疾患啓発(スポンサード)

漏斗胸に対する手術「Nuss法」とは?−その具体的な流れを解説

漏斗胸に対する手術「Nuss法」とは?−その具体的な流れを解説
笠置 康 先生

松山笠置記念心臓血管病院 病院長/社会医療法人 笠置記念胸部外科 理事長

笠置 康 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

漏斗胸(ろうときょう)とは、胸骨の一部がへこみ、胸郭(胸をとりまく骨格)が変形する先天性の病気です。愛媛県松山市にある松山笠置記念心臓血管病院では、早くから漏斗胸の治療に取り組み、数多くの症例を手がけてきました。

本記事では、同院院長を務める笠置康先生に、漏斗胸に対して一般的な治療として行われている「Nuss法」の具体的な流れや、Nuss法のメリット・デメリットなどについてお話を伺います。

漏斗胸に対する手術−「Nuss法」とは?

金属のバーを胸骨の裏側に留置し、数年かけて胸骨を矯正する手術方法

漏斗胸に対する手術方法は、1911年に初めての手術が報告されて以来いくつかの変遷をたどり、進歩を続けています。現在(2019年3月時点)、漏斗胸の手術として一般的に行われているのは、 1998年にDr. Donald Nussが報告した「Nuss法」です。

Nuss法とは、金属のバーを陥凹している胸骨の裏側に留置し、裏側から前方へ胸骨を押し出す形で胸骨を矯正する手術法です。Nuss法は、1期目の手術で金属バーを留置し、数年後にバーを抜去する2期目の手術を行います。1期目から2期目の手術までの期間は、患者さんの年齢や体格、骨の太さなどによって変わります。

漏斗胸に対する手術、Nuss法はどのように行うのか?−具体的な流れを解説

Nuss法の流れを具体的にご説明します(※以下はあくまで一般的な例であり、ケースによって日数などは多少変動します)。

術後の感染症を予防するために、消化器症状を術前から管理する

Nuss法によって起こりうる合併症としては、術後の痛みや感染症などが挙げられます。

術後の感染症を予防するためには、漏斗胸の合併症である慢性便秘症、慢性腸炎などの消化器症状を術前からしっかりと治療(管理)することが重要です。

外来にて術前検査を行い、手術の日程を相談する

手術の実施が決まったら、まずは外来にお越しいただき、術前検査を行ったうえで手術の日程を相談します。手術の前日には入院していただきます。

当日は全身麻酔を行い、手術を実施

当日は、全身麻酔を行ったうえで手術を実施します。胸郭の陥凹に合わせて金属バーを曲げ、陥凹した胸郭を持ち上げるようにして、バーを胸骨の裏側に留置します。また、空気や血液を通すドレーンを胸腔内に留置し、1期目の手術は完了です。

1期目の手術から1〜2日後にドレーンを抜去、5〜7日後に退院

1期目の手術にかかる時間は、子どもなら2時間半ほど、大人の場合には3時間半〜4時間ほどです。1期目の手術から1〜2日後にドレーンを抜き、5〜7日ほどで退院となります。

1期目と2期目の手術の間には必要に応じて通院していただく

1期目と2期目の手術の間、子ども(目安として6歳くらいまで)は体が成長するため、半年に1回ほど通院していただきます。一方、大人であれば来院は必要ありません。いずれにせよ、何か異常があればすぐにご連絡いただくようにしています。

1期目の手術から2〜3年後に、2期目の手術を実施

2期目の手術は、1期目の手術から2〜3年後に行います。目安として、20歳以下の子どもなら2年後、それ以降の大人は3年後に2期目の手術を実施します。体格が大きい方や骨が太い方、再手術の方の場合には、それよりも長い期間(たとえば5年ほど)バーを留置し、2期目の手術を行うこともあります。

2期目の手術後、4日ほどで退院となります。その後、およそ1か月後に再び来院していただき診察を行い、異常がないことを確認して治療が完了します。

笠置康先生

Nuss法のメリット、デメリットとは?

メリット:低侵襲で、胸郭の形成が良好であること

Nuss法は、前胸部の傷がないため低侵襲(身体的な負担が少ない)であり、胸郭の形成が良好であるというメリットがあります。

デメリット:金属のバーを留置することによる痛みや感染症など

一方、先述のとおりNuss法には、金属のバーを長期間体内に留置することに伴う痛みや感染症、バーの位置異常(ずれ)などが起こりえるというデメリットがあります。また、胸郭が硬くなっている成人の漏斗胸症例においては、Nuss法が実施できないこともあります。

私たちはこのようなNuss法のデメリットを克服するべく、 Nuss法を導入した当初からあらゆる改善策を考案してきました。そのひとつが、「筋層下Nuss法」です。

松山笠置記念心臓血管病院で行っている「筋層下Nuss法」とは?

胸の筋肉を剥離してバーを留置することで位置異常を防ぐ方法

Nuss法は、胸の筋肉の皮下(筋膜の上)にバーを留置するため、筋肉が動くとバーがずれてしまう可能性があります。通常のNuss法では、バーのずれを防ぐために筋膜の上にスタビライザー(安定装置)を結ぶのですが、それではバーを十分に固定することは難しいと考えました。

そこで、皮下脂肪の下にある筋肉を剥離して、その下にバーを入れる「筋層下Nuss法」を考案しました。筋層下Nuss法では、剥離した筋肉の下にバーを入れ、さらに肋骨に手術用の糸をかけて左右の肋骨をそれぞれ2か所で縛ります。これにより、バーの位置異常を予防します。

漏斗胸の手術について笠置康先生からのメッセージ

当院では、2000年より漏斗胸に対する治療としてNuss法を開始し、これまで数多くの患者さんを診てきました。そのなかで、できるだけ患者さんの痛みや負担が少ない方法を求めて、現在では「筋層下Nuss法」を積極的に行っています。漏斗胸に関して何か気になることがある方や、治療を検討している方は、ぜひご相談ください。

また、以前に漏斗胸の手術をして再陥凹してしまったケースに対して、当院で再手術を行うことは可能です。しかしながら再手術というのは、肺の癒着や骨の変化などが生じている可能性があり、手術の難易度が上がってしまいます。このような点を考慮して、できるだけ早い段階で当院を受診していただけたら幸いです。