新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

東北大学病院 消化器内科 准教授/消化器内視鏡センター センター長

日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・消化器内視鏡指導医 日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医・内科指導医 日本消化管学会 胃腸科専門医・胃腸科指導医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

小池 智幸 こいけ ともゆき 先生

東北大学病院消化器内科 准教授、同病院消化器内視鏡センター センター長を兼任。
診療のかたわら、学会やセミナーでの講演、著書出版を行うなど、上部消化管疾患の内視鏡診断・治療のエキスパートとして幅広く活躍する。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器内科
  • 内視鏡診断と治療
  • 上部消化管疾患 
  • 胃酸分泌
  • ヘリコバクターピロリ感染症 

資格・学会・役職

日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・消化器内視鏡指導医
日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医・内科指導医
日本消化管学会 胃腸科専門医・胃腸科指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 東北大学病院 消化器内科 准教授/消化器内視鏡センター センター長
  • 日本消化器病学会 評議員
  • 日本消化器内視鏡学会 社団評議員,/和文誌編集委員/ 卒後教育委員会委員,/附置研究会審議会委員/東北支部幹事/専門医制度・東北支部審議委員(指導施設認定委員)/東北支部代表委員
  • 日本消化器がん検診学会 胃認定医/ 指導医/東北支部評議員/東北支部幹事/東北支部地方認定委員会委員
  • 日本ヘリコバクター学会 H.pylori (ピロリ菌) 感染症 認定医/代議員
  • 日本食道学会 会員
  • 日本胃癌学会 会員
  • 日本神経消化器病学会 会員
  • 日本門脈圧亢進症学会 会員
  • 日本気管食道科学会 会員
  • PEG・在宅医療学会 専門胃瘻造設者/専門胃瘻管理者/ 認定胃瘻教育者/ 学術評議員
  • 胃病態機能研究会 世話人
  • Barrett食道研究会 世話人
  • 公益財団法人 宮城県対がん協会 胃集検診断委員会委員長/学術顧問
  • 一般社団法人 日本医療安全調査機構 調査支援医(東北ブロック)

所属病院

東北大学病院

  • 内科 血液内科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 代謝内科 脳神経内科 漢方内科 肝胆膵外科 血管外科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 総合診療科
  • 宮城県仙台市青葉区星陵町1-1
  • 仙台市営地下鉄南北線「北四番丁駅」 北2出口 徒歩10分 JR仙山線「仙台駅」 東北大学病院経由、北山→子平町循環など 東北大学病院前下車 バス20分
  • 022-717-7000
東北大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1992年 弘前大学医学部医学科 卒業
1992年 いわき市立総合磐城共立病院 内科系初期研修医
1994年 いわき市立総合磐城共立病院 消化器内科医長
1996年 東北大学大学院医学系研究科内科学系専攻(第三内科)入学
2000年 東北大学大学院医学系研究科内科学系専攻(消化器病態学分野) 卒業
(2000年1月〜3月 塩竈市立病院 内科常勤嘱託医師)
2000年 東北大学医学部附属病院 消化器内科 医員
2002年 東北大学医学部附属病院 消化器内科 助手
2007年 東北大学病院 消化器内科 助教(呼称変更)
2012年 東北大学大学院 医学系研究科 消化器病態学分野 講師 
2012年~2015年 同 特命教授 併任
2015年 東北大学病院 消化器内科 講師
2016年 東北大学病院 消化器内科 准教授
2016年 東北大学病院 消化器内視鏡センター センター長 併任

論文

1) Koike T, Ohara S, Sekine H, Iijima K, Kato K, Shimosegawa T, Toyota T. Helicobacter pylori infection inhibits reflux esophagitis by inducing atrophic gastritis. Am J Gastroenterol. 1999; 94(12): 3468-3472.
2) Koike T, Ohara S, Sekine H, Iijima K, Kato K, Toyota T, Shimosegawa T. Increased gastric acid secretion after Helicobacter pylori eradication may be a factor for developing reflux oesophagitis. Aliment Pharmacol Ther. 2001; 15(6): 813-820.
3) Koike T, Ohara S, Sekine H, Iijima K, Kato K, Toyota T, shimosegawa T. Helicobacter pylori infection prevents erosive reflux oesophagitis by decreasing gastric acid secretion. Gut. 2001; 49(3): 330-334.
4) Koike T, Ohara S, Sekine H, Kawamura M, Abe Y, Inomata Y, Iijima K, Imatani A, Shimosegawa T. Effect of Helicobacter pylori status on interagastric pH during administration of lafutidine or famotiddine. Hepatogastroenterology. 2007; 54(76): 1280-1284.
5) Koike T, Ohara S, Inomata Y, Abe Y, Iijima K, Shimosegawa T. The prevalence of Helicobacter pylori infection and the status of gastric acid secretion in patients with gastroesophageal junction adenocarcinoma in Japan. Inflammopharmacolgy 2007; 15(2) 61-64,
6) 小池智幸、大原秀一、下瀬川徹. Barrett食道がんの現状と病態. 胃酸分泌からみたBarrett食道癌の病態. 日消誌. 2008; 105: 1330-1336.
7) Koike T, Ohara S, Shimosegawa T. Role of gastric acid secretion in the pathogenesis of Barrett’s esophageal cancer in a Japanese population. Clin J Gastroenterol 2009; 2:143-148.
8) 小池智幸、阿部靖彦、飯島克則、下瀬川徹、大原秀一. 食道胃接合部癌とH.pylori感染 日本ヘリコバクター学会誌. 2011; 12(2) 65-70
9) Koike T, Nakagawa K, Iijima K, Shimosegawa T. Endoscopic resection (endoscopic submucosal dissection/endoscopic mucosal resection) for superficial Barrett’s esophageal cancer. Digestive Endoscopy 2013; 25: 20-28.
10) 小池智幸 飯島克則 Barrett食道癌の成因 日消誌. 2015; 112: 232-241

著書

消化器Book 07緊急時に迷わない!消化器症状への救急対応 急性腹症・消化管出血などの押さえておくべき診療戦略. 羊土社(共著)2011年
カラー版 消化器病学 基礎と臨床 西村出版 (共著) 2013年
これで納得! 画像で見ぬく消化器疾患 vol.1 上部消化管 株式会社医学出版(共著) 2014年
Barrett食道表在癌 株式会社日本メディカルセンター(共著) 2015年
消化器画像診断アトラス(共著) 中山書店 2017年

その他

  • 【受賞】 ASTRA GERD AWARD 特別奨励賞 1998年 

  • 【受賞】第6回日本ヘリコバクター学会 上原 H.pylori 優秀賞 2000年 

  • 【受賞】第30回 老年消化器病研究会 優秀賞 2005年

  • 【受賞】ASTRA GERD AWARD 特別奨励賞 2010年度

  • 【受賞】第52回日本消化器がん検診学会総会 一般演題優秀賞 2013年 

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師