新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

歯周病を予防するポイントは? 長く健康な歯を保つための工夫

歯周病を予防するポイントは? 長く健康な歯を保つための工夫
吉野 敏明 先生

医療法人社団誠敬会 吉野歯科診療所 理事長、新潟大学 歯学部非常勤講師  、昭和大学 兼任講師

吉野 敏明 先生

田中 真喜 先生

医療法人誠敬会 誠敬会クリニック 理事長

田中 真喜 先生

食生活を支える上で、歯は、欠かすことができない存在です。その歯を支えている歯周組織をむしばむのが歯周病です。歯周病になると、単に歯だけではなく、時として全身にわたって病気を引き起こすことを前項ではご覧いただきました。
ここでは、誠敬会クリニック内科・歯科会長の吉野敏明先生と、同じく誠敬会クリニック内科・歯科理事長の田中真喜先生に、歯周病予防として重要な歯の磨き方など、セルフケアの方法についてお話をうかがいます。

歯周病は、プラークとよばれる口腔内に繁殖した細菌の塊によって引き起こされます。したがって、歯周病を予防するためには、歯や歯肉、口腔内を清潔に保つことがきわめて重要です。
歯周病の予防方法は、歯ブラシを使って口腔内の清掃を行う方法が効果的です。ただし、磨き方によってはプラークを残したままになってしまい、歯周病や虫歯を引き起こしてしまいます。

近年では電動歯ブラシが普及し、多くの方が利用するようになってきました。たしかに、電動歯ブラシは、臼歯(奥歯)などの届きにくい部位の歯磨きを行う上で非常に便利です。しかしながら、歯と歯肉の境目にプラークがたまりやすくなりますので、一本一本歯の裏表にブラシを当てて磨かなければ、歯周病を予防することはできません。逆にいえば、きちんと歯肉と歯の境目を磨けるのであれば、必ずしも電動歯ブラシではなくてもよいともいえます。
なお、歯ブラシの毛先がすぐに開いてしまう方は、磨き方に問題がある場合が多いです。電動歯ブラシ・ふつうの歯ブラシともに強く力を入れて磨くと歯が歯肉を傷つけてしまいかえって逆効果です。ゴシゴシとこするよりは、プラークがたまりやすい歯と歯肉の間を、小刻みに力を入れず磨くように意識することが大事です。定期的に歯科医院で診察を受ける際に、歯ブラシや磨き方について相談するとよいでしょう。

結論からいいますと、うがい薬でうがいをしただけでは、歯周病の原因菌は死滅しません。
歯と歯肉の境目に潜んでいる歯周病菌は、多糖体でできたネバネバした物質を作り出し、膜状の構造物を作り出します(バイオフィルムといいます)。そのため、うがい薬の殺菌作用が及ばず生き残る歯周病菌が出てくるためです。また、うがい薬を多用することによって、口腔内の健康維持に必要な「常在菌」と呼ばれる菌が減ってしまいかねません。まずは、正しい方法できちんと歯磨きをすることが何より重要です。

歯磨き粉は、研磨剤の一種です。そういった視点からすれば、歯の表面についた汚れを落とす上で効果はあります。しかしながら、歯磨き粉をたくさんつけてもあまり意味がありません。むしろ、歯磨き粉の中に含まれる清涼感を感じる成分によって、磨き残しがあるのに、歯や歯肉についているプラークが落ちたと錯覚してしまう恐れもあります。歯磨き粉を使うときは最小量にし、正しい磨き方ですべての歯のプラークを落とすことが重要です。

正しい歯磨きを行う上で、大前提となるのは以下のポイントです。
1:できるだけ新しい歯ブラシを使う。
できれば2週間に1本、最低でも1ヶ月で交換しましょう。
2:正しい力で磨く。
ごしごし強い力で磨くと、歯や歯肉を傷めてしまい、かえって逆効果です。
3:歯ブラシを細かく動かすことを意識する。
歯周病の原因になるプラークは、ポケットと呼ばれる歯と歯肉のすきまに潜んでいます。そのため、細かく歯ブラシを動かし、1本ずつ歯の表裏の根本を磨くように意識することが大事です。ごしごし歯ブラシを大きく動かして磨くと、歯がすり減ってしまい、かえって歯の健康を損ねることになりかねません。

また、歯の形は部位によって違いがあります。そのため、プラークがたまるポイントである歯と歯肉の境目を的確に磨くことが難しくなります。上手に歯を磨く方法として、以下の2つの方法がよく知られています。

歯ブラシの毛先を歯と歯肉の境目に45゜になるように当てて、前後に数ミリ細かく動かして磨く方法です。一般的に、歯と歯肉の間にあるプラークを除去するために使われます。

バス法①

バス法①

バス法②

バス法②

歯ブラシの毛先を、歯と水平にあて、前後に細かく動かして磨く方法です。歯の表裏を問わず、広い面を磨くのに使われます。

スクラビング法①

スクラビング法①

スクラビング法②

スクラビング法②

この他に、歯間ブラシやデンタルフロスなどといった、歯の間のプラークを除去するための道具もあります。歯並びなどの状態によっては、歯間のプラークがたまりやすくなりますので、歯科医師と相談した上で適宜使用するとよいでしょう。

記事1:歯周病とはどんな病気か。食生活やライフスタイルの変化で発症する方が増えている
記事2:歯周病の原因とは? 歯周病に関する様々な疑問を解明
記事3:歯周病を予防するポイントは? 長く健康な歯を保つための工夫
記事4:どうして歯周病は危険なのか? 歯周病を放っておくと引き起こす可能性がある合併症とは
記事5:歯周病の治療。スケーリングから外科的手術までを解説

    関連の医療相談が10件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

    「歯周病」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください