インタビュー

前立腺肥大症の治療方法とは 薬物療法にはどのような種類がある?

前立腺肥大症の治療方法とは 薬物療法にはどのような種類がある?
田部井 正 先生

横須賀共済病院 泌尿器科

田部井 正 先生

吉田 実 先生

衣笠病院 主任医長

吉田 実 先生

前立腺肥大症の治療方法には、大きくわけて薬物療法と手術療法があります。これらを選択するために重要な重症度は、どのように決定されるのでしょうか。また、薬物療法とはどのようなものなのでしょうか? 衣笠病院の吉田実先生ご監修のもと、横須賀共済病院 泌尿器科の田部井正先生に引き続きお話をうかがいました。

前立腺肥大症の治療方法

前立腺肥大症の治療には、大きくわけて薬物療法と手術療法があります。

通常はまず薬物療法を行います。薬物療法を行ったにもかかわらず効果が不充分で後述の重症例にあてはまってしまうケースや尿路感染を繰り返す、膀胱結石を合併する、腎機能が低下している、といった症例では外科的治療をおすすめしています。

前立腺肥大症の重症度は以下の「前立腺肥大症領域別重症度判定基準」と「前立腺肥大症全般重症度判定基準」によって決定されます。

「前立腺肥大症領域別重症度判定基準」は、①症状 ②QOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質) ③機能 ④形態 の4つの領域に関して、①国際前立腺スコア(IPSS) ②QOLスコアという自覚症状の強さを表す点数 ③尿流・残尿測定(排尿機能) ④前立腺体積のそれぞれに軽症・中等症・重症が定義されて、その結果により全般重症度が決定されます。

たとえば、①IPSSが10点、②QOLスコアが2点、③最大尿流量(MFR)が10ml/秒、残尿40mL、④前立腺体積60mLの人がいたとします。この人の領域別重症度はIPSS中等症、QOL中等症、排尿機能は中等症、前立腺体積は重症ということになります。領域別には中等症3個、重症1個となり全般重症度は中等症に該当することになります。

  • 前立腺肥大症領域別重症度判定基準

領域症状QOL機能形態

指標IPSSQOLスコア最大尿流量/残尿量前立腺体積

軽症0~70, 1≧15mL/秒かつ 残尿<50mL<20mL

中等症8~192~4≧ 5mL/秒 かつ 残尿<100mL<50mL

重症20~355, 6<5mL/秒または残尿≧100mL≧50mL

  • 前立腺肥大症全般重症度判定基準

(領域別の重症度判定項目数を示す)

全般重症度軽症中等症重症

軽症4項目0項目0項目

 3項目1項目0項目

中等症不問2項目以上0項目

 不問不問1項目

重症不問不問2項目以上

前立腺肥大症の薬物療法

薬物療法では交感神経α1受容体拮抗薬(タムスロシン、ナフトピジル、シロドシン等)や5α還元酵素阻害薬(デュタステリド)が広く用いられています。最近ではPDE5(ホスホジエステラーゼ5)阻害薬(タダラフィル)が注目されています。

交感神経α1受容体拮抗薬

交感神経α1受容体は前立腺や膀胱頸部の筋肉の緊張に作用する受容体で、α1受容体拮抗薬はその働きを抑えることで前立腺や膀胱頸部の筋肉の緊張をゆるめて尿の通り道を拡げ、尿を出しやすくします。1993年にα1受容体拮抗薬のタムスロシンが登場してから前立腺肥大症の手術件数が劇的に減ったと言われているほど優れた薬剤です。ホルモン製剤と比べると即効性があり、性腺機能低下が起こらないことから、現在ではほとんどの場合まず最初に使用される薬です。

副作用は、100人に1~2人程度の割合で立ちくらみが出ることがあります。また新しい薬剤のシロドシンでは逆行性射精の副作用が見られます(その他のα1拮抗薬でもまれに見られることがあります)。

5α還元酵素阻害薬

5α還元酵素阻害薬は前立腺を縮小させる効果があります。通常前立腺体積が30mLを超すような前立腺が大きな症例に使用します。薬を毎日飲み続けることで前立腺が徐々に小さくなっていくため、効果が出るまでに数か月と時間がかかります。
副作用は、まれに勃起不全や肝機能障害が見られます。

PDE5阻害薬は最も新しい薬で、もともと勃起障害の治療薬として使用されていましたが、前立腺の血流を改善させ排尿状態を改善させる効果があります。α1受容体拮抗薬と並ぶ効果が期待されています。狭心症のある方などで亜硝酸剤を服用中の方は使用できません。

その他にも男性ホルモンの働きを抑える抗アンドロゲン薬や生薬、漢方薬などを使うことがあります。
なお、手術療法については次の記事で詳しくご説明します。

記事1:前立腺肥大症とは―50歳を過ぎての排尿トラブルは前立腺肥大症かも?
記事2:前立腺肥大症の治療方法とは 薬物療法にはどのような種類がある?
記事3:前立腺肥大の手術 様々な手術はどのように行うか?