新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

新潟大学大学院医歯学総合研究科 循環器内科学 主任教授

日本内科学会 総合内科専門医・認定内科医・内科指導医 日本循環器学会 循環器専門医

猪又 孝元 いのまた たかゆき 先生

重症心不全を専門とする医師であり、心不全研究班のチーフを務める傍ら、心不全という病態の啓発・発信の重要性を強く訴えている。拡張型心筋症の研究にも多く携わり、病態の予測に基づき治療方針の決定を行う日本に数少ない医師の一人。

猪又先生のストーリー記事

過去の知識と今の自分がつながったとき、新しい道が見えた
過去の知識と今の自分がつながったとき、新しい道が見えた

心不全の治療に果敢に挑戦し続ける猪又孝元先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 循環器内科
  • 循環器免疫学(心筋症・心筋炎)
  • 心血管病一般

資格・学会・役職

日本内科学会 総合内科専門医・認定内科医・内科指導医
日本循環器学会 循環器専門医
  • 新潟大学大学院医歯学総合研究科 循環器内科学 主任教授
  • 医学博士 取得
  • 日本循環器学会 関東甲信越地方会幹事
  • 日本心臓病学会 FJCC
  • 日本心不全学会 予防委員会委員
  • 厚生労働省認定外国人医師臨床修練指導医

所属病院

新潟大学医歯学総合病院

  • 内科 血液内科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 腎・膠原病内科
  • 新潟県新潟市中央区旭町通1番町754
  • JR越後線 白山 徒歩15分 JR信越本線(直江津~新潟) 新潟 万代口 万代バスターミナルからバスの利用も可能(4番乗場 新大病院線) 車10分
  • 025-223-6161
公式ウェブサイト
新潟大学医歯学総合病院

医療記事

来歴等

略歴

1989年 新潟大学医学部卒業
1996年 新潟大学医学部大学院卒業
1996年 独・マックスプランク研究所(神経免疫学部門)research fellow
1998年 北里大学医学部循環器内科学助手
2000年 同上 講師
2016年 北里大学 医学部循環器内科学教授
2021年 新潟大学大学院医歯学総合研究科 循環器内科学 主任教授

論文

(主なもの)
1. Inomata T, Hanawa H, Miyanishi T, Yajima E, Nakayama S, Maita T, Kodama M, Izumi T, Shibata A, Abo T. Localization of porcine cardiac myosin epitopes that induce experimental autoimmune myocarditis. Circ Res 76(5):726-733, 1995.
2. Hanawa H, Inomata T, Sekikawa H, Abo T, Kodama M, Izumi T, Shibata A. Analysis of heart-infiltrating T-cell clonotypes in experimental autoimmune myocarditis in rats. Circ Res 78(1): 118-125, 1996.
3. Hanawa H, Inomata T, Okura Y, Hirono S, Ogawa Y, Izumi T, Kodama M, Aizawa Y. T cells with similar T-cell receptor beta-chain complementarity-determining region 3 motifs infiltrate inflammatory lesions of synthetic peptides inducing rat autoimmune myocarditis. Circ Res 83(2): 133-140, 1998.
4. Inomata T, Watanabe T, Haga M, Hirahara H, Abo T, Okura Y, Hanawa H, Kodama M, Izumi T. Anti-CD2 monoclonal antibodies prevent the induction of experimental autoimmune myocarditis. Jpn Heart J 41(4):507-517, 2000.
5. Inomata T, Izumi T, Kobayashi M. Cost-effectiveness analysis of carvedilol for the treatment of chronic heart failure in Japan. Circ J 68(1):35-40, 2004.
6. Nishii M, Inomata T, Takehana H, Takeuchi I, Nakano H, Koitabashi T, Nakahata J, Aoyama N, Izumi T. Serum levels of interleukin-10 on admission as a prognostic predictor of human fulminant myocarditis. J Am Coll Cardiol 44(6): 1292-1297, 2004.
7. Nishii M, Inomata T, Niwano H, Takehana H, Takeuchi I, Nakano H, Shinagawa H, Naruke T, Koitabashi T, Nakahata J, Izumi T. Beta2-Adrenergic agonists suppress rat autoimmune myocarditis: potential role of beta2-adrenergic stimulants as new therapeutic agents for myocarditis. Circulation 114(9): 936-944, 2006.
8. Nishii M, Inomata T, Takehana H, Naruke T, Yanagisawa T, Moriguchi M, Takeda S, Izumi T. Prognostic utility of B-type natriuretic peptide assessment in stable low-risk outpatients with nonischemic cardiomyopathy after decompensated heart failure. J Am Coll Cardiol 51(24): 2329-2335, 2008.
9. Inomata T, Izumi T, Matsuzaki M, Hori M, Hirayama A. Phase III clinical pharmacology study of tolvaptan. Cardiovasc Drugs Ther 25(Suppl 1):S57-65, 2011.

ガイドライン執筆
1. 班長 松﨑益德. 猪又孝元ら34名. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2009年度合同研究班報告) 慢性心不全治療ガイドライン(2010年改訂版). 日本循環器学会ホームページ
http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2010_matsuzaki_h.pdf
2. 班長 和泉徹. 猪又孝元ら34名. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2009年度合同研究班報告) 急性および慢性心筋炎の診断・治療に関するガイドライン (2009年改訂版). 日本循環器学会ホームページ http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2009_izumi_h.pdf
3. 班長 友池仁暢. 猪又孝元ら29名. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2009-2010年度合同研究班報告) 拡張型心筋症ならびに関連する二次性心筋症の診療に関するガイドライン. 日本循環器学会ホーム ページ http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2011_tomoike_h.pdf
4. 班長 和泉徹. 猪又孝元ら36名. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2010年度合同研究班報告) 急性心不全治療ガイドライン(2011年改訂版)S. 日本循環器学会ホームページ
http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2011_izumi_h.pdf

著書

(主なもの)
1. 猪又孝元, 東條美奈子, 眞芽みゆき 編. 心不全を予防する(和泉徹, 筒井裕之 監修). 中山書店, 東京, 2006.
2. 東條美奈子, 猪又孝元 編. エビデンスに基づく循環器予防医学(和泉徹 監修). 南山堂, 東京, 2012.
3. 猪又孝元 編. 輸液管理の基礎から実践まで. Heart 10. 医学出版, 東京, 2013.
4. 猪又孝元 編. 2025年を見すえた心不全診療ロードマップ-突破口はどこにあるのか. 内科 vol 113, 2014.
5. 猪又孝元 編. 心不全-その常識は正しいか?- 救急・集中治療vol.28, No.1/2, 2016.総合医学社, 東京, 2016.
6. 猪又孝元 編. 心腎連関を深め体液管理を極める. 文光堂, 東京, 2016.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。