新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
ひかきしゅ

皮下気腫

最終更新日
2017年04月25日
Icon close
2017/04/25
掲載しました。

概要

皮下気腫とは、外から皮下組織の中に空気が入り溜まった状態を指します。

原因

皮下に空気が溜まる経路は大きく2つあります。1つ目は、肺や気管・気管支などの胸腔内の組織が破れる場合、2つ目は皮膚や口の中を伝って直接空気が入ってくる場合です。胸腔内の組織が破れると気胸縦隔気腫が起こすことがあり、皮下気腫の原因となります。

皮下気腫や縦隔気腫は、大声で叫んだり息をこらえたりして肺内の圧が亢進すると発生します。また、肺気腫や間質性肺炎など肺に病気がある場合にも発症することがあります。ほかにも、人工呼吸器の使用により肺へ圧力がかかりすぎてしまい、気胸が発生することもあります。

皮膚から直接空気が入ったことで皮下気腫を起こすこともあります。具体的には転倒や転落、交通外傷などによる肋骨や胸骨の骨折などが挙げられます。ほかにも医学的処置の一環として行う、胸に溜まった水や空気を抜くための胸部への穿刺、歯科治療、胸部や腹部の手術などが原因となることもあります。
 

症状

皮下気腫では疼痛を認めることはほぼないため、症状に気づきにくいです。ある程度の空気が皮下組織内に漏れれば、患部を触ったときに握雪感(ザクザクと雪を握るような感触)を感じることができます。

皮下組織内の空気の流出が止まらず皮下組織内に溜り続けた場合には、胸痛が出現することもあります。また皮下に溜まった空気が気管を圧迫し、呼吸困難が出現する場合があります。
 

検査・診断

触診で握雪感の有無や程度を確認します。またレントゲン検査を実施して、心臓や気管の周辺、首などの皮下に貯留した空気を探すこともあります。皮下気腫ではCT検査による画像診断も有用で、触診やレントゲンで診断できなかった小さな皮下気腫を検出することもできます。

治療

症状の程度によって皮下気腫の治療は異なります。多くの場合、自然に吸収されるため処置は不要です。

しかし、肺や気管、気管支に損傷があり空気が漏れ続けていると呼吸困難をおこすため、一時的に皮膚から皮下の空気を針や管を入れて抜くこともあります。しかしこの方法は根本的な治療ではないため、手術や胸膜癒着術などにより空気の通り道を塞ぎます。
 

「皮下気腫」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください