クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Skin
扁平母斑
扁平母斑とは、皮膚に生じる茶色のあざのひとつです。 コーヒー牛乳と類似した色をしており、周囲の皮膚との境界がはっきりしています。同じような外観を呈するあざは、レックリングハウゼン病(神経線...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました
皮膚

扁平母斑へんぺいぼはん

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

扁平母斑とは、皮膚に生じる茶色のあざのひとつです。

コーヒー牛乳と類似した色をしており、周囲の皮膚との境界がはっきりしています。同じような外観を呈するあざは、レックリングハウゼン病(神経線維腫症Ⅰ型)と呼ばれる病気でもみられることがあり、カフェオレ斑と呼ばれています。

扁平母斑は生まれつきあることが多いですが、思春期頃になって生じることもあります。扁平母斑が悪性化することはなく、健康を損なうことはありません。しかし、美容的な観点から治療対象となることもあります。

原因

細胞のなかの、メラニンという色素を蓄えているメラノソームと呼ばれる顆粒が過剰に増えることから、周囲の皮膚と比較して茶色くみえるようになります。

扁平母斑と同様の外観を呈する皮膚病変がみられる病気に、神経線維腫症Ⅰ型やMcCune Albright症候群、Leopard症候群などのような遺伝子レベルの変化に関連した病気があります。日本においては、背景に病気を有する場合の皮膚病変を特別にカフェオレ斑と呼ぶ傾向にあり、基礎疾患のない扁平母斑と区別しています。ただし欧米においては両者を特に区別せず、一括してカフェオレ斑と呼ぶ傾向にあります。また欧米で扁平母斑というと、茶色いあざの中に色調のより強い隆起性病変を伴うものを特別に指すこともあります。

神経線維腫症Ⅰ型やLeopard症候群などの基礎疾患に関連してみられるカフェオレ斑は、皮膚においてメラニン色素を産生する細胞(メラニン細胞)が過剰に増えることにより生じます。こうした基礎疾患は、遺伝子レベルでの異常により発症します。

症状

扁平母斑は、生まれつきのあざです。思春期頃になってから出現することもあります。日光に曝されることで色調変化が生じ、色が濃くなることもあります。

扁平母斑は、周囲の皮膚とは異なるコーヒー牛乳のような色をしています。ひとつの扁平母斑を観察すると、色調は均質であり色むらは基本的にはありません。内部にほくろのような隆起性病変を伴うこともあります。また、周囲の皮膚と比べて盛り上がっているということはなく平坦であり、両者の境界は色ではっきりと区別することができます。大きさは数ミリ程度のものから数センチになるものまでさまざまです。体幹や手、顔面などさまざまな部位に生じます。

あざが特に大きかったり数が多かったりする場合は、基礎疾患の存在が疑われます。たとえば、5mm以上(大人では15mm以上)のものが6個以上ある場合には神経線維腫症Ⅰ型が疑われます。また皮膚症状に加えて二次性徴が早く出現する、甲状腺機能亢進症などの内分泌症状を伴う場合には、McCune Albright症候群が疑われます。

検査・診断

診断は、基本的には見た目の変化からなされます。

扁平母斑が大きい場合や数が多いとき、皮膚症状以外の合併症状が存在する場合には、神経線維腫症を代表とする基礎疾患の有無を評価することも必要になります。疑われる基礎疾患によって追加される検査は異なりますが、遺伝子変化が特定されている場合には遺伝子検査が行われることもあります。

治療

扁平母斑は、それのみで健康を損なうことはありません。また、基本的に悪性化することはないと考えられており、無治療のまま経過観察することもあります。

ただし、サイズが大きい場合や数が多い場合、顔などの目立つ部位に扁平母斑がある場合には、美容的な観点から治療対象となることがあります。第一にはレーザー治療(ルビーレーザーやQスイッチ付きルビーレーザーなどを用います)を選択することが多いです。しかし、治療前の段階で効果を予想することは難しいため、皮膚病変の一部を治療し、その後の反応をみながら適応を決定します。治療は、成人になるのを待つのではなく早い場合には0歳の段階から行われることもあります。レーザーによる治療で思うような成果が得られない場合には、ドライアイス療法や手術療法などを選択することもあります。

また、扁平母斑を引き起こしている基礎疾患が疑われる場合には、その疾患に応じた皮膚症状以外に対する治療も必要となります。