新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
編集部記事

爪水虫(爪白癬)の治療法~市販薬で治すことはできるのか?~

爪水虫(爪白癬)の治療法~市販薬で治すことはできるのか?~
望月 隆 先生

金沢医科大学 名誉教授

望月 隆 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

水虫とは、爪にできた水虫です。水虫(白癬(はくせん)は白癬菌が足の皮膚や体の表面に感染して生じますが、爪水虫(爪白癬)は白癬菌が爪に感染して変形をきたした状態です。“爪が白や黄色っぽく濁ってボロボロと欠ける”“爪が分厚くなって切りにくい”といった症状が見られる場合、爪水虫(爪白癬)にかかっている可能性があります。爪水虫(爪白癬)は治りにくいといわれていますが、正しい対処を行えば完治も可能です。この記事では、爪水虫(爪白癬)について詳しく解説します。

水虫爪白癬)の症状のひとつに爪の変形があります。しかし、爪に変形が生じる病気は複数あり、違う病気が原因であれば爪水虫(爪白癬)の治療を行っても、当然効果はありません。そのため、まずは変形の原因を突き止め、診断することが大切です。このことから、自己判断で市販薬を服用するより、まずは皮膚科を受診し、医師の診察の下で治療を行うことが大切です。なお、爪の変形は、そのうちの約半数が爪水虫(爪白癬)によるものと考えられています。

爪水虫(爪白癬)の診断をする際は、皮膚科を受診し、爪から菌が検出されるかどうかを検査します。検査の結果、原因菌が検出されれば爪白癬の診断が付きます。

水虫爪白癬)の治療薬には、内服薬と外用薬があります。

内服薬には“テルビナフィン”“イトラコナゾール”“ホスラブコナゾール ”の3剤があります。テルビナフィンは、1日1回1錠を約6か月服用します。イトラコナゾールの場合、1週間服用してその後3週間休薬する“パルス療法”を3回繰り返します。ホスラブコナゾールは、1日1回1錠を約3か月服用します。爪が完全に生え変わるのに時間が掛かりますので、いずれも服薬中に完全に治ることはありません。しかし、服薬終了後にも徐々に改善が進み、やがて健康な爪に置き換わって治っていきます。なお、内服薬を服用する場合、開始前と開始後1~2か月に1回程度、血液検査が必要です。

外用薬としては、近年、“エフィコナゾール”“ルリコナゾール”の2種類が承認されました。治療効果は内服薬ほど高くはありませんが、肝障害などで内服薬が使用できない人も使うことができます。半年から1年間にわたり、1日1回爪だけに外用します。

水虫爪白癬)の内服薬は爪で菌に効果を示しますが、残りは肝臓で解毒(げどく)されて体外へ排出されます。このため、服用すると肝臓に負担がかかる場合があります。飲酒や過食などをできるだけ避けて、健康な日常生活に心がけましょう。

爪水虫(爪白癬)の内服薬はほかの薬との飲み合わせがよくないこともあります。治療開始前に内服中の薬があれば、皮膚科医や薬剤師に伝えてください。また、爪水虫(爪白癬)の内服治療中にほかの薬の服用が開始される場合も、必ず医師・薬剤師に伝えてください。

爪の変形は新しい爪が伸びなければ治ってきません。これは、健康な爪で病気の爪を押し出して治っていくためです。たとえば、爪をぶつける、合わない靴を履いてランニングや登山などの運動を続ける、爪を短く切りすぎて炎症を起こすなど、爪の伸びが悪くなるような状況は避けましょう。

水虫爪白癬)は、足の皮膚に寄生している白癬菌が侵入して起こってきます。白癬菌が爪に侵入すると、爪の先端や横側から徐々に白や黄色に濁っていきます。また、場合によっては縦筋が入ったり、帯のように濁ったりすることもあるほか、爪の先端や横からではなく、表面や根元から濁ることもあります。なお、手の爪が侵されることもありますが、手足の爪が全て、同様に変形することはほとんどありません。その際は、白癬ではないほかの病気を疑います。

爪水虫(爪白癬)が進行すると爪が分厚くなり、爪切りで切れなくなることもあります。なんとか切っていっても、爪の下がもろくなっていて、脱落した状態になることもあります。また、爪が盛り上がってくると痛くて靴が履けなくなったり、爪先に力が入りにくくなり、体のバランスを取るのが難しくなったりします。

水虫爪白癬)の原因菌は、体の表面にある角質のたんぱく質を分解する白癬菌です。角質は体の表面を広く覆っていて、外からの障害から体を守る(よろい)の役割を持っていますが、白癬菌はその角質を栄養にしていきています。手足に寄生した白癬菌が爪に侵入すると爪水虫(爪白癬)になり、爪が劣化してしまいます。

爪水虫(爪白癬)の原因菌は足など周囲の皮膚に感染していますので、爪水虫(爪白癬)の患者の多くは水虫(足白癬)を放置、あるいは適切に治療してこなかった人と考えられます。

そのほか、爪のふやけた状態が続いた場合は、それを契機に爪水虫(爪白癬)が発症することがあります。たとえば、靴が合わなかったなどで爪に傷を受けた際に、長期間傷テープを巻いていることで爪水虫(爪白癬)が生じるケースがあります。

また、糖尿病の患者さんは、そうでない人より爪水虫(爪白癬)にかかりやすいことが知られています。

受診について相談する
「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

関連の医療相談が10件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

「爪白癬」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

「受診について相談する」とは?

まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

  • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
  • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。