でんぷう

癜風

最終更新日
2017年04月25日
Icon close
2017/04/25
掲載しました。

概要

癜風(でんぷう)とは、皮膚に存在するカビ(真菌)の一種によって生じる感染症です。主に体や腕、首などに淡い茶色の斑点が生じるのが特徴ですが、白い斑点として認められることもあります。思春期以降の若い男女に多く発生するといわれており、特に発汗量が増える春〜夏にかけてよくみられます。

原因

癜風の原因となるカビには複数の種類が存在しますが、すべて「マラセチア属」と呼ばれるグループに属し、単に「癜風菌」や「マラセチア」と総称されることもあります。これらのカビは正常な皮膚にも普段から生息していますが、高温・多湿などの条件下で異常に増殖することで、癜風の症状を呈するようになります。

症状

数mm〜2cm程度までの大小さまざまな斑点が皮膚に生じ、軽度のフケ(鱗屑)を伴います。斑点は平らで、色は淡い茶色である場合もあれば、逆に白く抜けて見える場合もあり、前者を黒色癜風(こくしょくでんぷう)、後者を白色癜風(はくしょくでんぷう)と呼びます。痒みはないことがほとんどで、あってもごくわずかです。ジベルばら色粃糠疹や尋常性白斑など、他の皮膚疾患との鑑別が必要になることがあります。

検査・診断

癜風では、皮膚に生じた斑点を爪先やメスでこすると大量にフケが落ちる(落屑)ため、診断に役立ちます。診断を確定させるためには、水虫の検査と同様に、フケの部分を採取して水溶性カリウム(KOH)という液体で溶かし、顕微鏡で癜風菌に特徴的な短い糸状の構造(菌糸)と円形の構造(胞子)があることを確認します。

治療

外用薬による治療

治療は外用薬が中心で、抗真菌薬の軟膏やクリーム、ローション剤などを1日1回外用することで、2〜3週間程度で治癒が望めます。感染が治癒した後も皮膚の色素異常が数か月間残存することがありますが、これに対して外用治療を続ける必要はなく、自然に改善するのを待ちます。また、癜風菌は皮膚の色が変わっている部分よりもやや広めに分布していることが多いため、外用薬も広めに塗ることがポイントです。

内服薬による治療

外用薬で治らない場合、あるいは症状が広範囲に及び外用薬での治療が難しい場合などに、イトラコナゾールによる内服治療が考慮されることがあります。内服薬は優れた効果を示すものの、併用禁忌となる薬が多く、また高齢者では肝機能障害などの副作用が生じやすいという問題があります。

再発について

癜風菌が普段から皮膚に生息しているということもあり、症状が一旦治癒してもすぐに再発したり、毎年暑い時期になると繰り返したりすることがあります。汗をかいた場合にはタオルで拭いたりシャワーを浴びたりするなどのスキンケアも重要です。

医師の方へ

癜風の詳細や論文等の医師向け情報を、Medical Note Expertにて調べることができます。

この病気の詳細を調べる

「癜風」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

関連の医療相談が10件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。