ふせいこうごう

不正咬合

口・のど

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

不正咬合(ふせいこうごう)とは、骨格や歯の生え方など、さまざまな原因により、上の歯と下の歯が正常にかみ合わない状態を指します。

不正咬合の種類(一例)

  • 叢生(そうせい):歯並びが凸凹になっている状態です。八重歯(やえば)も叢生のひとつです。
  • 反対咬合(はんたいこうごう):奥歯を咬み合わせたときに通常は上の前歯が下の前歯を覆うような咬み合わせになりますが、反対咬合は下の歯が上の歯よりも前に出ている状態です。俗に「受け口」と呼ばれます。
  • 過蓋咬合(かがいこうごう):咬み合わせたときに上の前歯が下の前歯に過度に覆いかぶさっている状態です。
  • 切端咬合(せったんこうごう):咬み合わせたときに上の前歯と下の前歯の先端が触れ合うような状態です。
  • 開咬(かいこう):奥歯はしっかりと咬み合っていても、上下の前歯が咬み合わない状態です。
  • 上顎前突(じょうがくぜんとつ):上顎と上の前歯が前方に突き出ている状態です。

不正咬合がある場合、状態や重症度によっては、食べ物をしっかりと噛むことができない、発音しにくい、虫歯になりやすいなどといった問題が生じることがあります。

原因

不正咬合の原因には、骨格の問題、歯の問題(歯槽の問題)、機能の問題などがあります。

骨格の問題とは、顎の骨の大きさや位置の不調和などを指します。

骨格の問題

たとえば、顎の骨が小さく、その上に普通の大きさの歯が並んだ場合、歯が入り切らないため叢生(そうせい)になることがあります。不正咬合と顔面変形を特徴とする「顎変形症」は、この骨格性不正咬合に該当します。

歯の問題

歯の傾きや大きさの不調和などを指します。

機能の問題

口を閉じる際に、歯並びが悪いために一部の歯のみが接触し、最終的に咬みこんだ下顎の位置にズレ(異常)が生じてしまうことを指します(機能的不正咬合)。

これらの問題は、口唇口蓋裂など、生まれつきの病気によるものもあれば、後天的に生じるものもあります。

後天的な不正咬合の原因としては、成長に伴う顎の発達のアンバランスなどが挙げられます。また、長期の指しゃぶりなどの癖も、後天的な不正咬合の発生に関与しているのではないかと指摘されています。

症状

不正咬合により生じる問題には、次のようなものがあります。

  • 食べ物をよく噛み砕くことができない
  • 言葉の発音に支障が生じる、正しい発音ができない
  • 虫歯や歯周病(ししゅうびょう)になりやすくなる

食べ物をよく噛み砕くことができない

歯には食べ物を噛み切り、奥歯ですりつぶすという役割があります。咬み合わせに問題があると、この機能を十分に果たすことができなくなります。たとえば開咬など、前歯が咬み合っていない不正咬合では、麺類などを前歯で噛み切ることが難しくなります。

虫歯や歯周病になりやすくなる

歯周病とは、歯垢が溜まり歯茎や歯の容れ物である歯槽骨(しそうこつ)に炎症が起こる病気です。歯並びに乱れがあることで、歯間などに歯ブラシが届きにくくなり、間接的に虫歯や歯周病を引き起こすことがあります。

このほか、不正咬合の種類や重症度によっては、睡眠時無呼吸症候群になりやすくなる傾向があるともいわれています。また、顎関節や咬み合わせに関わる筋肉に痛みが生じることもあります。

検査・診断

検査では、どのような原因・種類の不正咬合なのかを見極め、これにより治療方針を決定します。不正咬合がなぜ生じているのかを見極めるために重要な検査は、頭部X線規格写真(セファログラム)を撮影する画像検査です。

頭部の骨の状態を横および正面から撮影し、顎の形や上下の不調和、歯の傾きの程度などを詳細に確認することができます。また、お子さんに対して治療を行ううえで考慮すべき顎の骨の成長方向やバランスなども、この検査から予測することができます。

このほか、口の中の衛生状況を調べる検査や、歯型の採取、写真の撮影など、複数の検査が行われます。歯型を採取して作った立体的な模型も、不正咬合を分析するために、また、治療の計画を立てるために役立ちます。

不正咬合の分類

「アングル分類」と呼ばれる分類法を使い、奥歯のかみ合わせから上下の顎のバランスの良し悪しを見ます。この分類によって不正咬合の状態などがわかります。

治療

一般的な矯正治療

ブラケットと呼ばれる装置を歯に装着し、ワイヤーを通して歯を動かします。必要に応じて、抜歯を行うこともあります。

矯正歯科治療では、定期的な通院や矯正装置の適切な使用、丁寧な歯磨きなど、患者さん側の積極的な治療への協力が大切です。通われている施設でしっかりと指導を受け、実践しましょう。

手術

顎変形症を伴う不正咬合では、歯列の矯正治療だけでなく、外科的矯正手術(顎の骨を切りバランスのとれた位置へ移動する手術)が必要となることもあります。手術によって、下顎の骨だけあるいは上下の顎の骨を望ましい位置へ移動し、チタン製あるいは吸収性のプレートを用いて固定します。手術の前後には、歯の位置を調整するために歯列矯正が必要です。