東北医科薬科大学病院 総合診療科 科長、東北医科薬科大学病院 認知症疾患医療センター センター長・福祉部 部長、東北医科薬科大学 地域医療総合支援センター センター長・地域医療学 教授

日本内科学会 認定医・総合内科専門医 日本神経学会 神経内科専門医・指導医 日本老年医学会 老年病専門医・老年病指導医

古川 勝敏 ふるかわ かつとし 先生

  • 宮城県
  • 内科

総合診療科の医師として、地域医療に力を注いでいる。「患者さん第一」の姿勢で、あらゆる患者さんの診療に尽力。地域の患者さんやご家族のことを第一に考えた診療を行い、また、診療科長として総合診療医の育成や、英語論文をはじめとする論文執筆にも精力的に取り組んでいる。

基本情報

診療科

  • 内科

受診可能な病気と得意な領域

その他の得意な領域

  • 膿皮症
  • 総合診療科
  • 内科学一般
  • 老年内科学
  • 神経科学
  • 地域医療

資格・所属学会

日本内科学会 認定医・総合内科専門医
日本神経学会 神経内科専門医・指導医
日本老年医学会 老年病専門医・老年病指導医

役職など

  • 東北医科薬科大学病院 総合診療科 科長
  • 東北医科薬科大学病院 認知症疾患医療センター センター長・福祉部 部長
  • 東北医科薬科大学 地域医療総合支援センター センター長・地域医療学 教授
  • 医学 博士
  • 日本内科学会 内科指導医
  • 日本認知症学会 認知症専門医・指導医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会 暫定指導医

所属病院

医療記事

来歴等

略歴

1988年 山形大学医学部医学科卒業
1992年 東北大学大学院医学系研究科修了・医学博士取得
1992年 東北大学病院 神経内科 医員(神経内科学)(~H4.6)
1992年 東北大学 医学部 病態生体情報学 助手(神経内科学、神経生理学)(~H6.2)
1994年 米国ケンタッキー(Kentucky)大学 ポストドクトラルフェロー(Post-doctoral fellow)(~H9.2)
1997年 米国ワシントン大学(シアトル)(University of Washington, Seattle) インストラクター(Instructor)(~H10.11)
1998年 東北大学 医学部 神経内科 助手(神経内科学)(~H13.4)
2001年 米国 国立加齢研究所(National Institute on Aging) 研究室長(~H17.5)
2005年 東北大学大学院 医学系研究科 先進漢方治療医学講座 准教授(老年内科学、漢方内科学)(~H20.1)
2008年 東北大学病院 老年科 准教授(老年内科学)(~H22.6)
2011年 東北大学加齢医学研究所 脳科学研究部門 老年医学分野 准教授(老年内科学)
(~H28.3)
2016年 東北医科薬科大学医学部 地域医療学教室 教授
    (東北医科薬科大学病院 総合診療科 科長 兼務)

論文

1)Furukawa K, Ootsuki M, Kodama M, Arai H.
Exacerbation of dementia after the earthquake and tsunami in Japan.
J Neurol.259: 1243
2)Furukawa K, Ikeda S, Okamura N, Tashiro M, Tomita N, Furumoto S, Iwata R,Yanai K, Kudo Y, Arai H.
Cardiac positron-emission tomography images with an amyloid-specific tracer in familial transthyretin-related systemic amyloidosis.
Circulation. 125: 556-557
3)Furukawa K, Arai H.
Earthquake in Japan.
Lancet. 377: 1652
4)Furukawa K, Okamura N, Tashiro M, Waragai M, Furumoto S, Iwata R, Yanai K, Kudo Y, Arai H.
Amyloid PET in mild cognitive impairment and Alzheimer's disease with BF-227: comparison to FDG-PET.
J Neurol.257: 721-727.
5)Furukawa K, Barger SW, Blalock EM,Mattson MP.
Activation of K+ channels and
suppression of neuronal activity by secreted beta-amyloid-precursor protein.
Nature 379: 74-78

著書

1.Neuroprotective Signal Transduction、Humana Press、1997年
2.Calcium Homeostasis and Signaling in Aging: Advances in Cell Aging and Gerontology、Elsevier、2002年
3.Amyloids: Composition, Functions and Pathology、NOVA publishers、2012年

その他

  • American Federation for Aging Research: Research Award(米国加齢医学研究協会研究賞)、1997年

  • The Ellison Medical Foundation: Scholar Award(エリソン医学基金学術賞)、1998年

  • 日本老年医学会学術集会 優秀演題賞受賞、2010年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。