ひふがんぜんくしょう

皮膚がん前駆症

別名
日光角化症,老人性角化腫
最終更新日
2018年09月05日
Icon close
2018/09/05
掲載しました。

概要

皮膚がん前駆症とは、浸潤、転移を起こす皮膚がんに進展する可能性のある病変を指し、ボーエン病、日光角化症(老人性角化腫)はその一例です。本格的な皮膚がんへの進展が懸念されます。

皮膚がん前駆症は、紫外線により引き起こされることがあります。発症すると、皮膚がカサカサしたり、赤くなったりすることがあります。治療では、手術や薬物療法、凍結療法、炭酸ガスレーザー療法、光線力学的療法などが行われます。

原因

ボーエン病や日光角化症などのがん前駆症は、紫外線により引き起こされることがあります。紫外線は、遺伝子情報が含まれるDNAを傷つけることがあり、紫外線によるダメージが蓄積することで皮膚がん前駆症へと進行することがあります。

また、放射線やヒトパピローマウイルス感染なども、皮膚がん前駆症の原因として挙げることができます。多発するボーエン病に関しては、井戸水などを介したヒ素の摂取も発症に関与していると推定されています。

症状

皮膚がん前駆症(ボーエン病、日光角化症(老人性角化腫))を発症すると、皮膚や肛門周囲に見た目の変化が生じます。具体的には、皮膚がカサカサしたり、赤くなったりすることがあります。肛門周囲のボーエン病では、肛門周囲がただれ、下着が汚れてしまうこともあります。

皮膚がん前駆症で見られる皮膚の変化は、湿疹やシミ、皮膚の老化現象として認識されることもあります。しかし、皮膚がんの前段階であるため、早期に医療機関を受診することが大切です。

検査・診断

皮膚がん前駆症(ボーエン病、日光角化症(老人性角化腫))では、診断に際して局所の皮膚や粘膜を詳細に観察することが重要です。見た目の変化のみでは判断がつかないこともあるため、病理組織検査が行われることもあります。病理組織検査とは、病変の一部を採取して顕微鏡で詳細に観察する検査で、がん細胞の有無などを詳細に評価することができます。

治療

皮膚がん前駆症では、浸潤、転移を起こす皮膚がんに進展することが懸念されるため、病気の進展を防ぐための治療介入が行われます。具体的には、外科的手術、薬物療法、凍結療法、光線力学的療法などが行われます。病変の大きさや数、患者さんの全身状態などから総合的に、最適な治療方法が決定されます。

皮膚がん前駆症で見られる皮膚の変化は、シミや湿疹と似ていることもあります。気になる皮膚症状がある場合には早期に医療機関を受診すること大切です。

医師の方へ

皮膚がん前駆症の詳細や論文等の医師向け情報を、Medical Note Expertにて調べることができます。

この病気の詳細を調べる

「皮膚がん前駆症」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

関連の医療相談が10件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。