新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
疾患啓発(スポンサード)

手術を考えるべき未破裂脳動脈瘤とは?特徴を解説

手術を考えるべき未破裂脳動脈瘤とは?特徴を解説
大田 慎三 先生

脳神経センター大田記念病院 脳神経外科部長

大田 慎三 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

脳の血管に発生するこぶである未破裂脳動脈瘤は、破裂して命にかかわることのある危険性をもっていますが、手術によって破裂を予防することができます。病院では、経過観察すべきか手術すべきかということを総合的に判断し、治療を進めていきます。

今回は、手術したほうがよい未破裂脳動脈瘤の特徴や、治療に関する病院の取り組みについて、脳神経センター大田記念病院の大田慎三先生にお話を伺いました。

医師 問診

未破裂脳動脈瘤は、MRI検査などの画像検査で大きさや形状を確認し、手術するかどうかを総合的に判断します。

こぶの形状が一段である場合は、小さければ様子をみますが、大きくなって7mm以上ある場合などには手術をおすすめしています。こぶの形状が二段になっている場合(脳動脈瘤にさらに娘動脈瘤ができた場合をブレブといいます)は破裂率が高くなるため、なるべく手術したほうがよいと考えられます。

脳動脈瘤 ブレブ

手術をせずに経過観察している方でも、未破裂脳動脈瘤がだんだん大きくなってきているという増大傾向がみられたら、手術を考えます。

ただし、必ずしも手術をおすすめするわけではなく、患者さんのご希望によっては経過観察することもあります。未破裂脳動脈瘤にはさまざまなバリエーションがあるため、それぞれの症例について常に慎重に判断する必要があります。

未破裂脳動脈瘤でも神経症状が出ている場合は、すぐに手術をおすすめします。未破裂脳動脈瘤が大きくなって神経を圧迫すると、たとえば、眼球を動かす神経が麻痺する動眼神経麻痺を引き起こして、まぶたが閉じて開かない、物が二重に見えるといった症状が現れることがあります。このような症状が現れたら、脳動脈瘤がだんだん大きくなってきていると考えられるため、手術が必要になります。

破裂して「ちょびっと」出血しているときは?

脳動脈瘤が破裂すると命にかかわることがありますが、出血量が少ない場合は、破裂しても気づかないまま生活している方もいます。このとき、鉄を含むヘモジデリンという物質が脳に黒っぽく付着して、血豆のような黒い点々がみられることがあります。人によっては軽い頭痛を感じますが、くも膜下出血とすぐに診断されず、その後再破裂して重篤な後遺症を残す方もいます。また、破れた部分が白っぽく固まっていることもあります。この現象は、脳動脈瘤に血液が流れ込まないようにするための生体の防御反応であると考えられています。

このような軽い出血が疑われた場合は、再破裂の恐れがあるため治療を検討します。

頭を抱える女性

未破裂脳動脈瘤の大きさや形だけでなく、患者さんの様子から手術を判断することがあります。たとえば、性格的に考え過ぎてしまうところのある方や不安感が強い方には、手術をおすすめすることがあります。脳動脈瘤が発見された不安から何も手につかなくなったり、今までできていたことができなくなったりと、普段の生活に影響が出てしまう可能性があるからです。反対に、物事にこだわらない方やあまり動揺しない性格の方は、経過観察することが多いです。

多くの場合、未破裂脳動脈瘤をもっている若い方には手術をご案内します。

ただし、若い方でも、脳動脈瘤が発生してから長期間経過していると思われる場合は、あえて手術をせずに様子をみることがあります。たとえば、つい最近検査を受けて未破裂脳動脈瘤が発見されたという患者さんでも、それ以前から同じような形で未破裂脳動脈瘤が存在していた可能性があるためです。

高齢の方には、高齢であるほど手術ではなく経過観察をおすすめします。80歳以上の方でも、体が非常に元気で手術を強く希望されていれば手術することもありますが、基本的に未破裂脳動脈瘤の手術は70歳以下の方に有効です。また、高齢者に対しては、金属のやわらかい「コイル」を用いたコイル塞栓術が中心となります。

未破裂脳動脈瘤の手術には慎重な判断が必要になる

未破裂脳動脈瘤は破裂する危険性をもってはいますが、たとえば3~4mmの大きさであれば破裂率は1%未満である場合が多く、手術は予防的側面の強い治療です。また、手術による合併症が起こる可能性はゼロではなく、手術の実施については慎重な判断が必要になります。

以上の理由から、大田記念病院では、病院から積極的に手術をすすめることはありません。患者さんと相談して「様子をみたい」というご希望があれば、たとえば形状が二段になっている脳動脈瘤であっても経過観察するなど、最終判断は患者さんにお任せしています。

パソコンを操作する医師

脳動脈瘤の手術では、どのような視点で脳動脈瘤を見るのかということが重要になります。当院では、脳動脈瘤の3D画像に対してコンピューター上で4つの輪を描き、脳動脈瘤そのものだけではなく周囲の輪に着目して観察するという取り組みを行っています。

画像検査の結果だけをもとに手術することも可能ですが、脳動脈瘤をより分かりやすく、より正確に理解したいという思いからこの方法を始めました。どのような治療をすればよいか事前に分かっていれば、より安全に手術することが可能になると考えています。

大田慎三先生 3Dプリンターによる模型製作の様子
大田慎三先生 3Dプリンターによる模型製作の様子

当院では、3Dプリンターによる立体模型を用いた脳神経外科手術に取り組んでいます。少しでも予習を重ねて、なるべく安全に手術したいという思いで行っています。

脳動脈瘤の手術は、経験が少ない医師にとっては試行錯誤が必要です。そのため、準備には十分な時間をかけており、難しい手術であれば2~3週間前から準備を始めていることもあります。私の場合は、3D模型を数種類つくってシミュレーションを重ね、手術当日は集中して臨むように心がけています。

3Dプリンターを用いて作製した模型
3Dプリンターを用いて作製した模型

脳の手術の難しいところは、たとえば脳腫瘍を取り除くときに脳の裏側を見ることはできないため、すぐ後ろにある大事な神経や血管を傷つける恐れがあるということです。一般的にはそういった事態を避けるために少しずつ腫瘍を取り除いていきますが、事前に模型をつくって確認しておくことで、より安全な手術につながると考えています。

受診について相談する
  • 脳神経センター大田記念病院 脳神経外科部長

    大田 慎三 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    「未破裂脳動脈瘤」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。