【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 1e1213e4 46f6 4b25 893e bb9b688a41e6
子どもがかかる病気と治療④ 虫さされ/水いぼ/やけど/日焼け/アトピー...
目次虫さされ水いぼやけど日焼けアトピー性皮膚炎(ひふえん)アレルギー性鼻炎(びえん)・結膜炎(けつまくえん)虫さされ刺された虫の種類によって、症状の出方が違います。重症化することは少ないですが、...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

子どもがかかる病気と治療④ 虫さされ/水いぼ/やけど/日焼け/アトピー性皮膚炎/アレルギー性鼻炎・結膜炎

公開日 2016 年 11 月 27 日 | 更新日 2017 年 05 月 08 日

子どもがかかる病気と治療④ 虫さされ/水いぼ/やけど/日焼け/アトピー性皮膚炎/アレルギー性鼻炎・結膜炎
五十嵐 隆 先生

国立成育医療研究センター理事長 日本小児科学会前会長

五十嵐 隆 [監修]

虫さされ

刺された虫の種類によって、症状の出方が違います。重症化することは少ないですが、長袖や長ズボンで肌の露出を少なくするなど、刺されないための予防が重要です。 

一口に虫さされと言っても、刺す虫の種類によって症状の出方が違います。蚊は通常は境い目がはっきりとした、盛り上がりのあるかゆみを伴う発疹が出ます。赤ちゃんでは大人に比べて腫れが大きくなりやすいことが特徴です。毛虫による虫さされは6〜7月が多く、かゆみを伴う赤くて細かい発疹が、刺されてから1〜2日して出てきます。蚊や毛虫による虫さされは自然に治りますが、かゆみが強い場合にはステロイド入りの軟膏を塗ります。ハチによる虫さされは痛みを伴って赤く腫れます。くり返し刺されると、人によってはハチ毒に対するアレルギー反応を起こして、命にかかわる可能性もありますが、子どもではまれと考えられています。

(京都大学大学院医学研究科 薬剤疫学教室 講師 竹内正人先生)

TOPへ戻る

水いぼ

ポックスウイルス(伝染性軟属腫 でんせんせいなんぞくしゅ ウイルス)による感染症で、治るまでに時間がかかるために皮膚科で処置を行いますが、処置をしないでよいという考え方もあります。

ポックスウイルス(伝染性軟属腫 でんせんせいなんぞくしゅ ウイルス)による皮膚の感染症で、乾燥肌やアトピー性皮膚炎の人に多い傾向があります。水いぼにかかった人と直接接したり、タオルなどを共有で使うことで感染します。発疹は小さく、中心部に水を含んでいます。自然に治りますが、平均して数カ月、長いと年単位の時間がかかることもあります。また、1カ所が治ってもほかのところにできるのが特徴です。治療は、特殊なピンセットでつまんで取る、液体窒素を使うなどの処置が皮膚科で行われます。処置をしてもほかの場所にできることもあるため、何回か続けて治療を行う必要があります。治療をせずに自然に消えるのを待つだけでよいという意見もあります。

(京都大学大学院医学研究科 薬剤疫学教室 講師 竹内正人先生)

TOPへ戻る

やけど

子どもがやけどにあうときのパターンは似ていますので、注意して予防することが大切です。また、やけどをしたら、まず始めに水の勢いを弱めた流水で十分に冷やしてください。

やけどの重症度は範囲や深さ、やけどをした場所で決まります。子どもではその子の手のひらの大きさが体全体の面積の1%前後です。一般に10%以上の広さの場合には入院が必要です。また顔や手足の比較的広い範囲にやけどをした場合も入院となることが多いです。応急処置として、水道水などで十分に、可能なら30分以上冷やして、範囲が広いようであれば早めに医療機関を受診してください。日本人の子どもでは、熱い飲食物(みそ汁やカップ麺など)がかかる、炊飯器や加湿器の蒸気を触る、お風呂へ落ちる、花火が当たる、などによるやけどが多いようです。これらを子どもの手の届くところに置かないなど、予防が最も大切です。 

