新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

福岡山王病院 脳神経機能センター長、国際医療福祉大学 教授

松島 俊夫 まつしま としお 先生

微小外科解剖の研究で世界的な権威であるフロリダ大学ロートン教授のもとに留学し、微小外科解剖を学んだ。それ以降、後頭蓋窩の微小外科解剖と手術をライフワークとしてきた。第四脳室病変への「小脳延髄裂経由法」、三叉神経痛に対する「小脳テント吊り輪牽引法」や小脳延髄槽病変や舌咽神経痛に用いる「顆窩経由法」など、微小外科解剖を学んだからこそできる手術アプローチ法をあみ出した。後進への指導も熱心で、微小外科解剖と手術の手引き書「後頭蓋窩の微小外科解剖と手術(日本語)」を2006年に、またそれを改編し、英語版として2014年に出版している。また微小外科解剖に加えて、日本人に多いもやもや病の専門家でもある。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 脳神経外科
  • 頭蓋底の外科(側頭骨・大後頭近傍病変)
  • 微小外科解剖

資格・学会・役職

  • 福岡山王病院 脳神経機能センター長
  • 国際医療福祉大学 教授
  • 医学博士 取得
  • 日本微小脳神経外科解剖研究会 顧問
  • 日本頭蓋底外科研究会 特別会員
  • 日本脳腫瘍外科学会 特別会員
  • 日本脳神経外科学会 特別会員
  • 日本神経減圧術学会 名誉会員
  • 雑誌「Neurosurgical Review 」 査読委員
  • 雑誌「International Neuroscience Journal」 Japan editorial board member

所属病院

福岡山王病院

  • 内科 糖尿病内科 代謝内科 内分泌内科 血液内科 腫瘍内科 肝胆膵内科 消化器内科 神経内科 呼吸器内科 循環器内科 腎臓内科 心療内科 外科 消化器外科 肝胆膵外科 肛門外科 乳腺外科 血管外科 心臓血管外科 呼吸器外科 整形外科 脳神経外科 形成外科 皮膚科 小児科 産科 婦人科 産婦人科 眼科 リハビリテーション科 泌尿器科 耳鼻咽喉科 放射線科 放射線診断科 放射線治療科 麻酔科 ペインクリニック内科 病理診断科
  • 福岡県福岡市早良区百道浜3丁目6-45
  • 福岡市営地下鉄空港線「藤崎駅」 徒歩15分
  • 092-832-1100
福岡山王病院

医療記事

来歴等

略歴

1974年 九州大学医学部卒業
1974年 九州大学医学部脳神経外科入局
1977年 九州大学大学院 神経病理専攻 
1980年 米国フロリダ大学脳神経外科へ留学 
1982年 九州大学医学部脳神経外科勤務  
1988年 九州大学脳神経外科講師
1995年 九州大学脳神経外科助教授
2003年 国家公務員共済組合連合会浜の町病院脳神経外科部長
2006年 佐賀大学医学部脳神経外科教授
2008年 佐賀大学医学部附属病院副院長
2014年 国際医療福祉大学脳神経外科教授, 福岡山王病院脳神経機能センター長

論文

1. Matsushima T, Rhoton AJ, Lenkey C:
Microsurgery of the fourth ventricle : Part 1 Microsurgical anatomy
Neurosurgery 1982; 11: 631-667
2. Matsushima T, Rhoton AJ, Oliveira E, Peace D:
Microsurgical anatomy of the veins of the posterior fossa
J. Neurosurg. 1983; 59: 63-105
3. Matsushima T, Fukui M, Suzuki S, Rhoton AL:
The microsurgical anatomy of the infratentorial lateral supracerebellar approach to the trigeminal nerve for tic douloureux.
Neurosurgery 1989; 24: 890-895
4. Matsushima T, Fukui M, Inoue T, Natori Y, Baba T, Fujii K:
Microsurgical and MRI anatomy of the cerebellomedullary fissure and its application for the fourth ventricle surgery. Neurosurgery 1992; 30: 325-330
5. Matsushima T, Inoue T, Suzuki O S, Fujii K, Fukui M, Hasuo K:
Surgical treatment of Moyamoya disease in pediatric patients-Comparison between the results of indirect and direct revascularization procedures.
Neurosurgery 1992; 31: 401-405
6. Matsushima T, Inoue T, Matsukado K, Natori Y, Inamura T, Ikezaki K, Fukui M:
A multiple combined indirect bypass procedure in the surgical treatment for children with Moyamoya disase --- Comparison with the original EDAS alone as a single indirect anastomosis and the STA-MCA anastomosis with EMS as a direct anastomosis ---
Neurosurgical Focus 1998; 5(5): 1-5
7. Matsushima T, Natori Y, Katsuta T, Ikezaki K, Fukui M, Rhoton AL:
Microsurgical anatomy for lateral approaches to the foramen magnum with special reference to transcondylar fossa ( Supracondylar transjugular tubercle ) approach, Skull Base Surgery 1998; 8:119-125
8. Matsushima T, Inoue T, Inamura T, Natori Y, Ikezaki K, Fukui M:
Trans-cerebellomedullary fissure approach to the fourth ventricle --- special reference to the opening methods of the fissure J Neurosurg 2001; 94:257-264
9. Matsushima T, Matsukado K, Natori Y, Inamura T, Hitotsumatsu T, Fukui M:
VA-PICA saccular aneurysm surgery through either transcondylar fossa ( Supracondylar transjugular tubercle ) or transcondylar approach --- Surgical results and indication using two different lateral skull base approaches J Neurosurg 2001; 95:268-274
10. 松島俊夫:
後頭蓋窩の微小外科解剖と手術 サイメッド・パブリケーションズ、東京、 2006
11. Matsushima T, Kawashima M, Inoue K, Matsushima K, Miki K:
Exposure of Wide Cerebellomedullary Fissure for Vascular Lesion Surgeries in Cerebellomedullary Cisterns: Opening of Unilateral Cerebellomedullary Fissures ( unilateral trans-CMF approach ) Combined with Lateral Foramen Magnum Approach. World Neurosurg.2014 Nov;82(5);e615-621.doi:10. 1016/ j.wneu.2014.04.064
12. Matsushima T:
Microsurgical Anatomy and Surgery of the Posterior Cranial Fossa. Tokyo: Springer; 2015

著書

・後頭蓋窩の微小外科解剖と手術(日本語)2006年
・Microsurgical Anatomy and Surgery of The Posterior Cranial Fossa(改定・英訳版)2014年

その他

  • 【受賞】杉森賞(佐賀大学医学部) 2007年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。