疾患啓発(スポンサード)

未破裂脳動脈瘤の治療の流れと注意すべきこと

未破裂脳動脈瘤の治療の流れと注意すべきこと
大田 慎三 先生

脳神経センター大田記念病院 脳神経外科部長

大田 慎三 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

脳の血管に発生する未破裂脳動脈瘤は、健康診断や脳ドックなどで偶然みつかることがあります。発見されたら、手術または経過観察のどちらが適しているかを判断し、破裂の予防に努めることが大切です。手術をした場合は術後の経過にも注意が必要です。

今回は、未破裂脳動脈瘤の治療の流れと、経過観察する場合の注意について、脳神経センター大田記念病院の大田慎三先生にお話を伺いました。

未破裂脳動脈瘤の治療の流れ

カルテに記入する医師

外来診療で手術または経過観察のどちらかを選択

未破裂脳動脈瘤の治療の進め方は外来診療で決定します。難しい手術が必要になるのか、手術による危険はないのかといったことを確認し、患者さんやご家族の様子も見ながら総合的に判断します。

手術は数時間で終了

未破裂脳動脈瘤の手術は一般的に、2時間半~3時間程度で終了します。麻酔をかけるときや、麻酔をさますとき、血管撮影などに時間がかかりますが、手術そのものはおよそコイル塞栓術で1時間、クリッピング術で2~3時間で終了します。たとえば、朝9時に手術室に入ったら、昼前から昼過ぎには手術が終わります。

術後の経過に注意

未破裂脳動脈瘤の手術後には、ふらつき、しびれ、記憶力障害、麻痺などの後遺症が生じることがあります。大田記念病院では、脳動脈瘤に関してまったく同じ症例はないという考えのもと、全身状態から動脈瘤の形までさまざまな特性、要素に注意を払うよう努めています。

また、コイル塞栓術を受ける方は、血小板のはたらきを抑えて血液をサラサラにする「抗血小板剤」の服用が必要です。手術の約10日前から1剤を服用し、およそ3か月で服用を終了します。ステントを併用するコイル塞栓術では、長期にわたる2剤の服用が必要です。

手術の1か月後に画像検査を実施

未破裂脳動脈瘤の手術をしたあとは、1か月後にまた外来診療に来ていただき、画像検査を行います。実施した手術がクリッピング術の場合はCT検査を行い、慢性硬膜下血腫(まんせいこうまくかけっしゅ)という、脳を包む膜と脳との間に血がたまる病気の有無などを調べます。コイル塞栓術の場合は、二方向から撮影するレントゲン検査を行います。挿入したコイルの形状に変化がみられれば、再発していることなどが分かります。

手術後に再発する可能性もある

予防的手術をしても脳動脈瘤が再発する可能性はあります。コイル塞栓術を行ったあとでは、根元が少しだけふくらんでくる軽微な再発が起こることがあり、その確率はおよそ20%といわれています。再発といっても、多くの場合は再治療せずに経過観察となります。クリッピング術を行ったあとでも軽微な再発が起こる可能性はありますが、コイル塞栓術を行った場合よりも再発率は低くなります。

手術の方法によって再発率に差が出る理由は、使用する器具の違いによるものです。クリッピング術ではクリップを使って脳動脈瘤の根元を挟むため、根元までしっかりと処理することができます。一方、コイル塞栓術では、根元の処置が少し甘くなる傾向があります。どちらの手術後も、軽微な再発が起こったときは様子をみることが多いです。

未破裂脳動脈瘤を経過観察する場合の注意事項

薬を飲むシニア男性

血圧の十分なコントロールが大切

未破裂脳動脈瘤を経過観察することになった患者さんは、脳動脈瘤の破裂を防ぐために、日常生活でいくつか注意しておくとよい事があります。たとえば、血圧のコントロールは十分にすること、排便時などに力まないこと、過度のカラオケやコーラスに注意すること、飲酒・喫煙を控えることなどが挙げられます。

睡眠時無呼吸症候群は治療すること

眠っている間に何回か呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」という病気がある方は、心肺系に負担がかかって血圧が上昇しやすいため、高血圧を合併しやすいといわれています。未破裂脳動脈瘤は血圧のコントロールが大切であるため、睡眠時無呼吸がある方はきちんと治療を受けるようにしましょう。

「手術の経験を伝えてほしい」読者へのメッセージ

大田先生

病気の体験談は患者さんから患者さんへ伝えることが大切

病気や治療についての言葉による説明のことを、ムンテラ(ムントテラピー)といいます。私は、医者から患者さんへのムンテラよりも、患者さんから患者さんへお話をしてもらうほうがよいと考えています。つまり、過去に病気や治療を経験したことのある方は、現在病気にかかっている方にご自身の経験を話していただきたいということです。医者もある程度のことは説明できますが、病気や治療のことを一番分かっているのは患者さん自身であるためです。

医療とは、過去に病気を経験した人から現在病気にかかっている人への「命のバトン」だと思います。医者の仕事はその道筋をつくることであり、命が続いていくことを補助する役目を担っています。病気や治療を経験した患者さんもぜひ、その経験をほかの患者さんにお話しするという役目を果たしていってください。

未破裂脳動脈瘤の手術を受ける方へ

未破裂脳動脈瘤の手術については、合併症のリスクや術後の生活への影響など、さまざまな問題が考えられます。当院では、患者さん一人ひとりに適した診療を行い、より新しい治療を取り入れ、また手術の際には合併症を起こさないよう努力しています。

手術や麻酔に関して、分からないことや疑問点などがございましたら、遠慮なくお尋ねください。

 

受診について相談する
  • 脳神経センター大田記念病院 脳神経外科部長

    大田 慎三 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。
  • 脳神経センター大田記念病院 脳神経外科部長

    大田 慎三 先生の所属医療機関

    脳神経センター大田記念病院

    • 内科外科精神科神経内科脳神経外科消化器外科整形外科形成外科リハビリテーション科放射線科歯科麻酔科循環器内科
    • 広島県福山市沖野上町3丁目6-28
    • JR山陽本線(岡山~三原)「福山駅」 中国バス 川口経由卸町行き、または川口経由車庫前行き 沖野上町三丁目下車 バス15分
    • 084-931-8650
    S150x150 3d35f16f ae13 4571 bcdd c6fab94cd7a2

    「未破裂脳動脈瘤」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。