新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

東北大学病院 心療内科科長

日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医・内科指導医 日本消化器病学会 消化器病専門医 日本心療内科学会 心療内科専門医

福土 審 ふくど しん 先生

日本の代表的心療内科医。特に過敏性腸症候群を専門としており、国内外の患者が紹介されて来る。脳腸相関研究の開拓者。研究業績がハイインパクトジャーナルを含め多数ある。後進の育成にも尽力しており、多数の博士(医学)を育成している。

福土先生のストーリー記事

心に働きかけ、体を治す。その逆もしかり
心に働きかけ、体を治す。その逆もしかり

心と体の関係に魅了され、その道を進み続ける福土審先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 心療内科
  • 内科学
  • 心身医学
  • 行動医学
  • 消化器病学
  • 脳内臓相関
  • 殊に消化管生理学を中心とする脳腸相関の病態生理学
  • ストレス病学
  • ストレスによって発症・増悪する疾患の研究

資格・学会・役職

日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医・内科指導医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本心療内科学会 心療内科専門医
  • 東北大学 大学院医学系研究科行動医学教授
  • 東北大学病院 心療内科科長
  • 医学博士 取得
  • 日本心身医学会 理事長/心身医療専門医/心身医療指導医
  • AGA Fellow
  • 日本心療内科学会 理事
  • 日本神経消化器病学会 理事
  • 日本消化器病学会 財団評議員
  • アメリカ心身医学会 会員
  • アメリカ行動医学会 会員
  • アメリカ消化器病学会 会員
  • アメリカ神経消化器病学会 会員
  • 日本行動医学会 会員
  • 機能性消化管障害国際ローマ委員会 委員

所属病院

東北大学病院

  • 内科 血液内科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 代謝内科 脳神経内科 漢方内科 肝胆膵外科 血管外科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 総合診療科
  • 宮城県仙台市青葉区星陵町1-1
  • 仙台市営地下鉄南北線「北四番丁駅」 北2出口 徒歩10分 JR仙山線「仙台駅」 東北大学病院経由、北山→子平町循環など 東北大学病院前下車 バス20分
  • 022-717-7000
東北大学病院

来歴等

略歴

1983年 東北大学医学部医学科卒業
東北大学医学部附属病院心療内科入局、十和田市立中央病院内科研修
1987年 東北大学助手 アメリカ・デュ−ク大学医学部 行動医学教室留学
1990年 東北大学学位、医学博士
1993年 東北大学医学部附属病院心療内科医局長
1997年 東北大学講師、医学部附属病院心療内科副科長
1998年 東北大学助教授
1999年 東北大学大学院医学系研究科 教授 (現職)
2000年 東北大学医学部附属病院心療内科 兼担
2010年 東北大学創生医学応用研究センター脳神経科学コアセンター
病態脳科学プロジェクト長
2011年 東北大学病院心療内科科長

