新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

東北医科薬科大学病院 総合診療科 科長、東北医科薬科大学病院 認知症疾患医療センター センター長・福祉部 部長、東北医科薬科大学 地域医療総合支援センター センター長・地域医療学 教授

日本内科学会 認定医・総合内科専門医 日本神経学会 神経内科専門医・指導医 日本老年医学会 老年病専門医・老年病指導医

古川 勝敏 ふるかわ かつとし 先生

総合診療科の医師として、地域医療に力を注いでいる。「患者さん第一」の姿勢で、あらゆる患者さんの診療に尽力。地域の患者さんやご家族のことを第一に考えた診療を行い、また、診療科長として総合診療医の育成や、英語論文をはじめとする論文執筆にも精力的に取り組んでいる。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 内科
  • 膿皮症
  • 総合診療科
  • 内科学一般
  • 老年内科学
  • 神経科学
  • 地域医療

資格・学会・役職

日本内科学会 認定医・総合内科専門医
日本神経学会 神経内科専門医・指導医
日本老年医学会 老年病専門医・老年病指導医
  • 東北医科薬科大学病院 総合診療科 科長
  • 東北医科薬科大学病院 認知症疾患医療センター センター長・福祉部 部長
  • 東北医科薬科大学 地域医療総合支援センター センター長・地域医療学 教授
  • 医学 博士
  • 日本内科学会 内科指導医
  • 日本認知症学会 認知症専門医・指導医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会 暫定指導医

所属病院

東北医科薬科大学病院

  • 内科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 腫瘍内科 糖尿病・代謝内科 腎臓・内分泌内科 脳神経内科 感染症内科 緩和ケア内科 呼吸器外科 心臓血管外科 消化器外科 乳腺・内分泌外科 整形外科 脳神経外科 形成外科 肝臓・胆のう・膵臓外科 ペインクリニック外科 精神科 血液・リウマチ科 小児科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射腺科 病理診断科 救急科 歯科口腔外科 麻酔科
  • 宮城県仙台市宮城野区福室1丁目12-1
  • JR仙石線「陸前高砂駅」 徒歩7分
  • 022-259-1221
東北医科薬科大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1988年 山形大学医学部医学科卒業
1992年 東北大学大学院医学系研究科修了・医学博士取得
1992年 東北大学病院 神経内科 医員(神経内科学)(~H4.6)
1992年 東北大学 医学部 病態生体情報学 助手(神経内科学、神経生理学)(~H6.2)
1994年 米国ケンタッキー(Kentucky)大学 ポストドクトラルフェロー(Post-doctoral fellow)(~H9.2)
1997年 米国ワシントン大学(シアトル)(University of Washington, Seattle) インストラクター(Instructor)(~H10.11)
1998年 東北大学 医学部 神経内科 助手(神経内科学)(~H13.4)
2001年 米国 国立加齢研究所(National Institute on Aging) 研究室長(~H17.5)
2005年 東北大学大学院 医学系研究科 先進漢方治療医学講座 准教授(老年内科学、漢方内科学)(~H20.1)
2008年 東北大学病院 老年科 准教授(老年内科学)(~H22.6)
2011年 東北大学加齢医学研究所 脳科学研究部門 老年医学分野 准教授(老年内科学)
(~H28.3)
2016年 東北医科薬科大学医学部 地域医療学教室 教授
    (東北医科薬科大学病院 総合診療科 科長 兼務)

論文

1)Furukawa K, Ootsuki M, Kodama M, Arai H.
Exacerbation of dementia after the earthquake and tsunami in Japan.
J Neurol.259: 1243
2)Furukawa K, Ikeda S, Okamura N, Tashiro M, Tomita N, Furumoto S, Iwata R,Yanai K, Kudo Y, Arai H.
Cardiac positron-emission tomography images with an amyloid-specific tracer in familial transthyretin-related systemic amyloidosis.
Circulation. 125: 556-557
3)Furukawa K, Arai H.
Earthquake in Japan.
Lancet. 377: 1652
4)Furukawa K, Okamura N, Tashiro M, Waragai M, Furumoto S, Iwata R, Yanai K, Kudo Y, Arai H.
Amyloid PET in mild cognitive impairment and Alzheimer's disease with BF-227: comparison to FDG-PET.
J Neurol.257: 721-727.
5)Furukawa K, Barger SW, Blalock EM,Mattson MP.
Activation of K+ channels and
suppression of neuronal activity by secreted beta-amyloid-precursor protein.
Nature 379: 74-78

著書

1.Neuroprotective Signal Transduction、Humana Press、1997年
2.Calcium Homeostasis and Signaling in Aging: Advances in Cell Aging and Gerontology、Elsevier、2002年
3.Amyloids: Composition, Functions and Pathology、NOVA publishers、2012年

その他

  • American Federation for Aging Research: Research Award(米国加齢医学研究協会研究賞)、1997年

  • The Ellison Medical Foundation: Scholar Award(エリソン医学基金学術賞)、1998年

  • 日本老年医学会学術集会 優秀演題賞受賞、2010年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。