新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

医療法人 桃恵会 心斎橋いぬい皮フ科 院長、大阪大学大学院医学系研究科皮膚・毛髪再生医学寄附講座 特任教授

日本皮膚科学会 認定皮膚科専門医・代議員 日本アレルギー学会 アレルギー専門医・指導医・試験問題作成委員会 日本褥瘡学会 評議員 日本抗加齢医学会 抗加齢専門医・評議員 日本臨床毛髪学会 理事長 日本毛髪科学協会 副理事長・資格審査委員会委員長・中長期事業計画委員会委員 日本美容皮膚科学会 理事・機関誌編集委員会委員長・推薦委員会委員・学術教育委員会委員・用語集検討委員会委員 毛髪科学研究会 世話人・監事 日本研究皮膚科学会 評議員 日本皮膚免疫アレルギー学会 代議員・広報委員会委員 日本化粧療法学会 評議員

乾 重樹 いぬい しげき 先生

公開日
2020/10/27

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 皮膚科
  • 乾先生の円形脱毛症に関する得意な領域
    • ステロイドパルス療法
    • 局所免疫療法
  • 乾先生のAGAに関する得意な領域
    • フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジル外用
  • 乾先生のアトピー性皮膚炎に関する得意な領域
    • ステロイド外用
    • 紫外線療法
  • 乾先生の尋常性乾癬に関する得意な領域
    • ステロイド外用
    • 紫外線療法
    • 生物学的製剤
  • 乾先生のかぶれに関する得意な領域
    • ステロイド外用

資格・学会・役職

日本皮膚科学会 認定皮膚科専門医・代議員
日本アレルギー学会 アレルギー専門医・指導医・試験問題作成委員会
日本褥瘡学会 評議員
日本抗加齢医学会 抗加齢専門医・評議員
日本臨床毛髪学会 理事長
日本毛髪科学協会 副理事長・資格審査委員会委員長・中長期事業計画委員会委員
日本美容皮膚科学会 理事・機関誌編集委員会委員長・推薦委員会委員・学術教育委員会委員・用語集検討委員会委員
毛髪科学研究会 世話人・監事
日本研究皮膚科学会 評議員
日本皮膚免疫アレルギー学会 代議員・広報委員会委員
日本化粧療法学会 評議員
  • 医療法人 桃恵会 心斎橋いぬい皮フ科 院長
  • 大阪大学大学院医学系研究科皮膚・毛髪再生医学寄附講座 特任教授

所属病院

心斎橋いぬい皮フ科

  • アレルギー科 皮膚科
  • 大阪府大阪市中央区南船場3丁目5-11 りそな心斎橋ビル4階
  • 大阪メトロ御堂筋線「心斎橋駅」 クリスタ長堀北8番出口 徒歩1分
  • 06-6484-5755
心斎橋いぬい皮フ科

医療記事

来歴等

略歴

1991年 大阪大学医学部医学科 卒業 医師免許取得
1991年 大阪大学医学部皮膚科学教室 入局
1992年 大阪労災病院 皮膚科 医員
1996年 米国留学(ウイスコンシン大学、ロチェスター大学)(~1998年)
1997年 大阪大学大学院 博士課程修了、学位取得
1999年 大阪大学医学部皮膚科学教室 医員
2000年 大阪大学医学部皮膚科学教室 助手
2006年 大阪大学医学部皮膚・毛髪再生医学寄附講座 准教授(附属病院皮膚科兼任)
2016年 心斎橋いぬい皮フ科 院長
2016年 大阪大学大学院医学系研究科皮膚科学講座 招聘教授
2018年 大阪大学医学部皮膚・毛髪再生医学寄附講座 特任教授

論文

  • 1.Possible role of coexpression of CD9 with membrane-anchored heparin-binding EGF-like growth factor and amphiregulin in cultured human keratinocyte growth. J Cell Physiol 171: 291-298, 1997.

    Inui S, Higashiyama S, Hashimoto K, Higashiyama M, Yoshikawa K, Taniguchi N

  • 2.Induction of TR4 orphan receptor by retinoic acid in human HaCaT keratinocytes. J Invest Dermatol 112: 426-431, 1999.

    Inui S, Lee YF, Haake AR, Goldsmith LA, Chang C

  • 3.Lack of androgen receptor transcriptional activity in human keratinocytes. J Dermatol Sci 23: 87-92, 2000.

