ちゅうぶかんしょうこうぐん

肘部管症候群

最終更新日
2017年04月25日
Icon close
2017/04/25
掲載しました。

概要

肘部管症候群とは、手の指先の運動や感覚を司る尺骨神経(しゃっこつしんけい)に障害が生じることを指します。尺骨神経は上腕から前腕、最終的には指先に至るまで広く分布しています。特に肘の部分では体表近くに分布しており、この部位が障害されることで肘部管症候群を発症します。

肘部管症候群を発症すると、小指側のしびれや握力の低下などの症状が見られます。手の動きに不自由があると日常生活への悪影響が大きく、QOL(生活の質)が低下することもあります。また、肘部管症候群は、大工さんのように手に慢性的な負荷をかける仕事に従事している方が発症しやすいです。

原因

尺骨神経は、上腕、前腕、指先を通る長い神経です。肘をぶつけたとき、指先がしびれるように感じることがありますが、これは尺骨神経が刺激されたことによって生じています。

肘部管とは、肘の内側にある尺骨、上腕骨の内側上顆、さらにfibrous bandと呼ばれる部位で構成されており、肘部管症候群は肘部管を走行する尺骨神経が圧迫されることで生じた神経症状のことです。

肘に慢性的な負荷がかかることで発症する病気で、主に大工や工場などの仕事による肘の長時間酷使が原因となることが多いです。また、野球や柔道、幼少期の骨折、交通事故による外傷ガングリオンと呼ばれる腫瘤などが原因となることもあります。

症状

肘部管症候群では、小指、薬指の小指側においてしびれや痛みなどを感じることが多く、薬指の中指側や中指、人差し指、親指の感覚は保たれています。また、肘を曲げているなど尺骨神経への刺激が強くなると症状が強くなる点も特徴です。

肘部管症候群が進行すると、薬指と小指が完全に伸ばせなくなるなど運動機能にも影響が出るようになります。また尺骨神経は手に存在する多くの筋肉を司る神経のため、手の筋肉が広範囲に萎縮して手の骨が浮き出て見えるようにもなります。

肘部管症候群では、肘の関節の内側(すなわち尺骨神経が障害を受けている肘部管の部位)を叩くと、手の小指側に痛みが誘発されます(Tinelサインと呼びます)。

肘部管症候群が長期間継続すると、箸を持ちづらい、ボタンをかけにくくなる、顔を洗う時に水を手に貯められないなど、日常生活に必要な動作がしにくくなることがあります。

検査・診断

肘部管症候群の診断は、主に自覚症状や外表から見た手の様子、身体診察をもとになされることになります。このときTinelサインの有無なども確認します。肘部管症候群では人差し指と親指で挟む力が低下するため、両手の親指と人差しで紙をつまみ引っ張る動作をしてもらいます。その他、レントゲン写真やエコー、MRI検査、筋電図検査など必要に応じて行います。
 

治療

肘部管症候群の治療では、骨折や腫瘍など明らかな原因となっているものがない場合、保存的な治療方法で経過を観察します。運動を控えたり、慢性的な肘への負荷を減らしたりすることも有効です。

保存療法でも症状が改善しない場合には、狭くなっている肘部管を広げたり、骨棘を切除したりする手術が行われます。肘部管症候群により神経障害や筋萎縮が生じている場合には、腱移行手術などが行われます。

「肘部管症候群」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

関連の医療相談が13件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。