新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

東北大学 大学院医学系研究科 消化器外科学分野教授、東北大学病院 肝・胆・膵外科長

海野 倫明 うんの みちあき 先生

1986年に東北大学医学部卒業後、外科医としての経験を積み、2005年には東北大学大学院消化器外科学分野教授に就任。難治性疾患の多い肝胆膵外科領域の治療法の研究に尽力している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器外科
  • 肝胆膵外科

資格・学会・役職

  • 東北大学 大学院医学系研究科 消化器外科学分野教授
  • 東北大学病院 肝・胆・膵外科長
  • 日本外科学会 理事
  • 日本胆道学会 理事長
  • 日本肝胆膵外科学会 理事
  • 日本膵臓学会 評議員
  • 膵癌術前治療研究会 代表世話人

所属病院

東北大学病院

  • 内科 血液内科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 代謝内科 脳神経内科 漢方内科 肝胆膵外科 血管外科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 総合診療科
  • 宮城県仙台市青葉区星陵町1-1
  • 仙台市営地下鉄南北線「北四番丁駅」 北2出口 徒歩10分 JR仙山線「仙台駅」 東北大学病院経由、北山→子平町循環など 東北大学病院前下車 バス20分
  • 022-717-7000
東北大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1986年 東北大学医学部卒業
1988年 東北大学第一外科(消化器外科)入局
1993年 東北大学大学院卒業
1993年 日本学術振興会特別研究員(2年間)
1995年 仙台オープン病院外科勤務
1996年 東北大学第一外科 助手
2005年 東北大学大学院消化器外科学分野 教授

論文

1) Safety-related outcomes of the Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery board certification system for expert surgeons.
Otsubo T, Kobayashi S, Sano K, Misawa T, Ota T, Katagiri S, Yanaga K, Yamaue H, Kokudo N, Unno M, Fujimoto J, Miura F, Miyazaki M, Yamamoto M.
J Hepatobiliary Pancreat Sci. 2017 May;24(5):252-261. doi: 10.1002/jhbp.444. Epub 2017 Apr 26.

2) Risk factors of serious postoperative complications after pancreaticoduodenectomy and risk calculators for predicting postoperative complications: a nationwide study of 17,564 patients in Japan.
Aoki S, Miyata H, Konno H, Gotoh M, Motoi F, Kumamaru H, Wakabayashi G, Kakeji Y, Mori M, Seto Y, Unno M.
J Hepatobiliary Pancreat Sci. 2017 May;24(5):243-251. doi: 10.1002/jhbp.438. Epub 2017 Apr 5.

3) Clinicopathological Characteristics of Young Patients With Pancreatic Cancer: An Analysis of Data From Pancreatic Cancer Registry of Japan Pancreas Society.
Eguchi H, Yamaue H, Unno M, Mizuma M, Hamada S, Igarashi H, Kuroki T, Satoi S, Shimizu Y, Tani M, Tanno S, Hirooka Y, Fujii T, Masamune A, Mizumoto K, Itoi T, Egawa S, Kodama Y, Tanaka M, Shimosegawa T; Committee of Clinical Research, Japan Pancreas Society..
Pancreas. 2016 Nov;45(10):1411-1417.

4) Genomic Sequencing Identifies ELF3 as a Driver of Ampullary Carcinoma.
Yachida S, Wood LD, Suzuki M, Takai E, Totoki Y, Kato M, Luchini C, Arai Y, Nakamura H, Hama N, Elzawahry A, Hosoda F, Shirota T, Morimoto N, Hori K, Funazaki J, Tanaka H, Morizane C, Okusaka T, Nara S, Shimada K, Hiraoka N, Taniguchi H, Higuchi R, Oshima M, Okano K, Hirono S, Mizuma M, Arihiro K, Yamamoto M, Unno M, Yamaue H, Weiss MJ, Wolfgang CL, Furukawa T, Nakagama H, Vogelstein B, Kiyono T, Hruban RH, Shibata T.
Cancer Cell. 2016 Feb 8;29(2):229-40. doi: 10.1016/j.ccell.2015.12.012. Epub 2016 Jan 21.

5) Quantitative Targeted Proteomics of Pancreatic Cancer: Deoxycytidine Kinase Protein Level Correlates to Progression-Free Survival of Patients Receiving Gemcitabine Treatment.
Ohmine K, Kawaguchi K, Ohtsuki S, Motoi F, Ohtsuka H, Kamiie J, Abe T, Unno M, Terasaki T.
Mol Pharm. 2015 Sep 8;12(9):3282-91. doi: 10.1021/acs.molpharmaceut.5b00282. Epub 2015 Aug 25.

6) Classification of biliary tract cancers established by the Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery: 3(rd) English edition.
Miyazaki M, Ohtsuka M, Miyakawa S, Nagino M, Yamamoto M, Kokudo N, Sano K, Endo I, Unno M, Chijiiwa K, Horiguchi A, Kinoshita H, Oka M, Kubota K, Sugiyama M, Uemoto S, Shimada M, Suzuki Y, Inui K, Tazuma S, Furuse J, Yanagisawa A, Nakanuma Y, Kijima H, Takada T.
J Hepatobiliary Pancreat Sci. 2015 Mar;22(3):181-96. doi: 10.1002/jhbp.211. Epub 2015 Feb 17. Review.

7) Neoadjuvant chemotherapy with gemcitabine and S-1 for resectable and borderline pancreatic ductal adenocarcinoma: results from a prospective multi-institutional phase 2 trial.
Motoi F, Ishida K, Fujishima F, Ottomo S, Oikawa M, Okada T, Shimamura H, Takemura S, Ono F, Akada M, Nakagawa K, Katayose Y, Egawa S, Unno M.
Ann Surg Oncol. 2013 Nov;20(12):3794-801. doi: 10.1245/s10434-013-3129-9. Epub 2013 Jul 10.

著書

膵癌治療up-to-date医学図書出版(2014年)
胆道癌診療ガイドライン改訂第2版作成委員、医学図書出版(2014年)
胆道癌診療ガイドライン第1版作成員、医学図書出版(2007年)
高度技能医への道(共同執筆)、医学図書出版(2010年)

その他

  • 【受賞】 1993年 東北医学会銀賞受賞

  • 【受賞】1997年 かなえ医学助成金受賞

  • 【受賞】1998年 藤田記念医学研究振興基金研究助成受賞

  • 【受賞】1999年 磁気健康財団研究助成受賞

  • 【受賞】1999年 本人工臓器学会JSAO-Grant受賞

  • 【受賞】2000年 公益信託外科学研究助成基金受賞

  • 【受賞】2002年 日本消化吸収学会 学会賞受賞

  • 【受賞】2002年 消化管分子機構研究会研究助成

  • 【受賞】2003年 消化管分子機構研究会研究助成

  • 【受賞】2003年 東北医学会金賞受賞

  • 【受賞】2004年 佐川がん研究助成受賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。