【疾患啓発(スポンサード)】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 6d83bc63 a1c7 4524 b3f2 176e62f6a484
人工膝関節の耐久年数は?気になる費用はどのくらい?人工膝関節手術について
記事1『人工関節の材質は?手術後のリハビリは?人工膝関節手術についてでは、人工膝関節手術を実際に受ける年齢層や、手術時間、退院後のアフターフォローなどについてお話いただきました。記事2では、人工...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

人工膝関節の耐久年数は?気になる費用はどのくらい?人工膝関節手術について

公開日 2017 年 02 月 19 日 | 更新日 2018 年 09 月 21 日

人工膝関節の耐久年数は?気になる費用はどのくらい?人工膝関節手術について
山本 和良 先生

横須賀市立うわまち病院副病院長・整形外科部長・手術室/中材センター長兼任 横浜市立大学医学部 臨床教授

山本 和良 先生

記事1『人工関節の材質は?手術後のリハビリは?人工膝関節手術についてでは、人工膝関節手術を実際に受ける年齢層や、手術時間、退院後のアフターフォローなどについてお話いただきました。

記事2では、人工膝関節の費用や重さ、術後の耐久年数などについて引き続き横須賀市立うわまち病院整形外科部長の山本和良先生にお伺いしました。

人工膝関節はヒトの骨より重いのか?

人工関節の模型

実際の人工膝関節の模型を患者さんにみせると、その大きさや重さに圧倒され、驚く方もいらっしゃいます。

人工膝関節手術を受ける患者さんの中で最も多い質問は「人工膝関節は、自分の骨や関節と比べて重いのか」という質問です。人工膝関節とヒトの骨や関節の重さはそこまで大きく変わるわけではありませんが、それでもやや人工膝関節の方が重いといえます。

例えるならば、革靴を履いたときとスリッパを履いたときの脚に感じる重み程度の差です。ですから、日常生活で自覚するほど大きな差ではありませんと伝えています。

人工膝関節手術の手術費用-医療保険の適用は?

人工膝関節手術の手術費用は、症状やその方の保険種別によって大きく異なるため、個人差があります。

通常の保険診療で3割負担の場合は入院手術、食事療養費など含め、55万円ほどです。しかし、横須賀市立うわまち病院では患者さんに「限度額適用認定証」の利用をお願いしていますので、70歳未満の場合約10万円、70歳以上の場合には約5万円程度で行えることもあります。詳しくはうわまち病院医事課にご相談ください。

人工膝関節の耐久年数はどのくらい?再置換術はどのような場合に行うのか

 

骨

人工膝関節は人工物なので、酷使していれば寿命が来て緩みが生じます。緩みがひどくなれば再置換手術といって、古い人工膝関節を抜き取り、新しい人工膝関節を挿入する必要が出てきます。しかし近年は人工膝関節そのものの性能も上がり、再置換手術が必要になることは、私の経験ではほとんどなくなりました。

確かに、人工膝関節は患部に過度な力が加わる動作(ジャンプをしたり、強く足をひねるなど)に少し弱く、これらを激しく継続的に行えば、緩みが出る可能性はあります。しかし、先に述べたように人工膝関節の手術を受ける患者さんのほとんどが70〜80代のご高齢の方ですので、新しく挿入した人工膝関節に大きな衝撃や負担が及ぶほどの激しい運動をすることはほとんどありません。

また若い患者さんに対しても、無理な運動を控えていただくよう指導するので、人工物が緩むほど無茶をする方はほとんどいません。そのため、実際には再置換手術が必要になる患者さんはほとんどいません。

人工膝関節の緩みは自分で気づける?

人工膝関節の緩みとは、自分の骨と人工膝関節とのつなぎ目の部分が緩んできてしまったり、挿入した人工膝関節自体が傾いてきてしまったりすることです。このような人工膝関節の緩みはひどくなれば自分で気がつくこともあります。

しかし、ほんのわずかな緩みでは自覚症状がなく、本人が気づくことはほとんどありません。ですから、定期的な検診で専門家が人工膝関節の状態を確認することが必要です。

人工膝関節手術をすべきか迷っている患者さんへ

私は、膝が痛い方が必ずこの手術を受けなければならないとは思わないので、手術への抵抗が強い患者さんに、無理に手術を勧めることはしません。やりたいこと、行きたいところなど今後の人生にビジョンがあり、それが今ある膝の痛みがあっては実現できない方は、目的意識を持って自ら人工膝関節手術を希望します。ですから、私は手術を迷っている患者さんに「どこか行きたいところ、やりたいことはないですか?」と尋ねるようにしています。

人工膝関節手術は「第二の人生を創る手術」

山本和良先生

変形性関節症や関節リウマチの患者さんで、クリニックに通って治療を続けていても膝の変形がひどく、膝の痛みが改善されない方は、おそらく人工膝関節手術の適用になります。しかしながら、人工膝関節手術を希望するかどうかは患者さん次第です。現実に手術をすべきかどうか、迷っている患者さんも多くいらっしゃいます。

私は患者さんに人工膝関節手術を提案する際、「第二の人生を創る手術」と伝えています。人工膝関節手術が必要になる患者さんのほとんどが70〜80代で、現在の日本の平均寿命は80代後半といわれています。患者さんが残りの余生をどのように過ごしたいかが、人工膝関節手術をするかどうかの決断に大きく関わってきます。

人工膝関節手術を行う場合は、手術や術後のリハビリで1ヶ月前後痛い思いをすることにはなりますが、その後は飛躍的に歩きやすくなり、行動の幅も広がります。

実際患者さんの声を聞いていると、「手術をしてまでどうにかしたいわけではない」という方もいらっしゃいますし、「このまま死を待つだけなのは嫌だから手術をしてもっと元気になりたい」と考える方もいらっしゃいます。後者のように、膝の痛みを治して活動的な余生を送りたいという考えを持つ方の中には、なんと90歳を超えてから手術を希望する患者さんもいます。

手術で膝の痛みから解放された患者さんには、せっかく痛みに耐え手術をしたのだから、ぜひやりたいことをやって楽しく生きていただきたいと私は願っています。

横須賀市立うわまち病院ホームページ(整形外科)はこちら
 

人工関節(山本 和良先生)の連載記事

横須賀市立うわまち病院、整形外科部長。地域の中核病院 副病院長として、骨折や関節症、リウマチなどの治療にあたる。

関連記事