新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

東北大学 大学院医学系研究科 精神神経学分野 准教授、みやぎ心のケアセンター 副センター長

日本精神神経学会 精神科専門医・精神科指導医

松本 和紀 まつもと かずのり 先生

統合失調症の早期段階、精神病のリスク状態(at-risk mental state: ARMS)を専門とし、縦断経過調査、認知機能や神経画像の研究などを手がけている。専門外来における診療も行っており、認知行動療法の実践や普及にも力を入れている。東日本大震災後には災害精神医学や心的トラウマについての実践や研究も行っている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 精神科
  • 予防精神医学
  • AMRS(精神病発症危険状態)
  • 認知行動療法
  • 災害精神医学
  • 神経画像
  • 認知機能

資格・学会・役職

日本精神神経学会 精神科専門医・精神科指導医
  • 東北大学 大学院医学系研究科 精神神経学分野 准教授
  • みやぎ心のケアセンター 副センター長
  • 医学博士 取得
  • 精神保健指定医
  • 日本精神神経学会 代議員
  • 日本精神保健・予防学会 理事
  • 日本トラウマティック・ストレス学会 理事
  • 日本統合失調症学会 評議員
  • 日本精神科診断学会 評議員
  • 日本認知療法学会 編集委員
  • 日本生物学的精神医学会 会員
  • 日本社会精神医学会 会員
  • 日本不安症学会  会員

所属病院

東北大学病院

  • 内科 血液内科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 代謝内科 脳神経内科 漢方内科 肝胆膵外科 血管外科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 総合診療科
  • 宮城県仙台市青葉区星陵町1-1
  • 仙台市営地下鉄南北線「北四番丁駅」 北2出口 徒歩10分 JR仙山線「仙台駅」 東北大学病院経由、北山→子平町循環など 東北大学病院前下車 バス20分
  • 022-717-7000
東北大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1992年 東北大学医学部卒業、同年 東北大学精神医学教室入局
1994年 二本松会山形病院(現 山形さくら町病院)・医員
1996年 東北大学病院精神科・医員、助手
2002年 ~2004年 ロンドン大学・精神医学研究所(Institute of Psychiatry)・客員研究員
2005年 東北大学病院精神科・講師
2011年 東北大学大学院医学系研究科 予防精神医学寄附講座 准教授
2015年 東北大学大学院医学系研究科 精神神経学分野 准教授

論文

Ohumuro N, Katsumra M, Obara C, Kikuchi T, Hamaie Y, Sakuma A, Iizuka K, Ito F, Matsuoka H, Matsumoto K. The relationship between cognitive insight and cognitive performance among individuals with at-risk mental state for developing psychosis. Schizophrenia Res. in press.
Matsumoto K, Sakuma A, Ueda I, Nagao A, Takahashi Y. Psychological trauma after the Great East Japan Earthquake. Psychiatry Clin Neurosci. 2016: 70: 318-331
Yumiko Hamaie, Noriyuki Ohmuro, Masahiro Katsura, Chika Obara, Tatsuo Kikuchi, Fumika Ito, Tetsuo Miyakoshi, Hiroo Matsuoka, Kazunori Matsumoto. Criticism and Depression among the Caregivers of At-Risk Mental State and First-Episode Psychosis Patients. PLOS ONE. 2016Feb26; 11(2)e0149875. 2016: doi: 10.1371/journal.pone.0149875
Sakuma A, Takahashi Y, Ueda I, Sato H, Katsura M, Abe M, Nagao A, Suzuki Y, Kakizaki M, Tsuji I, Matsuoka H, Matsumoto K. Post-traumatic stress disorder and depression prevalence and associated risk factors among local disaster relief and reconstruction workers fourteen months after the Great East Japan Earthquake: a cross-sectional study. BMC Psychiatry. 2015: doi: 10.1186/s12888-015-0440-y
Katsura M, Ohumro N, Obara C, Kikuchi T, Ito F, Miyakoshi T, Matsuoka H, Matsumoto K. A naturalistic longitudinal study of at-risk mental state with 2.4 years follow-up at a specialized clinic setting in Japan. Schizophr Res. 2014: 158. 32-8.
Matsumoto K, Tilo T. J. Kircher, Paul R. A. Stokes, Michael J. Brammer, Peter F. Liddle, Philip K. McGuire. Frequency and neural correlates of pauses in patients with formal thought disorder. Frontiers in PSYCHIATRY. 2013: 10(4) doi:10.3389/fpsyt.2013.00127

著書

松本和紀:直後・急性期:被災地域内の状況と支援 総論.災害時のメンタルヘルス(酒井明夫、丹羽真一、松岡洋夫監修)医学書院、東京pp52-55(2016)
松本和紀:早期診断と早期介入.精神科臨床エキスパート,外来で診る統合失調症(水野雅文編)医学書院、pp28-40(2015)
松本和紀:第2部 疾患別の早期段階における徴候、治療、対応.統合失調症.A. 早期徴候.精神科臨床エキスパート,重症化させないための精神疾患の診方と対応(水野雅文編)医学書院、東京pp80-92(2014)
松本和紀:前駆期.統合失調症.(福田正人、糸川昌成、村井俊哉、笠井清登編)日本統合失調症学会監修.医学書院,東京,pp633-639(2013)
松本和紀:4. 前駆期における非生物学的治療.専門医のための精神科臨床リュミエール,7.統合失調症の早期診断と早期介入(水野雅文編).中山書店,東京,pp72-79(2009)
松本和紀、宮腰哲夫:(翻訳)統合失調症の早期発見と認知療法-発症リスクの高い状態への治療的アプローチ (Early detection and cognitive therapy for people at high risk of developing psychosis by French P and Morrison AP, Wiley, 2004)、星和書店、東京、(2006)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。