とくはつせいこきゅうきゅうはくしょうこうぐん

特発性呼吸窮迫症候群

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

特発性呼吸窮迫症候群とは、早産児に発症する呼吸障害の代表的な疾患の一つです。特発性呼吸窮迫症候群は、「サーファクタント」と呼ばれる肺内物質が不足するために引き起こされます。別名「呼吸窮迫症候群」、「新生児呼吸窮迫症候群」と呼ばれることもあります。 特発性呼吸窮迫症候群では、多呼吸や呼吸時のうなり声、チアノーゼなどの呼吸症状を出生後間もなくから呈します。呼吸障害の本体はサーファクタントが不足していることですので、気管経由にサーファクタントを補充することで呼吸状態の改善を期待することができます。

原因

特発性呼吸窮迫症候群は、肺内の「サーファクタント」と呼ばれる物質が不足することを原因として発症します。 母体内に赤ちゃんがいる時には、肺はガス交換をするという機能を果たしておらず、胎盤がその役割を担っています。赤ちゃんの肺はガス交換という働きをする必要性がないことから、肺そのものはしぼんだ形になっています(「虚脱(きょだつ)」と呼びます)。例えるならば、風船がしぼんでいる状態です。 赤ちゃんが出生をすると胎盤でのガス交換に頼ることができなくなるため、自身の肺で呼吸をする必要性が出てきます。ガスで肺を満たすには、しぼんだ風船を膨らませるのと同じように、虚脱した肺を膨らませる必要があります。風船を膨らませる状況を想像すると判るように、風船は膨らませ始めに最も力を要します。この状況を助け、より一層楽に肺を膨らませるために、サーファクタントは重要な役割を果たしています。サーファクタントは界面活性剤の一種類であり、表面張力を低下させ、虚脱した肺をより容易に膨らませ肺の形を保持することが可能になります。 妊娠34週ごろにさしかかると、肺に存在する「Ⅱ型肺胞上皮細胞」と呼ばれる細胞から、サーファクタントが合成・分泌されるようになります。これ以前の段階の肺にはサーファクタントが充分量肺に存在していません。したがって、妊娠34週よりも前に出生すると、母体内で虚脱していた肺をうまく膨らませることができなくなり、結果として特発性呼吸窮迫症候群が発症することになります。

症状

特発性呼吸窮迫症候群は、34週未満のお子さんで発症するリスクが高いです。特発性呼吸窮迫症候群では、出生後にうまく自分自身の肺を膨らませることができていない状況です。肺がうまく膨らんでいないことは、二酸化炭素や酸素をうまく取り込むだけのスペースが存在していないことを意味します。したがって、特発性呼吸窮迫症候群では、出生後間もなくからの呼吸障害を呈することになります。 具体的には、多呼吸、呻吟(しんぎん)(うなり声をあげることです。)、陥没呼吸、鼻翼呼吸などの呼吸器症状を呈するようになります。これらの症状は、赤ちゃん本人が努力をしながら、正常よりも少ない肺機能を最大限活用しようということから生じる症状です。 しかしこうした努力にも関わらず、特発性呼吸窮迫症候群では身体にとって必要十分な酸素を取り込むことができないこともあります。この場合には、低酸素を反映したチアノーゼの症状を認めます。

検査・診断

特発性呼吸窮迫症候群は、胸部単純レントゲン写真、血液ガス検査、羊水や胃液を用いたシェイクテスト・マイクロバブルテストの結果をもとに行われることになります。胸部単純レントゲン写真では肺胞が虚脱していることを反映した所見が観察され、血液ガス検査では酸素と二酸化炭素のガス交換がうまくいっていないことが確認されます。 シェイクテスト・マイクロバブルテストは、羊水や胃液を用いて何度か泡立てた後、顕微鏡下でどの程度の泡が残存しているかを確認する検査になります。特発性呼吸窮迫症候群は界面活性剤であるサーファクタントの不足を原因とした病気です。界面活性剤という意味ではすなわち石けんも一緒であり、サーファクタントが不足すると泡立ちが悪くなることが確認されます。

治療

特発性呼吸窮迫症候群の本体は、肺内におけるサーファクタントの欠乏です。したがって、特発性呼吸窮迫症候群の治療に際しては、気管チューブを挿管の後に経気道的にサーファクタントを投与・補充することになります。特発性呼吸窮迫症候群の呼吸症状が強くない場合には、酸素投与のみでも呼吸症状の改善を期待することも出来ますが、症状が強い場合にはサーファクタントの補充とそれに引き続く人工呼吸器管理が必要となります。 特発性呼吸窮迫症候群は、34週までのお子さんが出生すると発症するリスクが高まります。サーファクタントの産生はステロイドで促進されるため、早産が予め予想されるため、母体に対してステロイドを予防的に投与することもあります。 発性呼吸窮迫症候群を発症すると、急性期の呼吸障害は、サーファクタントや人工呼吸器管理などで改善することが期待できます。しかし、数週間の時期を経て気管支肺異形成症を発症し呼吸障害が再燃することもあります。したがって、呼吸状態の変化には十文中をしながら、集中治療管理が継続されることになります。もし、NICUからの退院時にも気管支肺異形成症の症状が強い場合には、去痰薬や吸入薬(ステロイドやβ刺激薬)、酸素などを使用しての退院も模索されることになります。