    Inui S, Itami S, Pan HJ, Chang C

  • 4.Potential anti-androgenic activity of roxithromycin in skin. J Dermatol Sci 27: 147-151, 2001. (3.520)

    Inui S, Nakajima T, Fukuzato Y, Fujimoto N, Chang C, Yoshikawa K, Itami S

  • 5.Androgen-inducible TGF-β1 from balding dermal papilla cells inhibits epithelial cell growth: A clue to understand paradoxical effects of androgen on human hair growth. FASEB J 16: 1967-1969 (10.1096/fj.02-0043fje.), 2002.

    Inui S, Fukuzato Y, Nakajima T, Yoshikawa K, Itami S

  • 6.Differential and bi-directional regulation between TR2/TR4 orphan nuclear receptors and a specific ligand mediated-peroxisome proliferator-activated receptor α (PPARα) in human HaCaT keratinocytes. J Dermatol Sci 31: 65-71, 2003.

    Inui S, Lee YF, Chang E, Shyr CR, Chang C

  • 7.Modulation of androgen receptor transcriptional activity by anti-acne reagents. J Dermatol Sci 36: 97-101, 2004.

    Inui S, Nakao T, Itami S

  • 8.Retrospective analysis of patch test results of 87 patients with suspected cosmetic dermatitis in the recent three years (2003-2005). J Environ Dermatol 13: 95-98, 2006.

    Inui S, Murakami Y, Katayama I

  • 9.Reversal of androgenetic alopecia by topical ketoconzole: Relevance of anti-androgenic activity. J Dermatol Sci 45: 66-68, 2007.

    Inui S, Itami S

  • 10.Androgen receptor coactivator Hic-5/ARA55 as a molecular regulator of androgen sensitivity in dermal papilla cells of human hair follicles. J Invest Dermatol 127:2302-2306, 2007.

    Inui S, Fukuzato Y, Nakajima T, Kurata S, Itami S

  • 11.Pulse corticosteroid therapy for alopecia areata: study of 139 patients. Dermatology 215:320-324, 2007.

    Nakajima T, Inui S, Itami S

  • 12.Clinical significances of dermoscopy in alopecia areata: Analysis of 300 cases. Int J Dermatol 47: 688-693, 2008.

    Inui S*, Nakajima T, Nakagawa K, Itami S

  • 13.Significance of dermoscopy in acute diffuse and total alopecia of the female scalp: Review of twenty cases. Dermatology 217: 333-336, 2008.

    Inui S*, Nakajima T, Itami S

  • 14.Scalp dermoscopy of androgenetic alopecia in Asian people. J Dermatol 36: 82-85, 2009.

    Inui S*, Nakajima T, Itami S

  • 15.Fexofenadine hydrochloride enhances the efficacy of contact immunotherapy for extensive alopecia areata: Retrospective analysis of 121 cases. J Dermatol 36: 323-327, 2009.

    Inui S*, Nakajima T, Toda N, Itami S

  • 16.In vitro and in vivo evidence of pathogenic roles of Hic-5/ARA55 in keloids through Smad pathway and profibrotic transcription. J Dermatol Sci 58: 152-154, 2010.

    Inui S*, Shono F, Noguchi F, Nakajima T, Hosokawa K, Itami S

  • 17.Improvement of acne vulgaris by topical fullerene application: Unique impact on skin care. Nanomed-Nanotechnol 7: 238-241, 2011.

    Inui S*, Aoshima H, Nishiyama A, Itami S

  • 18.Androgen receptor transactivity is potentiated by TGF-β1 through Smad3 but checked by its coactivator Hic-5/ARA55 in balding dermal papilla cells. J Dermatol Sci 64: 149-151, 2011. (3.520)

    Inui S*, Itami S

  • 19.Identification and characterization of cartilage oligomeric matrix protein (COMP) as a novel pathogenic factor in keloids. Am J Pathol 179: 1951-1960, 2011.

    Inui S*, Shono F, Nakajima T, Hosokawa K, Itami S

  • 20.Narrow-band red LED light promotes mouse hair growth through paracrine growth factors from dermal papilla. J Dermatol Sci 64: 246-248, 2011.

    Fushimi T, Inui S*, Ogasawara M, Nakajima T, Hosokawa K, Itami S

  • 21.Green light emitting diodes accelerate wound healing: Characterization of the effect and its molecular basis in vitro and in vivo. Wound Repair Regen 20:226-235, 2012.