(京都大学大学院医学研究科 薬剤疫学教室 講師 竹内正人先生)

TOPへ戻る

日焼け

最近、日焼けと皮膚がんとの関係についてさまざまな意見がありますが、今のところ日本人では皮膚がんの危険性が上がるという明らかな証拠はありません。

子どもは紫外線を浴びる機会が多く、一生のうちに浴びる紫外線の50%以上を20歳までに浴びるという報告があります。日焼けは紫外線による急性の皮膚障害ですが、日焼けのしやすさ、皮膚に受けるダメージには人種や個人で差があります。日焼けが皮膚がんを引き起こすと言われていますが、これは白色人種を対象に調査した結果で、日本人に当てはまるかは明らかではありません。一方で、紫外線を極端に避けた結果、ビタミンD不足となることも問題となっています。とは言っても、日焼けをしすぎると、軽いやけどの状態となり、痛みや水ぶくれを伴うため、日焼け止めなどをうまく使いながら、適度な範囲に留めておくことが大切です。 

(京都大学大学院医学研究科 薬剤疫学教室 講師 竹内正人先生)

TOPへ戻る

アトピー性皮膚炎(ひふえん)

かゆみを伴う湿疹で、良くなったり悪くなったりします。湿疹のできる場所は年齢によって変化し、左右対称性に見られます。薬物治療、スキンケア、悪化する原因への対策を行います。

かゆみを伴う湿疹で、良くなったり悪くなったりします。家族にもアトピー性皮膚炎の人がいることが多く、本人も気管支ぜんそく、アレルギー性鼻炎などほかのアレルギーをもっていることが多いです。皮膚を守る機能(バリア機能)が低下しているので、入ってきてほしくない物質や刺激が通りやすくなり、アレルギー性の炎症を起こします。湿疹のできる場所は、赤ちゃんでは頭や顔、幼児期は首や肘や膝、思春期は上半身が中心で、左右対象性に見られます。治療は、ステロイド外用薬を中心とした薬物治療、皮膚の清潔・保湿といったスキンケア、環境や食事などで悪化させている原因への対策、の3つの柱で取り組むことが重要です。

 (帝京大学医学部附属溝口病院 小児科 狩野博嗣先生)

TOPへ戻る

アレルギー性鼻炎(びえん)・結膜炎(けつまくえん)

アレルギー性鼻炎ではくしゃみ、鼻水、鼻づまりが見られ、アレルギー性結膜炎では目のかゆみや充血、涙、目やにが見られます。原因となる物質を避け、薬物治療を行います。

アレルギー性鼻炎は鼻粘膜でのアレルギー反応により、くしゃみ、鼻水、鼻づまりを起こします。アレルギー性結膜炎は結膜でのアレルギー反応により、目のかゆみや充血、涙、目やにを起こします。いずれもダニや家のほこりが原因で1年中症状が出るタイプと、花粉症のようにある季節にのみ症状が出るタイプがあります。治療は、アレルギー性鼻炎では原因物質を取り除き、避けることに加えて、抗ヒスタミン薬や抗ロイコトリエン薬、ステロイド点鼻薬などの薬物治療を行います。重症の場合は、免疫療法や手術を行うこともあります。アレルギー性結膜炎ではコンタクトレンズより眼鏡をすすめ、抗アレルギー薬やステロイド点眼薬を使います。 

(帝京大学医学部附属溝口病院 小児科 狩野博嗣先生)

※この記事は2012年当時の情報に基づいて記載しております。

TOPへ戻る

 

子どもの病気ナビ(五十嵐隆先生監修)の連載記事

東京大学小児科教授、東京大学医学部附属病院副院長を経て現在は国立成育医療研究センター理事長を務める。日本小児科学会では前会長、現在は監事を務め小児腎臓病学を専門とする。これからの小児科医のあり方についても提唱を行うとともに、後進の教育や日本の小児医療をより良くするためのアウトリーチ活動にも積極的に取り組んでいる。

関連記事