クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Skin
水虫
水虫とは、人の皮膚を好むカビ(真菌)による一種の感染症です。医学用語では、白癬(はくせん)と呼ばれます。皮膚の外側の層がむけてぼろぼろになったり、湿ってジュクジュクしたりします。 足に感染...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません
皮膚

水虫みずむし

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

水虫とは、人の皮膚を好むカビ(真菌)による一種の感染症です。医学用語では、白癬(はくせん)と呼ばれます。皮膚の外側の層がむけてぼろぼろになったり、湿ってジュクジュクしたりします。

足に感染が起こる足白癬(あしはくせん)が比較的多いですが、同じ種類のカビはほかにも、体、頭などさまざまな部位の皮膚に感染します。手足の爪にも入り込んで感染することがあり、爪水虫(爪白癬)と呼ばれます。

同居している方との間など、人から人に感染するので、水虫が疑われた場合には全員の治療が必要です。特に糖尿病の患者さんの場合、水虫をきっかけに他の細菌の感染症を引き起こすことが多いため、しっかりと治療することが重要です。

原因

水虫は、白癬菌(はくせんきん)というカビ(真菌)の一種が皮膚の外側の層(角層)に感染・増殖して起こります。白癬菌の感染は、白癬菌のついた人・動物の皮膚や白癬菌が付着したものに直接触れることで起こります。たとえば、以下のような場面で感染が起こりやすくなります。

  • 同居人と共用のスリッパを使用する
  • プール、風呂場の脱衣所を歩く
  • 格闘技やスポーツでほかの人と接触する(特に頭の水虫の原因になります)
  • 猫に触れる

また、次の条件に当てはまる方は、水虫にかかりやすく、かつ悪化しやすい傾向があります。

  • 足の指が太く、指同士が接触しやすい
  • 体温が高めで汗をかきやすく、靴の中の湿度が高い
  • 糖尿病による手足の血行不良・感覚障害がある(皮膚症状に気づきにくく、かつ菌に対する抵抗が弱いため)
  • 足の裏がカサついている

家族に何人か水虫の方がいる場合、お互いにカビを移し合ってしまうため、1人だけ治療したとしても、繰り返し水虫になってしまいます。どなたかが水虫と診断された場合、家族全員が診断と治療を受けることが重要です。

症状

足の水虫(足白癬)

足の指の間の皮がむけ、ときには皮膚が湿ってジュクジュクする、あるいは足の裏の皮膚の角質がむけたり、厚くなってごわごわした感じになったりします。小さな水ぶくれができることもあります。かゆみを感じる場合もあります。かゆみがないからといって、水虫ではないという判断はできません。

体、股部の水虫(体部白癬、股部白癬)

カサカサした皮膚の変化が遠心状に広がります。赤みを伴うこともあります。

頭の水虫(頭部白癬)

感染した部位から毛が抜けて皮膚がカサカサし、フケ(落屑)が出てかゆみを感じます。進行した場合、皮膚の赤みや赤いブツブツ、痛みを伴うようになります。

爪水虫(爪白癬)

爪が部分的に白濁してきます。進行すると爪の厚みが増し、ぼろぼろになってきます。足だけでなく、手の爪に生じることもあります。

検査・診断

水虫の可能性がある場合、顕微鏡検査を行います。皮膚の表面の角質がはがれ落ちた部分(鱗屑(りんせつ))をピンセットで採取し、水酸化カリウム(KOH)という液体で溶かして顕微鏡で観察します。この検査で白癬菌を確認できれば、水虫が診断できます。

多くの場合は顕微鏡検査で、似た症状を起こすほかのカビの感染症(カンジダ、癜風(でんぷう))と区別できます。ただし、患者さんが自己判断で市販の水虫の薬をすでに塗っている場合は、診断がつきにくくなることがあります。爪水虫の場合は、爪を一部切って同様の検査を行います。そのほか、白癬菌の詳しい種類を特定する場合は、真菌の培養検査、遺伝子検査を行うこともあります。

治療

基本的には、カビの増殖を抑える薬(抗真菌薬)で治療しますが、爪症状の有無と体の部位によって、塗り薬と内服薬を使い分けます。

爪の水虫がない場合

水虫が爪に入り込んでいない場合で、頭以外の皮膚では症状のある部位に抗真菌薬を塗って治療します。通常は数週間程度かかりますが、症状によってはもっと長くかかる場合もあります。よくある誤解として、治療して1週間程度で皮膚の皮むけが改善されると外用をやめてしまう方がいます。

見た目がよくなった段階でもまだカビそのものは皮膚に残っているので、皮むけが改善されてからもしばらく継続して薬を塗る必要があります。必要に応じて追加の顕微鏡検査を行い、治療効果を判定します。カビによっては、はじめに処方された抗真菌薬に抵抗するもの(耐性菌)があるので、その場合は別の種類の抗真菌薬に変更する必要があります。

頭の水虫(頭部白癬)

毛の内部の感染を起こしており、病変部が深いため、外用ではなく内服による治療がおこなわれます。治療期間の目安は1か月程度です。

爪水虫(爪白癬)

爪の中まで浸透する抗真菌薬が発売されたため、軽症であれば外用から始めます。中等症~重症の場合は、抗真菌薬を内服します。薬の種類によって内服の期間が異なりますが、標準的には3か月から6か月継続します。副作用として肝障害がみられるため、必要に応じて、血液検査で副作用の有無を確認しながら治療します。

水虫の記事を読む

もっとみる

水虫の記事にご協力いただいている医師