    Fushimi T, Inui S*, Nakajima T, Ogasawara M, Hosokawa K, Itami S

  • 22.Hic-5 affects proliferation, migration and invasion of B16 murine melanoma cells. Pigment Cell Melanoma Res 25:773-782, 2012.

    Noguchi F, Inui S*, Nakajima T, Itami S

  • 23.Multipotential functions of Hic-5 in growth, differentiation, migration and adhesion of human keratinocytes. J Dermatol Sci 68:197-199, 2012.

    Inui S*, Noguchi F, Nishiyama A, Itami S

  • 24.Roles of MED1 in quiescence of hair follicle stem cells and maintenance of normal hair cycling. J Invest Dermatol 133: 354-360, 2013.

    Nakajima T, Inui S, Fushimi T, Noguchi F, Kitagawa Y, Itami S

  • 25.Serum thymus and activation-regulated chemokine as disease activity and response biomarker in alopecia areata. J Dermatol 40:881-885, 2013.

    Inui S*, Noguchi F, Nakajima T, Itami S

  • 26.Induction of insulin-like growth factor-I by cepharanthine from dermal papilla cells: A novel potential pathway for hair growth stimulation. J Dermatol 40:1054-1055, 2013.

    Inui S*, Itami S

  • 27.Hair cycle control by leptin as a new anagen inducer. Exp Dermatol 23:27-32, 2014.

    Inui S*(cofirst author), Sumikawa S, Nakajima T, Itami S

  • 28.Reduction of conspicuous facial pores by topical fullerene: Possible role in the suppression of PGE2 production in the skin. J Nanobiotechnology 12: 6, 2014.

    Inui S*, Mori A, Ito M, Hyodo S, Itami S

  • 29.Acceleration of skin wound healing in keratinocyte-specific Mediator complex subunit 1 null mice. PLOS One 14; 9(8):e102271. doi: 10.1371/journal.pone.0102271. eCollection, 2014.

    Noguchi F, Nakajima T, Inui S, Reddy JK, Itami S

  • 30.Calcium-Dependent Enhancement by Extracellular Acidity of the Cytotoxicity of Mitochondrial Inhibitors against Melanoma. Mol Cancer Ther 16:936-947, 2017.

    Noguchi F, Inui S, Fedele C, Shackleton M, Itami S

著書

  • 1)乾 重樹: 第1章 毛は生え替わるーその仕組みとは?, 「おもしろサイエンス 薄毛の科学」(板見 智編)日刊工業新聞社, p8-26, 2016.

  • 2)乾 重樹: 第2章 男性の薄毛, 「おもしろサイエンス 薄毛の科学」(板見 智編)日刊工業新聞社, p28-49, 2016.

  • 3)乾 重樹: 円形脱毛症, 「専門家による私の治療2017-2018年度版」(猿田亨男, 北村惣一郎編), 日本医事新法, p986-987, 2017.

  • 4)乾 重樹: LEDの光が育毛を促進する. 赤色ナローバンドLEDが開く新たな可能性, 「やさしくわかる! 毛髪医療最前線」(板見 智編), 朝日新聞出版, p32-39, 2018.

  • 5)乾 重樹: ウィッグ着用による心理的QOLが世界で初めて科学的に解明された, 「やさしくわかる! 毛髪医療最前線」(板見 智編), 朝日新聞出版, p40-47, 2018.

その他

  • 【受賞】第3回国際毛髪科学学会, Oral Presentation Award, 2001

  • 【受賞】第27回日本皮膚免疫アレルギー学会学術大会 ポスター賞, 2002

  • 【受賞】JSID's Fellowship Shiseido Award 2013

  • 【受賞】第4回ガルデルマ賞, 2003

  • 【受賞】第24回日本美容皮膚科学会 アイデアアンドイノベーション賞, 2006

  • 【受賞】第107回日本皮膚科学会総会 ポスター賞, 2008

  • 【受賞】第8回日本抗加齢医学会総会 奨励賞, 2008

  • 【受賞】第72回日本皮膚科学会東部支部総会 会長賞, 2008

  • 【受賞】平成22年度日本皮膚科学会雑誌論文賞(The Journal of Dermatology), 2010

  • 【受賞】F1000Prime AFM Travel Grant 2013

  • 【受賞】JD Award, Most Downloaded Articles in 2013

  • 【受賞】第14回日本抗加齢医学会総会プレナリー賞, 2014

  • 【受賞】第33回日本美容皮膚科学会優秀演題賞, 2015

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。