新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
せいちゅうしんけいまひ

正中神経麻痺

最終更新日
2017年04月25日
Icon close
2017/04/25
掲載しました。

概要

正中神経麻痺とは、腕や指の運動や感覚を支配する正中神経が障害され、運動障害や感覚障害を呈するようになった状態を指します。

正中神経は、親指と人差し指、中指、そして薬指の一部にかけての手のひら側の感覚を担っています。また正中神経は運動機能も担っており、手首を屈曲させる場合でも重要です。さらに、親指の付け根に存在する「母指球筋」と呼ばれる筋肉も支配しており、親指と小指とをあわせる動作も担っています。このように正中神経は、指先の屈曲にも重要なはたらきを示します。また、正中神経は上腕から指先まで、いくつもの分枝を出しながら走行する神経であり、障害を受ける部位に応じて出現する症状は異なります。正中神経は外傷をきっかけとした骨折手根管症候群、神経炎やガングリオンなどで障害を受けます。

手の動作は多くの筋肉によって支配されており、正中神経は手の神経支配のなかでも重要な位置を占めています。さらには指先の感覚にも関与しています。したがって、正中神経麻痺を生じることで緻密な手の運動機能が著しく障害を受けてしまいます。正中神経麻痺の治療方法は、原因によって異なります。そのため保存療法や手術方法を適切に選択しつつ、機能改善を試みることが大切です。

原因

正中神経の障害は本幹で起きるのか、分枝で起きるのかによって原因はさまざまです。上腕骨の骨折では正中神経がより中枢側で障害を受けることになり、正中神経の機能が大きく障害されます。同じく骨折が前腕で起きると、部位によって手根管症候群や前骨間神経麻痺(この場合は特に上腕骨顆上骨折に関連して生じる)が発生します。

また、神経が走行する部位が周囲の構造物に狭められることから正中神経麻痺が発症することもありますが、こうした機序で発症する神経障害を一般的に「絞扼性神経障害」と呼びます。代表的には、関節リウマチや透析で発症する手根管症候群があります。運動のし過ぎと関連して回内筋症候群を発症することもあります。その他、ガングリオンや腫瘍、神経炎などでも正中神経麻痺は生じます。

症状

正中神経麻痺の症状の出現の仕方は、障害部位に応じてさまざまです。

上腕部位で正中神経が障害を受けた場合は、手のひらの感覚障害(親指から薬指の一部まで)、手首や指の屈曲障害、さらに母指球筋の萎縮が生じます。手根管症候群では、小指以外の指先にジンジンするようなしびれを感じ、特に中指に顕著に現れます。また、正中神経は筋肉を動かす命令を出しているため、麻痺が進行すると、ものを掴んだりつまんだりするような、親指とほかの指を向かい合わせにする動作(対立運動)が困難になります。さらに母指球筋の萎縮がみられるようになります。

前骨間神経麻痺では、親指と人差し指の運動に障害がみられるようになり、両方の指を使用して「OK」のサインが作れなくなります。原則として感覚障害はありません。
回内筋症候群では、肘から前腕にかけての鈍痛、正中神経が走行する領域にしびれを感じます。

検査・診断

正中神経麻痺は、身体診察における感覚障害と運動障害の広がり具合を評価することで診断されます。たとえば手根管症候群であれば、手根管症候群の診断に用いるテストとして、ティネル様サインとファーレンテストというものがあります。手首の手のひら側を打腱器という専用の器具で叩くとしびれ、痛みが指先に響きます。これをティネル様サイン陽性といいます。

また、ファーレンテストでは、身体の前で両手の甲を合わせて1分間その状態を保つあいだにしびれを感じたり、そのしびれ感が強くなったりする場合は、手根管症候群が疑われます。前骨間神経症候群であれば、親指と人差し指でうまく「O」の形を作ることができず、涙の痕のような形になります。

正中神経麻痺の症状を引き起こしている原因疾患としては、骨折関節リウマチガングリオン、腫瘍、神経炎などがあります。これらを評価するためにレントゲン写真やCT、MRI、筋電図などが適宜選択されます。

治療

外傷や腫瘍などが原因で正中神経麻痺を発症している場合には、手術療法を行います。絞扼性神経障害が疑われるときには、神経への圧迫を解除することを目的とした手術療法が選択されることもあります。また、母指球筋の萎縮が強い場合には、母指対立再建術を行います。

その他、正中神経麻痺では保存的療法をとる場合があります。具体的にはシーネ固定を利用しての局所の安静やステロイド剤の注射、ビタミンB12内服などです。これらの保存療法を行っても症状の改善がみられない場合には、神経剥離術、腱移行術などといった手術療法が障害部位に応じて検討されることになります。

「正中神経麻痺」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

関連の医療相談が7件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。