新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

東北大学 大学院医学系研究科緩和医療学分野 教授

日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医 日本呼吸器学会 呼吸器専門医・呼吸器指導医

井上 彰 いのうえ あきら 先生

秋田大学を卒業後、国立がんセンター、東北大学病院呼吸器内科などを経て、東北大学病院緩和医療科教授。肺がん治療と緩和医療という2つの専門分野を持ち、病気の治療と緩和ケアの双方から患者さんを診療する。肺がんの患者さんを数多く診療してきた経験を活かし、緩和ケアをすべての診療科に広めていきたいという思いで日々活躍している。

井上先生のストーリー記事

人生はやったもの勝ち
人生はやったもの勝ち

発展途上の緩和医療分野に身を投じた井上彰先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 緩和ケア内科
  • 緩和医療学
  • がん薬物療法
  • 臨床研究

資格・学会・役職

日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医・呼吸器指導医
  • 東北大学 大学院医学系研究科緩和医療学分野 教授
  • 医学博士 取得
  • 日本臨床腫瘍学会 評議員
  • 日本緩和医療学会 代議員
  • 日本がん支持療法研究グループ 執行委員(領域Ⅱ研究領域代表)
  • 北日本研究機構 理事

所属病院

東北大学病院

  • 内科 血液内科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 代謝内科 脳神経内科 漢方内科 肝胆膵外科 血管外科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 総合診療科
  • 宮城県仙台市青葉区星陵町1-1
  • 仙台市営地下鉄南北線「北四番丁駅」 北2出口 徒歩10分 JR仙山線「仙台駅」 東北大学病院経由、北山→子平町循環など 東北大学病院前下車 バス20分
  • 022-717-7000
東北大学病院

来歴等

略歴

1995年 秋田大学医学部卒
1998年 国立がんセンター中央病院
2001年 医薬品医療機器審査センター(現医薬品医療機器総合機構)
2002年 東北大学病院呼吸器内科
2012年 同臨床研究推進センター
2015年 同緩和医療科(現在に至る)

論文

1) Inoue A, Saijo Y, Maemondo M, et al. Severe Acute Interstitial Pneumonia and Gefitinib.
Lancet 361: 137-9, 2003
2) Inoue A, Suzuki T, Fukuhara T, et al. Prospective phase II study of gefitinib for chemotherapy-naïve patients with advanced non-small-cell lung cancer with epidermal growth factor receptor gene mutations. J Clin Oncol 24: 3340-3346, 2006
3) Inoue A, Sugawara S, Yamazaki K, et al. Randomized Phase II Trial Comparing Amrubicin with Topotecan in Patients with Previously Treated Small Cell Lung Cancer: Report of North Japan Lung Cancer Study Group Trial 0402.J Clin Oncol 26:5401-6, 2008
4) Inoue A, Kobayashi K, Usui K, et al. First-line Gefitinib for Advanced Non-Small Cell Lung Cancer Patients Harboring Epidermal Growth Factor Receptor Mutations without Indication for Chemotherapy. J Clin Oncol 27:1394-400, 2009
5) Inoue A, Ishimoto O, Fukumoto S, et al. A phase II study of amrubicin combined with carboplatin for elderly patients with small-cell lung cancer. North Japan Lung Cancer Study Group Trial 0405. Ann Oncol 21: 800-3, 2010
6) Maemondo M, Inoue A, Kobayashi K, et al. Gefitinib or chemotherapy for non-small-cell lung cancer with mutated EGFR. N Engl J Med 362, 2380-8, 2010
7) Inoue A, Kobayashi K, Maemondo M, et al. Updated Overall Survival Results from A Randomized Phase III Trial Comparing Gefitinib with Carboplatin-Paclitaxel for Chemo-Naïve Non-Small Cell Lung Cancer with Sensitive EGFR Gene Mutations (NEJ002). Ann Oncol 24: 54-9, 2013

その他

  • 【受賞】 第9回日本学術振興会賞

  • 【受賞】篠井・河合賞(日本肺癌学会)

  • 【受賞】第23回日本呼吸器学会奨励賞

  • 【受賞】2015年度Annals of Oncology賞(日本臨床腫瘍学会)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師