みはれつのうどうみゃくりゅう

未破裂脳動脈瘤

脳

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

未破裂脳動脈瘤とは、脳の血管の一部が瘤状に膨らんだ状態で、出血をきたしていないものを指します。無症状で経過することも多く、脳ドックで指摘されることが多い病気です。未破裂脳動脈瘤は日本人でも5%程度の方に見つかるものであり、出血をせずにそのまま経過することもあります。そのため、治療の必要性や、治療法について十分に検討することが重要となります。

原因

動脈瘤は、血管の枝分かれした部分にできやすいです。ここから、血流に押されて徐々に大きくなると考えられています。

未破裂脳動脈瘤の発生理由は明らかにされていませんが、喫煙や飲酒の習慣のある方に多くみられることが知られています。また、高血圧や、くも膜下出血の家族歴を有する方も、発症する可能性が高いです。その他、女性は男性よりも発症リスクが高いことも知られています。

症状

未破裂脳動脈瘤では、多くの場合症状がありません。脳ドックなどの際に実施されたMRI検査で、偶然に指摘されることが多いです。出現しうる症状としては、ものが二重に見える、などが挙げられます。

未破裂脳動脈瘤では、破裂をして出血をきたすことで、くも膜下出血に至ることがあります。くも膜下出血を発症すると、これまでに経験したことがないほどの非常に強い頭痛や吐き気、嘔吐、意識消失などをきたすことがあります。

 

検査・診断

未破裂脳動脈瘤は、CT検査やMRI検査などの画像検査を通して診断されます。画像検査では、未破裂脳動脈瘤の位置や大きさ、くびれの有無や数などを確認し、詳細に評価します。

画像検査で得られる情報は、治療介入をするべきかどうか、するとしたらどのようにアプローチをする必要があるのかなどについて、決定する際に重要となります。

 

治療

未破裂脳動脈瘤は、出血をすることでくも膜下出血をきたし、生命を脅かすことがあります。しかし、未破裂のまま経過し、そのまま重大な問題を引き起こさないこともあります。

そのため、病気が指摘された際に治療介入を行うか、それとも治療介入をせずに経過観察とするかを見極めることが重要となります。もし治療が必要であると判断された場合、治療法を選択していくことになります。

脳動脈瘤の治療には、手術によって頭を開けて外側から脳動脈瘤を治療する「開頭手術」と、頭を開けずに血管内で治療を行う「血管内治療」の2つがあります。いずれの治療方法にもメリット・デメリットが存在するため、状況を考慮のうえ治療方針が決定されます。