新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
疾患啓発(スポンサード)

男性不妊の検査。検査の種類と方法、費用の目安

男性不妊の検査。検査の種類と方法、費用の目安
河村 寿宏 先生

田園都市レディースクリニック 理事長、東京医科歯科大学臨床教授

河村 寿宏 先生

不妊を疑う場合は原因を探るために、女性だけではなく男性も不妊検査を行うことが必要です。今回は男性不妊検査の種類や費用について、田園都市レディースクリニック理事長の河村寿宏先生と、田園都市レディースクリニックで男性不妊外来を担当する湯村寧先生にお話しいただきました。

不妊 検査方法
提供:田園都市レディースクリニック

不妊の原因が女性だけではなく、男性にもあるという認識は広がっています。男性不妊かどうかを調べる検査には、以下のようなものがあります。

精液検査は、男性不妊の検査のなかで最も重要であり、初めに行う検査です。一般的な精液検査ですと、まず2~7日の禁欲後、マスターベーションにより精液を採取していただきます。

そして顕微鏡で、

  • 精液の量
  • 精子の濃度
  • 運動率
  • 正常形態率

といった精液所見を確認します。

精液検査以外の検査としては、血液を採取し、LHFSH、PRL、男性ホルモンなどの精子を造るのに関与しているホルモン値を調べます。また、精巣を触診、エコーを当てるなどして、陰嚢内に腫瘍や精索静脈瘤がないかを検査します。

ペイレス

男性不妊の検査において、身体的な痛みを伴うものはありません。しかし、まれに、精巣の診察をする際に緊張から、気分の悪さを訴える方がいらっしゃいます。

精液検査の場合、基本的な項目(精子数や運動率など)だけを調べるのであれば、保険適用となります。しかし、施設によっては保険適用外となることもあり、その場合は費用が異なるので、事前に確認することをおすすめします。

 

なお、受診を決めている方は以下予約専用ダイヤルにてお問い合わせいただけます。

≪田園都市レディースクリニック予約専用ダイヤル≫

受付時間:月〜金:9:00〜18:00 、土:9:00〜17:00 、日:休診

045-988-1124

  • 初診の方もこちらのお電話でご予約いただくことが可能です。
  • お問合わせの際はメディカルノートのこちらの記事を見た、とお伝えいただくとスムーズです。
受診について相談する
  • 田園都市レディースクリニック 理事長、田園都市レディースクリニック あざみ野本院 院長

    河村 寿宏 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    「男性不妊」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。