論文

1. Kano M, Muratsubaki T, Morishita J, Kono K, Mugikura S, Takase K, Ly HG, Dupont P, Van Oudenhove L, Fukudo S. Influence of uncertain anticipation on brain responses to aversive rectal distension in patients with irritable bowel syndrome. Psychosom Med 2017 May 12. doi: 10.1097/PSY.0000000000000484. [Epub ahead of print]
2. Sperber AD, Dumitrascu D, Fukudo S, Gerson C, Ghoshal UC, Gwee KA, Hungin AP, Kang JY, Minhu C, Schmulson M, Bolotin A, Friger M, Freud T, Whitehead W. The global prevalence of IBS in adults remains elusive due to the heterogeneity of studies. A Rome Foundation working team literature review. Gut 66: 1075-1082, 2017.
3. Enck P, Aziz Q, Barbara G, Farmer A, Fukudo S, Mayer E, Niesler B, Quigley E, Rajilic-Stojanović M, Schemann M, Schwille-Kiuntke J, Simren M, Zipfel S, Spiller R. Irritable bowel syndrome (IBS). Nature Reviews Disease Primers 2: 16014, 2016.
4. Francisconi CF, Sperber AD, Fang X, Fukudo S, Gerson MJ, Kang JY, Schmulson W MJ. Multicultural aspects in functional gastrointestinal disorders (FGIDs). Gastroenterology 150: 1344-1354, 2016.
5. Fukudo S, Kinoshita Y, Okumura T, Ida M, Akiho H, Nakashima Y, Nishida A, Haruma K. Ramosetron reduces symptoms of irritable bowel syndrome with diarrhea and improves quality of life in women. Gastroenterology 150: 358-366.e8, 2016.
6. Fukudo S. IBS: Autonomic dysregulation in IBS. Nature Reviews Gastroenterology and Hepatology 10(10): 569-571, 2013.
7. Aizawa E, Sato Y, Kochiyama T, Saito N, Izumiyama M, Morishita J, Kanazawa M, Shima K, Mushiake H, Hongo M, Fukudo S. Altered cognitive function of prefrontal cortex during error feedback in patients with irritable bowel syndrome, based on fMRI and dynamic causal modeling. Gastroenterology 143(5): 1188-1198, 2012.
8. .Saito K, Kasai T, Nagura Y, Ito H, Kanazawa M, Fukudo S. Corticotropin-releasing hormone receptor 1 antagonist blocks brain-gut activation induced by colonic distention in rats. Gastroenterology 129: 1533-1543, 2005
9. Kanazawa M, Fukudo S, Nomura T, Hongo M. Electrophysiological correlates of personality influences in visceral perception. JAMA 286: 1974-1975, 2001.
10. Fukudo S, Nomura T, Hongo M. Impact of corticotropin-releasing hormone on gastrointestinal motility in normal subjects and patients with irritable bowel syndrome. Gut 42: 845-849, 1998.
11. Fukudo S, Lane JD, Anderson NB, Kuhn CM, Schanberg SM, McCown N, Muranaka M, Suzuki J, Williams RB Jr. Accentuated antagonism of β-adrenergic effects on ventricular repolarization: evidence of weaker antagonism in hostile type A men. Circulation 85: 2045-2053, 1992.
12. Fukudo S, Virnelli S, Kuhn CM, Cochrane C, Feinglos MN, Surwit RS. Muscarinic stimulation and antagonism and glucoregulation in nondiabetic and obese hyperglycemic mice. Diabetes 38: 1433-1438, 1989.
13. Fukudo S, Suzuki J. Colonic motility, autonomic function, and gastrointestinal hormones under psychological stress on irritable bowel syndrome. Tohoku J Exp Med 151: 373-386, 1987.

著書

「ローマIV: 機能性消化管障害」(英文、分担、ローマ財団)2016
「機能性および消化管運動障害」(英文、分担、カルガー)2014
「消化管の生理学」(英文、分担、アカデミックプレス)2012
「ローマIII: 機能性消化管障害」(英文、分担、デグノン協会)2006
「日本消化器病学会 機能性消化管疾患 過敏性腸症候群診療ガイドライン2014」(共編著・分担、 南江堂)2014
「今日の治療指針2016」(分担、医学書院)2016
「内臓感覚──脳と腸の不思議な関係」(単著、NHKブックス)2007
「過敏性腸症候群: 脳と腸の対話を求めて」(分担、中山書店)2006

その他

  • 【受賞】 1987年 日本心身医学会石川記念賞

  • 【受賞】1994年 アメリカ心身医学会若手研究者賞

  • 【受賞】2004年 東北大学沢柳賞

  • 【受賞】2006年 文部科学大臣表彰科学技術賞研究部門

  • 【受賞】2009年 アメリカ消化器病学会マスターズ賞

  • 【受賞】2012年 国際神経消化器病学会 The Most Cited Award

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師