新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
むしさされ

虫刺され

別名
虫刺症
最終更新日
2017年04月25日
Icon close
2017/04/25
掲載しました。

概要

虫刺されは、蚊やノミなどに刺されることで生じる身近な皮膚病です。「虫刺症」と呼称される場合もあります。

多くの虫刺されは、アレルギー性の軽い反応を部分的に起こすものであり、腫れや痛みを生じます。ただし、ハチやムカデなどに繰り返し刺された場合は命にかかわることがあるため、注意が必要です。

人を刺したり咬んだりする虫は、特に草むらに多く生息しています。外遊びや庭仕事をするときには、長袖や長ズボンを着用して肌の露出を減らすなど、予防対策をとるようにしましょう。また、露出する部分には虫よけ剤を用いたり、子どもには携帯用の虫よけ器を身に付けさせたりすることも効果的です。

原因

虫刺されは、さまざまな昆虫がヒトを刺したり、咬みついたり、皮膚から血を吸ったりすることで起こります。刺咬性節足動物(ハチ・クモ・ムカデなど)によるものと、吸血性節足動物(カ・ブユ・ノミ・ダニなど)によるものがあります。そのほか、ガなどの有毒毛をもつ昆虫との接触によって生じた皮膚炎も虫刺されに含まれる場合があります。

症状

症状は虫の種類によって異なります。また、年齢、刺された頻度、体質などによって個人差がみられます。一般的に、アレルギー体質の人は症状が強く出るといわれています。赤ちゃんの虫刺されは、大人と比べて腫れが大きくなりやすいことが特徴です。

主な症状は、昆虫由来の毒成分による「刺激反応」と毒成分や唾液成分に対する「アレルギー反応」によって生じる炎症です。刺激反応が起こると、刺されたり咬まれたりした直後に腫れや痛みが生じたり、皮膚が赤くなったりします。アレルギー反応が起こると、刺されたり咬まれたりした直後か約30分後に紅斑・じんましん・ショックなどの症状がすぐに出る場合(=即時型反応)と、12~48時間後に痒みのある紅斑・丘疹・水ぶくれが出る場合(=遅延型反応)があり、共通して痒みや赤みを伴う腫れがみられます。

ハチやムカデなどの刺咬性節足動物に刺された場合には、アナフィラキシーショックと呼ばれる血圧の低下や意識障害など、命にかかわる重篤な症状が現れることもあります。

検査・診断

通常、特に検査は必要ありません。しかし、他の病気と区別するために、血液検査や皮膚生検(皮膚を採取して調べる検査)などを行う場合があります。

治療

多くの場合、虫刺されは症状の軽いアレルギー性反応のため、自然に治癒します。しかし、痒みが強い場合には、ステロイド外用薬などが使用されます。患部に腫れや水疱形成が認められるなど炎症反応が強い場合や、皮疹が多発することで強いかゆみが生じている場合などには、短期間のステロイド内服を併用することがあります。

「虫刺され」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

関連の医療相談が19件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。