ばるとりんせんえん

バルトリン腺炎

膣

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

バルトリン腺炎とは、膣の入り口の後方にある組織、「バルトリン腺」に細菌感染などが起こり、炎症が生じた状態を指します。バルトリン腺とは、左右一対をなすエンドウ豆サイズの分泌腺です。性交時などに膣を潤す潤滑液として役割を果たす粘液は、このバルトリン腺から分泌されています。

バルトリン腺炎は、主に性成熟期にある女性に生じます。

原因

バルトリン腺炎は、バルトリン腺の細菌感染による炎症が原因です。原因となる細菌として、陰部に常在するブドウ球菌や連鎖球菌、大腸菌などの細菌のほか、酸素を嫌う嫌気性菌、あるいは性感染症の原因となるクラミジアや淋菌が挙げられます。

バルトリン腺の排泄管に感染が生じると、バルトリン腺開口部周囲に炎症が生じます。感染の波及により排泄管の開口部分が塞がると、排泄管ないしバルトリン腺に分泌物が溜まった状態となり、バルトリン腺嚢胞に感染が及びます。こうして膿が貯まった状態となったものを、バルトリン腺膿瘍と呼びます。

バルトリン腺開口部の炎症が治まれば嚢胞は縮小しますが、繰り返し炎症を起こした場合や、そのほかの要因(出産時に会陰切開や会陰裂傷の縫合を行った際やその創部治癒の過程など)により排泄管が閉鎖された場合には、バルトリン腺嚢胞が持続する場合があります。バルトリン腺嚢胞に感染が生じることで、バルトリン腺炎やバルトリン腺膿瘍を繰り返し発症する場合があります。

症状

バルトリン腺炎の多くは、片側に発症します。バルトリン腺炎の初期にはバルトリン腺の排泄管の開口部周囲に赤みや熱、腫れを生じます。感染が波及しバルトリン腺膿瘍が生じると腫れや痛みが強くなり、性交渉や座位・歩行などが困難になることがあります。また、膿の一部が流出することで、腫瘤部分から膿性の分泌物がみられる場合もあります。バルトリン腺嚢胞の場合には、通常症状は軽く、違和感を覚える程度である場合が一般的です。

検査・診断

バルトリン腺炎の診断は視診と触診でほぼ可能です。視診では分泌物の性状を調べ、触診では腫瘤の位置や大きさ、痛みの程度、可動性などを調べます。また、原因となる細菌を明らかにするため、分泌物ないし嚢胞内容液について細菌培養検査を行います。

補助診断としてMRIなどの画像検査が行われる場合もあります。バルトリン腺と同じ部位に生じる腫瘍として良性の腫瘍として線維腫や脂肪腫が、そして非常にまれですがバルトリン腺がんなどの悪性腫瘍が知られており、細胞診や組織診断などの病理検査などを行う場合もあります。

治療

腫張が軽度の場合

バルトリン腺嚢胞が小さく、症状がなければ経過観察が可能です。炎症が比較的軽く、症状が軽度の場合には、感染の原因となった細菌に対して効果があると考えられる抗菌薬の内服を行います。また、外陰部を清潔な状態に保ち、必要に応じて消炎鎮痛薬を使用します。炎症の程度に応じて抗菌薬の点滴を行う場合もあります。

膿瘍を形成して症状が激しい場合

バルトリン腺膿瘍の穿刺や、膿瘍の切開による排液、排膿が有効です。排液・排膿後には抗菌薬投与を行い、必要に応じて消炎鎮痛薬を使用します。

バルトリン腺膿瘍を繰り返す場合・症状が持続する場合

バルトリン腺膿瘍を繰り返す場合や、症状が持続する場合には、造袋術ないしはバルトリン腺の摘出術が行われます。

造袋術とは、嚢胞ないし膿瘍の壁を広く切開し、周囲の皮膚と縫い合わせることでバルトリン腺が開いた状態を保つ処置です。局所麻酔での処置が可能で外来でも行うことができます。処置直後は切開した部分は広く開いた状態となりますが、徐々に自然に縮小して最終的には肉眼で確認できなくなる程度まで縮小します。造袋術の場合にはバルトリン腺の分泌機能を温存できるため、性交渉の際の潤滑液の分泌を保つことができます。

造袋術を行っても再発する場合やバルトリン腺の腫瘍が否定できない場合には、バルトリン腺の摘出術を行います。通常は手術室で麻酔をした後に手術を行います。バルトリン腺を取ってしまうため、バルトリン腺炎やバルトリン腺膿瘍が再発する可能性は低くなります。ただし、分泌機能も失われるため、バルトリン腺の摘出後は潤滑剤を使用しないと性交渉に支障をきたす場合があります。

「バルトリン腺炎」に関連する他の記事
もっと見る
この記事をみた人は、
こんな病気も調べています。