新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
疾患啓発(スポンサード)

下肢静脈瘤とは? その症状や原因を解説

下肢静脈瘤とは? その症状や原因を解説
荻野 秀光 先生

成田富里徳洲会病院 院長

荻野 秀光 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

足がむくんだり、足の表面の血管がボコボコとこぶ状に浮き出たりといった症状がある場合、下肢静脈瘤が疑われます。下肢静脈瘤は職種や生活習慣などの日常生活に起因して発症する可能性がある病気です。

それでは、下肢静脈瘤の治療、予防には日頃どのようなことに注意すればよいのでしょうか。今回は、成田富里徳洲会病院の院長である荻野 秀光(おぎの ひでみつ)先生に、下肢静脈瘤についてお話を伺いました。

静脈瘤という病名になっていますが、実は静脈がこぶ状に膨れるというひとつの症状です。本来、静脈は足の血液が心臓に返る通り道で、足から心臓に向かう一方通行の構造になっており、血液の逆流を防ぐために“逆流防止弁”がついています。しかし、その逆流防止弁が何らかの原因で故障したために心臓側から足側に血液が逆流することで、静脈の流れが悪くなり、血管が膨らむという病態なのです。これを“静脈不全”といいます。不全というのは“はたらきが悪い”という意味で、慢性的な足の静脈不全が静脈瘤の原因といえます。

下肢静脈瘤の症例1
下肢静脈瘤の症例1
下肢静脈瘤の症例2
下肢静脈瘤の症例2

視覚的な症状として、こぶ状の血管がボコボコと浮き出てくることが挙げられます。あるいは、糸ミミズが這ったような細かな血管が皮膚に表出するものもあるクモの巣状静脈瘤という静脈瘤の一種もあります。まずはこういった美容的な面を気にされて受診される方が多いです。

自覚症状としては、足がむくむ、だるい、つるというようなものがあります。静脈瘤からさらに症状が進行すると、鬱滞性皮膚炎(うったいせいひふえん)という皮膚炎が起きて痒みを発症することもあります。そこから色素沈着をしてシミが出てきたり、ひどい場合だと潰瘍(かいよう)と言って皮膚がただれたりすることもあります。そういった状態になって初めて下肢静脈瘤が原因だと気づく患者さんもいらっしゃいます。

下肢静脈瘤には、職業や生活習慣など、下記の特徴を持つ方が関係している側面があります。

  • 【職業】立ち仕事をしている
  • 【性別】女性(特に妊娠・出産経験のある女性)
  • 【年齢】加齢
  • 【体型】肥満

立ち仕事をしている

そもそも我々人間は直立二足歩行ですから、重力で地球に引っ張られています。立っているときに限らず、寝ているとき以外の姿勢というのは、足が必ず心臓より下にありますから、常に足の重力に引っ張られた血液は下に降りようとするわけです。

言わば、静脈には常に負担がかかっている状態です。そこに加えて長時間の立ち仕事だと、さらに負荷がかかってしまいます。そのため、調理師や美容師、理容師のように、歩き回らずに狭い範囲に立ち続けているような職種に多い傾向があります。

女性(特に妊娠・出産経験のある女性)

妊娠、出産を経験した女性にも症状が出やすい面があります。お腹の中に赤ちゃんがいることで、お腹に常時大きな圧力がかかるために、足の血流が体に戻りにくくなることが原因と考えられます。

加齢

高齢化に伴って、加齢による筋力の衰えも原因になり得ます。静脈というのは足の筋力に支えられてそのはたらきを助けられているので、筋力が低下して本来静脈を支えるべき筋肉が弱って、静脈が機能を落とすという面があると思います。これを我々は廃用(はいよう)と言いますが、要するに衰えです。

運動をしなくなれば筋力も衰えますし、筋力が衰えればより動かなくなってくるため、そういう悪循環から静脈のはたらきが悪くなってむくんだり、血管が腫れてきたりします。ですから高齢化に伴って、下肢静脈瘤の患者さんは増えてきているといえます。

肥満

意外と知られていない原因が肥満です。

動脈は比較的に肉厚で弾力性がある血管なのに対して、静脈は非常に壁が薄い構造をしています。その静脈は脂肪の間に通っています。ですから、足に余分な脂肪がついていると静脈のはたらきに負担をかけてしまい、足の血液が心臓に返るのを妨げ、妨害することで足の静脈に負担をかけていることになります。

動脈には血圧という圧力がかかりますが、静脈には圧力がかかっていません。ですから、外から圧迫される状況には弱いといえます。

一番重要なのは視診といって、見た目の診断になります。先にも述べたように、下肢静脈瘤は視覚的な症状が顕著に現れることが多い病気です。目で見て、実際に触れてみることで、診断は可能です。

さらに、問診では、患者さんが下肢静脈瘤のどの症状によってお困りかという問題点を把握します。

診察室の中での検査が終わると、超音波検査を行います。ドプラ検査といって、実際に患者さんに立ったり座ったりしていただきながら、血管の逆流の様子を超音波で見る検査です。これは、静脈のどこでどの程度の逆流があるかというのを超音波で見る検査なので、簡便で有用な検査といえます。

視診でも静脈瘤がどこにあるかというのは分かりますが、ドプラ検査をすると、その静脈瘤が、どの部分の逆流が原因で起きているかということが発見できます。

“大伏在静脈”と“小伏在静脈”
“大伏在静脈”と“小伏在静脈”

静脈瘤の原因になる頻度が高い“大伏在静脈(だいふくざいじょうみゃく)”という太ももの内側にある静脈なのか、あるいは“小伏在静脈(しょうふくざいじょうみゃく)”という膝の裏にある静脈なのか、あるいはそれ以外なのかなどという点が、超音波で詳細に分かります。検査結果と患者さんが改善したい症状を併せて考慮して、治療法を選択することになります。

また、逆流がないのに症状が強い場合はほかに原因がある可能性がありますので、下肢静脈瘤以外の病気を疑う必要が生じます。

血管外科もしくは心臓血管外科がよいでしょう。下肢静脈瘤は重症になればなるほど治療が難渋しますから、前述のような皮膚炎を発症している場合は、血管外科もしくは心臓血管外科の医師の診断を受けたほうがよいと考えます。また、皮膚炎になる前には、目に見える症状は少し血管が浮き出ている程度であっても、のちに痒みが出てくることがあります。痒みが出ると、赤みやシミとなり、潰瘍になるということもあります。痒みの症状が出てきたら、早めに治療を開始したほうがよいでしょう。

また、こぶが目立っているような患者さんは美容の観点で外科的治療をしたほうがよいと思いますから、まずご自身の足の静脈が人の足と違うなと気づいたら、どういう状態なのかをしっかりと専門医に診てもらうべきでしょう。

最近はテレビや雑誌で下肢静脈瘤が取り上げられることがあるため、「私も下肢静脈瘤なのでは? 治せるのだろうか?」と初めて下肢静脈瘤の可能性を自覚する方も増えてきているように思います。

しかし、下肢静脈瘤自体はそれだけで生死に直結する病気ではないため、自分では違和感や異常に気づいていても、病院に進んで行かれる方は少ないものです。けれど、その症状を放置していいかどうかというのは、きちんと調べてみないと分かりませんから、命の危険がないからといって放置せずに、医師に診てもらうことが重要です。

受診について相談する
「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

「下肢静脈瘤」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

「受診について相談する」とは?

まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

  • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
  • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。