新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
にょうどうえん

尿道炎

最終更新日
2017年04月25日
Icon close
2017/04/25
掲載しました。

概要

尿道炎とは、膀胱にたまった尿の通り道である尿道が、病原菌などに感染することによって炎症が起こる病気を指します。

原因

尿道炎の原因は大きく分けて、性行為を介してパートナーから病原体がうつることで発症する性感染症と、大腸や肛門に潜んでいるばい菌が尿の出口(尿道口)から侵入して炎症が起こる異所性感染の2種類があります。

性感染症

性感染症では、クラミジアや淋菌などの細菌が主な原因菌です。近年では、オーラルセックスによって、病原菌が咽頭などに感染している例もあります。そのため、喉から陰部などの感染経路が多くなっています。

また、性行為等で、尿道に強い機械的な刺激(物理的な刺激)がかかってしまい粘膜が傷つき、傷口から皮膚や粘膜の細菌が侵入し、炎症を引き起こすこともあります。

異所性感染

異所性感染の経路ははっきりしていませんが、会陰(えいん)と呼ばれる外陰部から肛門までの部位の衛生状態がよくないことなどが影響すると考えられます。

症状

尿道炎の主な症状は以下の2つです。

排尿痛

排尿するときに痛みが生じます。痛み方には個人差があり、尿が通過したときに焼けるような激しい痛みが現れることもあれば、鈍い痛みを感じることもあります。

白色・黄色の尿道分泌物

尿の出口である尿道口から、のような分泌物が排出されることがあります。主に白色や黄色の、粘り気がある分泌物がみられます。

検査・診断

尿道炎の診断では、尿検査で白血球や細菌の存在を確認します。このとき、尿道になどの分泌物がみられるときには、細菌の培養検査と、グラム染色という細菌の検査で病原菌を確認します。

また、クラミジアなど一部の細菌が感染が疑われる場合は、その確認を行うため、核酸増幅法(PCR法)と呼ばれる検査を行うこともあります。

治療

尿道炎に対する治療では、主に原因菌に対する抗生物質の投与を行います。

予防

尿道炎の予防のためには、性行為の際の注意事項の指導も大切です。

特定のパートナーがいる場合には、パートナーも同時に検査・治療を行うことが重要となります。また、感染予防のためコンドームを装着することの重要性や、オーラルセックスだけでも感染することを理解してもらうことが必要です。

「尿道炎」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

関連の医療相談が14件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。