千葉市立海浜病院 脳神経外科 科長

日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医・脳神経外科指導医 日本脳神経血管内治療学会 脳血管内治療専門医・脳血管内治療指導医 日本神経内視鏡学会 技術認定医 日本脳卒中学会 脳卒中専門医・脳卒中指導医 日本脳神経外傷学会 指導医・学術評議員 日本脳神経外科コングレス 会員 日本脳卒中の外科学会 会員 日本分子脳神経外科学会 会員

吉田 陽一 よしだ よういち 先生

公開日
2024/01/24

吉田 先生のストーリー記事

世界の脳卒中診療の発展を見据え、地域の医療課題の解消を
世界の脳卒中診療の発展を見据え、地域の医療課題の解消を

“垣根の低い脳神経外科診療”を目指す吉田 陽一先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 脳神経外科
  • 吉田 先生の脳卒中の専門領域
    • 開頭手術
    • 血管内治療
    • 内視鏡下血腫除去術
    • 薬物治療
  • 吉田 先生の未破裂脳動脈瘤の専門領域
    • コイル塞栓術
  • 【疾患名】頸動脈狭窄症【治療法】頸動脈ステント留置術

続きを読む

資格・学会・役職

日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医・脳神経外科指導医
日本脳神経血管内治療学会 脳血管内治療専門医・脳血管内治療指導医
日本神経内視鏡学会 技術認定医
日本脳卒中学会 脳卒中専門医・脳卒中指導医
日本脳神経外傷学会 指導医・学術評議員
日本脳神経外科コングレス 会員
日本脳卒中の外科学会 会員
日本分子脳神経外科学会 会員
  • 千葉市立海浜病院 脳神経外科 科長

所属病院

千葉市立海浜病院

  • 内科 外科 脳神経外科 消化器外科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 脳神経内科 放射線診断科 放射線治療科 病理診断科
  • 千葉県千葉市美浜区磯辺3丁目31-1
  • JR京葉線 検見川浜 北口 千葉海浜交通バス  海浜病院行 海浜病院下車  磯辺高校行、稲毛ヨットハーバー行 磯辺8丁目下車 徒歩3分 バス10分 JR中央・総武線 新検見川 南口 千葉海浜交通バス  海浜病院行 海浜病院下車  磯辺高校行、稲毛ヨットハーバー行 磯辺8丁目下車 徒歩3分 バス20分
  • 043-277-7711
公式ウェブサイト
千葉市立海浜病院

来歴等

略歴

2009年 千葉大学医学部 卒業
2009年 国立病院機構千葉医療センター 初期臨床研修医(〜2011年3月31日)
2011年 国立病院機構千葉医療センター 脳神経外科 専修医
2012年 千葉大学医学部 脳神経外科 シニアレジデント
2012年 千葉県こども病院 脳神経外科 専門研修医
2013年 千葉大学医学部 脳神経外科 シニアレジデント
2013年 国保直営総合病院君津中央病院 脳神経外科 後期研修医
2014年 千葉大学医学部 脳神経外科 医員
2014年 国立病院機構千葉医療センター 脳神経外科 医師
2015年 千葉大学医学部 脳神経外科 医員
2018年 医学博士(千葉大学大学院 博士課程 修了)
2018年 成田赤十字病院 脳神経外科 医師
2019年 千葉大学医学部附属病院 脳神経外科 助教 
2020年 千葉大学医学部附属病院 包括的脳卒中センター 副センター長 兼任
2022年 千葉市立海浜病院 救急科/脳神経外科 主任医長
2022年 千葉大学大学院 医学研究院 脳神経外科学 特任講師 兼任
2023年 千葉市立海浜病院 脳神経外科 科長

論文

  • 1. Elevation of autoantibody level against PDCD11 in patients with transient ischemic attack Oncotarget. 2017 Dec 24;9(10):8836-8848.

    Yoichi Yoshida, Hao Wang, Takaki Hiwasa, Toshio Machida, Eiichi Kobayashi, Seiichiro Mine, Go Tomiyoshi, Rika Nakamura, Natsuko Shinmen, Hideyuki Kuroda, Hirotaka Takizawa, Koichi Kashiwado, Ikuo Kamitsukasa, Hideo Shin, Takeshi Wada, Akiyo Aotsuka, Eiichiro Nishi, Mikiko Ohno, Minoru Takemoto, Koutaro Yokote, Sho Takahashi, Jun Matsushima, Xiao-Meng Zhang, Masaki Takiguchi, and Yasuo Iwadate

  • 2. Elevation of Autoantibody in Patients with Ischemic Stroke Neurol Med Chir (Tokyo) 58(7), 303?310, 2018

    Yoichi Yoshida, Takaki Hiwasa, Toshio Machida, Eiichi Kobayashi, Seiichiro Mine, Jun Matsushima, Masaki Takiguchi, and Yasuo Iwadate

  • 3. Elevated levels of autoantibodies against DNAJC2 in sera of patients with atherosclerotic diseases. Heliyon 19;6(8): e04661, 2020

    Yoshida Y, Zhang XM, Wang H, Machida T, Mine S, Kobayashi E, Adachi A, Matsutani T, Kamitsukasa I, Wada T, Aotsuka A, Iwase K, Tomiyoshi G, Nakamura R, Shinmen N, Kuroda H, Takizawa H, Kashiwado K, Shin H, Akaogi Y, Shimada J, Nishi E, Ohno M, Takemoto M, Yokote K, Kitamura K, Iwadate Y, Hiwasa T.

  • 4. Prehospital stroke-scale machine-learning model predicts the need for surgical intervention. Sci Rep. 2023 Jun 5;13(1):9135.

    Yoichi Yoshida, Yosuke Hayashi, Tadanaga Shimada, Noriyuki Hattori, Keisuke Tomita, Rie E Miura, Yasuo Yamao, Shino Tateishi, Yasuo Iwadate, Taka-Aki Nakada.

  • 5. Two Patients with Reversible Cerebral Vasoconstriction after Carotid Artery Stenting. Journal of Neuroendovascular Therapy 16: 106?115, 2022

    Yoichi Yoshida, Eiichi Kobayashi, Masaaki Kubota, Akihiko Adachi, Yasuo Iwadate

  • 6. Carotid Artery Stenting for Patients with Radiation-Induced Carotid Artery Stenosis. Journal of Neuroendovascular Therapy 16: 600?605, 2022

    Yoichi Yoshida, Yosuke Tajima, Masaaki Kubota, Eiichi Kobayashi, Akihiko Adachi, and Yasuo Iwadate

  • 7. Ruptured bilateral middle cerebral artery aneurysms diagnosed based on cerebral vasospasm-associated ischemic symptoms: A case report. Radiol Case Rep 25;17: 4470?4477, 2022?

    Yoshida Y, Kobayashi E, Matsuda T, Kikuchi H, Iwadate Y

  • 8. 腫瘍内出血との鑑別を要した小脳出血で発症した硬膜動静脈瘻の1例 脳卒中40(6), 427?431, 2018

    吉田陽一, 樋口佳則, 野村亮太, 池上史郎, 辛寿全, 原彩佳, 瀬戸口大毅, 小林英一, 野本和宏, 岩立康男

受賞

  • 1. STROKE2023 優秀ポスター賞

  • 2. 千葉大学脳神経外科医会研究会 Best Presentation 2015 牧野賞

  • 3. 千葉大学脳神経外科医会研究会 Best Paper 2018 山浦賞

  • 4. 日本学術振興会 若手研究者向け科学研究費補助金 2020〜2023年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。