamura, Shin Yamamoto, Susumu Oshima and Shiro Sasaguri EUROPEAN JOURNAL OF CARDIO-THORACIC SURGERY December 30,2015  2015年12月

その他

  • 第67回 日本胸部外科学会定期学術集会

  • 第29回心臓血管外科ウィンターセミナー学術集会

  • 第43回 日本血管外科学会学術総会

  • 第68回 日本胸部外科学会定期学術集会

  • 第30回 心臓血管外科ウィンターセミナー学術集会

  • 大動脈解離シンポジウム

  • AORTIC ASIA 2016

  • The 24th Annual Meeting of Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery (ASCVTS)

  • AATS

  • 第44回 日本血管外科学会学術総会

  • 第69回 日本胸部外科学会定期学術集会

  • 第31回 心臓血管外科ウィンターセミナー学術集会

  • 第47回 日本心臓血管外科学会学術総会

  • 第81回 日本循環器学会学術集会

  • 第45回 日本血管外科学会学術総会

  • 第70回 日本胸部外科学会

  • 31st EACTS Annual Meeting

  • 第58回 日本脈管学会総会

  • 第18回 ASIAN SOCIETY FOR VANSCULAR SURGERY

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。