新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
院長インタビュー

質の高い医療を目指し、整形外科分野に特化した医療を提供する−羊ヶ丘病院の特色や今後の展望

質の高い医療を目指し、整形外科分野に特化した医療を提供する−羊ヶ丘病院の特色や今後の展望
倉 秀治 先生

医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院 院長

倉 秀治 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院(以下、羊ヶ丘病院)は、2005年に前身の病院を継承する形で開院され、2012年に現在の札幌市厚別区に移転しました。継承開業後は整形外科の単科病院として、基本理念をモットーに地域から信頼され、喜んでいただける医療の提供を目指しています。

今回は、羊ヶ丘病院の病院長である倉秀治先生に、病院の特色や理想像についてお話を伺いました。

羊ヶ丘病院 外観
羊ヶ丘病院 外観

当院は、整形外科の単科病院として、体の部位や関節ごとに分けて診療を行うことで、より専門的に診療することを可能にしています。また、手術後の早い段階から積極的にリハビリテーションを行うことで、症状の早い回復に努めています。

当院では、常により良い医療を提供したいとの思いから、「患者さまを中心とした高い医療を提供し、専門性を発揮した地域医療の充実を目指します。」を基本理念に定め、よりよい医療を地域に提供できるように努めてきました。当院の基本理念は前身の病院から引き継がれており、今でも大事にされています。

当院には、理学療法士39名、作業療法士5名のリハビリスタッフが在籍しており、患者さんの早い社会復帰を目標に掲げています。(2019年1月31日現在)より多くの患者さんに1日でも早い復帰をしていただくため、手術後には早い段階からリハビリの取り入れを行っています。また、リハビリに空白期間ができないよう、お正月やゴールデンウィークなどの休暇を問わずリハビリ室の運営をすることで、患者さんごとのペースでリハビリに取り組める環境を整えました。医師や看護師、リハビリスタッフが、毎日カンファレンスを行い、個々の症状に合わせたリハビリを構築しています。

リハビリテーション科では、急性期から慢性期まで幅広い患者さんへのリハビリに対応しており、患者さんの状態に合わせたマンツーマンの治療を行っています。また、スポーツリハビリにも対応しており、スポーツ選手やスポーツ団体に向けたメディカルチェックも実施しています。

リハビリの様子
リハビリの様子

当院は学習型病院として、職種に関係なく全職員が勉強に取り組める環境を整えています。1つの取り組みとして、医師や看護師のみならず、リハビリテーション科のスタッフや事務課のスタッフまでを含めた学会発表会を行っています。また、毎年年末の最終診療日には、診療を午前中のみとし、午後の時間を院内研究発表会の時間として設けています。

そのほかの取り組みとして、基本理念を理解して仕事をしてもらえるよう、月に一度必ず全体朝礼を行っています。全職員には基本理念を大きな指標とし、初心を忘れないよう自らの反省や姿勢を正す機会を設けています。

カンファレンスの様子
カンファレンスの様子

当院では、患者さんに選び続けてもらえる病院になるため、「どこでも目安箱」を設置しています。ご意見やご指摘も患者さんからの大事な宝物としてお預かりし、よりよい病院にするために改善を行っていきます。いただいたご意見やご指摘は、全て皆さんに見える形で掲載させていただき、当院の取り組みを知っていただけるようにしています。また、この数年間で、目安箱に多くの感謝の言葉や嬉しいお言葉をいただけるようになり、大変嬉しく思っています。皆さんからのお言葉を糧に、これからも信頼していただける病院を目指します。

看護部の様子
看護部の様子

地域の方々や患者さんから信頼され、選び続けてもらう病院を築くためには、全職員がそれぞれスキルアップをし続ける必要があります。看護部では、一人ひとりに合った年次目標を丁寧に立て評価を行うことで、それぞれのスキルアップを図っています。全ての部署でスキルアップを図る必要があるため、今後は部署ごとに合ったスキルアップの方法を見つけ、病院全体のさらなるスキルアップにつなげていきたいです。

また、さらによりよい医療を提供していくために、今後医師の採用を行っていきたいと考えています。医師は、患者さんに優しい人であることが大切です。当院の基本理念を理解しつつ、患者さんに優しい医師と、共に患者さんに喜んでいただける病院を目指していきたいです。

倉秀治先生
倉秀治先生

当院は、地域の皆さんや患者さんに信頼してもらい、喜んでいただける医療の提供を目指しています。そのために、当院は医師を始めとしたスタッフで一丸となり、努力を怠ることなく日々診療に励んでいきます。何か、不安なことがあった際には、ご相談いただければと思います。

これからの医療を担う若手の医師の皆さんには、技術に加え、患者さんに対する優しさや思いやりのある心の両方を高めていってほしいです。当院では、専門的な知識や技術を身につけた医師を「匠」と呼んでいます。多くの匠から技術を学び、自分の経験にしてほしいと思います。また、尊敬できる医師に出会うことで、心の面は自然に磨かれていくはずです。尊敬できる医師との出会いを待つだけでなく、自分から尊敬できる医師との出会いを求めて努力してほしいです。今の時代は、大学卒業後の進路にも選択肢がたくさんあります。ぜひ、自分を磨き、自分の医療を完成させてください。

受診について相談する
  • 医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院 院長

    倉 秀治 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。
  • 医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院 院長

    倉 秀治 先生の所属医療機関

    羊ケ丘病院

    • 内科整形外科リハビリテーション科麻酔科
    • 北海道札幌市厚別区青葉町3丁目1-10
    • 札幌市営地下鉄東西線「新さっぽろ駅」 1番出口 徒歩3分JR千歳線「新札幌駅」 徒歩8分
    • 011-351-2211
    S150x150 d0de607d 308b 49c5 811a ddc29cd5b4b8

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。