ひふえん

皮膚炎

皮膚

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

皮膚炎とは、皮膚に炎症が生じる病気のことです。多くは皮膚表層の炎症ですが、症状はさまざまです。一般的には、かゆみや発赤、腫れなどの炎症症状が生じ、悪化するとびらんや潰瘍などによる表皮の欠損、紅斑(こうはん)丘疹(きゅうしん)水疱(すいほう)苔癬化(たいせんか)などの皮疹が現れます。

原因としては、アレルギーや重度の乾燥、繰り返される外的な刺激などが挙げられます。皮膚に細菌や真菌感染が生じることで炎症が引き起こされることもありますが、これらの感染症は皮膚炎とは分類されず、医学的には湿疹を生じるものを皮膚炎と呼びます。

原因

皮膚炎は、外的因子と内的因子が複雑に重なり合って発症すると考えられています。それぞれの因子は以下の通りです。

外的因子

アレルゲンに触れることによって生じる皮膚炎を、接触皮膚炎といいます。「かぶれ」とも呼ばれ、ハウスダストや花粉、食品、植物、金属、薬剤など、さまざまな外的因子がアレルゲンになりえます。

また、皮膚に対して刺激が強い洗剤や薬液に繰り返しさらされること、家事や料理などで常に手が湿潤した状態になること、強く引っ掻くことなどが外的因子となることもあります。

内的因子

外的因子が加わっても、皮膚炎を発症する方としない方がいます。この違いは内的因子にあると考えられています。内的因子としては、アレルギー反応に関与するIgE抗体の産生が多いアトピー体質や、健康状態、皮脂腺の状態、発汗状態などが挙げられます。また、静脈瘤があると下肢に皮膚炎が生じやすくなります。

症状

皮膚炎では、まず皮膚にかゆみや発赤、腫れなどが生じ、やがて紅斑を形成します。紅斑は続いて丘疹となり、漿液(しょうえき)を分泌することで「じくじく」湿った状態となります。

さらに進行すると、水疱や膿疱(のうほう)を形成します。皮膚炎の「じくじく」が峠を越えるとかさぶたとなり、次第に皮膚が元の状態に戻っていきます。しかし、炎症が長く続くと、かさぶたが消えても元の状態に戻ることはなく、皮膚が厚く角化して「ごわごわ」した苔癬化をきたしたり、色素沈着を生じたりします。

皮膚炎は、これらのさまざまな段階の皮疹が混在するのが特徴で、皮膚のバリア機能が失われるため、細菌や真菌への感染が生じやすくなります。膿痂疹(のうかしん)などの重度な皮膚病変を併発することも少なくありません。

検査・診断

皮膚炎は視診や拡大鏡などを使用した皮膚の観察によって診断を下すことが可能です。しかし、皮膚炎の治療を行うには、原因を特定する必要があります。そのため、必要に応じて次のような検査を行います。

アレルギー検査

アトピー性皮膚炎が疑われる場合には、血液検査にてさまざまなアレルゲンに対するIgE抗体価を測定します。また、接触皮膚炎が疑われる場合には、パッチテストなどで何がアレルゲンなのかを調べます。

病理検査

他の皮膚の病気との区別が難しい場合には、病変部の組織を採取して病理検査を行うことがあります。皮膚炎では角化細胞間のむくみが特徴的な所見として確認できます。

治療

皮膚炎の治療の基本は、炎症を抑えるステロイド外用薬とかゆみを抑える抗ヒスタミン内服薬の使用です。多くはこれらの塗り薬や内服薬で症状の改善が期待できますが、重症な場合にはステロイド内服薬などの特殊な飲み薬が使用されることもあります。

また、皮膚炎を改善するための対策としては、下記のようなことが挙げられます。

  • 皮膚の乾燥を防ぐ
  • 皮脂腺を清潔に保つ
  • アレルゲンや刺激物を排除する
  • 静脈瘤に対する治療を行う