クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Skin
痒疹
痒疹(ようしん)とは、かゆみをともなうポツポツとした赤い皮膚の盛り上がりが皮膚に散在する病気を指します。 痒疹の原因は、アレルギーやアトピー性皮膚炎、虫さされ、糖尿病、妊娠など多くのものが...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません
皮膚

痒疹ようしん

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

痒疹(ようしん)とは、かゆみをともなうポツポツとした赤い皮膚の盛り上がりが皮膚に散在する病気を指します。

痒疹の原因は、アレルギーやアトピー性皮膚炎、虫さされ、糖尿病、妊娠など多くのものが挙げられていますが、原因不明のまま痒疹が発症することもあります。痒疹の経過の仕方も年齢や原因によって様々であり、1週間程度で病状が治まることもあれば慢性的に経過することもあります。

痒疹の治療は原因に対してのアプローチが必要になると同時に、皮膚の症状に対しての対症療法も行われます。ステロイド外用薬や抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬の内服などを併用しつつ、病状コントロールを図ることになります。

原因

痒疹の発症原因は多岐に渡ります。虫に刺されることに反応して生じることもあれば、食事によるアレルギー反応として痒疹が発症することもあります。その他、アトピー性皮膚炎、妊娠、糖尿病、肝臓疾患、痛風、白血病やホジキン病、扁桃炎や副鼻腔炎、鉄結合性貧血、甲状腺疾患、HIV感染、慢性腎臓病、薬剤(コカインやアンフェタミンなど)などに関連して痒疹が発症することもあります。ただし、痒疹ではこうした原因が必ずしも同定できる訳ではなく、実際には原因不明のまま痒疹を発症することもあります。

痒疹の経過は様々であり、1週間程度で治癒することもあれば、慢性的に痒疹を見ることもあります。こうした臨床経過に応じて、急性痒疹、亜急性痒疹、慢性痒疹に分類されることになります。原因によって発症様式は異なりますし、経過も異なります。

症状

痒疹では、非常に強いかゆみが生じることが特徴的です。また、皮膚症状として、赤いポツポツとした丘疹や膨疹などを認めることになります。痒疹の症状は急性でおさまることもありますが、慢性的に経過することもあります。慢性的に経過する痒疹では、数ヶ月経過することもあり、茶色い硬いイボのような皮膚症状を呈することもあります。

痒疹ではかゆみのために皮膚をかくため、不眠や食欲減退につながることもあります。また、皮膚の一部がはがれてしまい、皮膚の防御機能が損なわれ、同部位に対して細菌感染を合併することもあります。細菌感染症に関連して、伝染性膿痂疹を発症することもあります。

さらに、痒疹は内臓系疾患と関連して発症していることもあります。例えば、HIV感染症に関連して発症している場合には、易感染性を反映して日和見感染症状を併発することがあります。また、鉄欠乏性貧血であれば、動悸や易疲労感、顔色不良などの症状を認めることになります。こうした随伴する症状を確認することは、痒疹の原因を同定するためにも重要ですし、その後の治療方針の決定にも有益な情報となります。

検査・診断

痒疹の診断は、皮膚症状をもとになされることになります。皮膚の形態学的な特徴を元に診断をすることになりますが、似たような皮膚病変を呈する疾患もあるため、鑑別が必要になることもあるため、KOH法によるカビの検索をすることがありますし、皮膚病変を生検することもあります。

内臓系疾患に関連して、痒疹としての皮膚症状が生じることもあるため、そうした基礎疾患の有無を検索するための検査も必要とされます。例えば、糖尿病であればHbA1cや血糖が血液検査で測定されますし、腎臓や肝臓の疾患の有無を血液検査で評価します。鉄欠乏性貧血評価のために、ヘモグロビンやフェリチンなどを検討することもありますし、HIV感染の評価のためにウイルスの感染有無を評価することもあります。痒疹は悪性疾患を含めて内臓疾患の初発症状であることもあるため、基礎疾患の有無を検索する姿勢はとても重要なものになります。

治療

痒疹の治療では、痒疹を引き起こした誘因に対しての治療と、皮膚のかゆみに対してのアプローチが必要になります。

例えば、扁桃や副鼻腔に対しての細菌感染が原因となっていると判断される場合には、抗生物質の内服による治療が行われます。内臓の悪性疾患と関連して痒疹が発症することもあるため、悪性腫瘍に対しての手術・化学療法・放射線療法が行われることもあります。

皮膚のかゆみに対してのアプローチとしては、ステロイドやビタミンD3外用薬、抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬の内服が検討されます。ステロイドの使用方法としては、外用薬であることもあれば、内服、注射で使用することもあります。全身に皮膚症状が出現していてかゆみが強い場合には、紫外線療法が検討されることもあります。また、痒疹の丘疹や結節に対して、液体窒素を用いた凍結療法を行うこともあります。

以上のような治療方針は、基礎疾患の有無、皮膚症状の重症度、妊娠の有無、保険適応の有無などを加味して最終決定されます。また、皮膚を刺激することで痒疹によるかゆみが誘発されることがあるため、皮膚刺激を避ける工夫も必要となります。