にくばなれ

肉離れ

別名
筋断裂
最終更新日
2017年04月25日
Icon close
2017/04/25
掲載しました。

概要

肉離れとは、筋肉の一部分が断裂した状態を指します。スポーツの競技中などに起こる急激な筋肉の収縮により発症することがあります。肉離れを起こすと、その瞬間に筋肉の断裂音が聴こえることがあり、その後、痛みが生じます。

肉離れを予防するには、突然強い強度の運動に入るのではなく、準備運動をしっかりと行い、徐々に強度を上げていくことが大切です。また、筋断裂と呼称される場合もあります。

原因

肉離れは、筋肉が急激に収縮する場面において発症します。筋肉が伸び縮みすることによって、ダッシュをしたり、ものを持ち上げたりすることができます。

しかし、筋肉の伸び縮みに、筋肉の繊維がうまく対応できない場合、筋肉が断裂し、肉離れが生じます。

肉離れを起こしやすい筋肉

肉離れは、全身どの筋肉でも生じる可能性がありますが、特に太ももの裏やふくらはぎの筋肉に生じやすいです。その他にも、太ももの内側の筋肉など、下肢の筋肉は肉離れを起こしやすいです。しかし、上肢や腹筋にも生じることはあります。

肉離れを起こしやすい状況

肉離れは、筋肉がうまくほぐれていないときに発症しやすいです。筋肉が硬いと、筋肉が収縮にうまく対応することができなくなってしまうため、断裂が生じやすいです。

症状

肉離れは、ダッシュをする際などに突然発症します。肉離れを起こした瞬間に、筋肉の断裂音として「ぶちっ」、「ばちっ」といった音が聴こえることもあります。

また、断裂を起こした筋肉に痛みが生じます。痛みは、伸ばしたときや力をかけるときに増強します。そのため、太ももやふくらはぎに肉離れが生じると、体重をかけることで痛みが強くなり、うまく歩くことができなくなってしまいます。

肉離れを起こすと、見た目の変化を伴うこともあります。たとえば、断裂した部位がへこんだり、内出血を伴ったりすることがあります。

検査・診断

肉離れは筋肉が急激に収縮するような状況で発症します。特にスポーツに関連して発症することが多く、発症に至った状況を確認することは大切です。

また、筋肉が損傷を受けていることを確認するために、超音波検査やMRIなどの画像検査を行います。とくに超音波検査は外来での診療中に手軽に施行でき、診断にも有用なので頻用されるようになってきています。こうした検査を行うことで、損傷箇所や、出血の有無、重症度などを評価することができます。

治療

肉離れを発症した際には、応急処置を行います。具体的には、該当部位を

  • 冷やす
  • 圧迫する
  • 挙上する

といった対応をとります。こうした処置により局所の負担を減らし、断裂や出血の増悪を防ぐことができます。

治療法ですが、基本的には保存療法で治癒します。痛みがとれるまでは安静にし、ジャンプやダッシュなどは控える必要があります。また、重症度により、湿布、ぬり薬、内服薬などが用いられることがあります。

「肉離れ」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

関連の医療相談が10件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。