新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

変形性脊椎症の検査ーMRI検査を行う場合とは?

変形性脊椎症の検査ーMRI検査を行う場合とは?
曽雌 茂 先生

東京慈恵会医科大学 整形外科 教授

曽雌 茂 先生

変形性脊椎症」というものがあります。しかし、これ自体は病気ではありません。年を重ねると顔にシワができるのと同じように、年を重ねると椎体や椎間板にも変化が起きます。これらのことを変形性脊椎症というのです。
変形性脊椎症は何かの病気につながることはないのでしょうか? 東京慈恵会医科大学整形外科学准教授の曽雌茂先生にお話をお聞きしました。

変形性脊椎症は年齢なりの変化です。それ自体で病気とはいえませんし、必ずしも症状が起きるわけではありません。しかし、それがひどくなるといくつかの病気につながることがあります。

ここからは、変形性脊椎症がどのような病気につながる可能性があるのか、という点について述べていきます。変形性脊椎症から脊椎の変化が起きると、それが神経を圧迫することがあります。神経が圧迫されると、「頚椎症性脊髄症」や「脊柱管狭窄症」などが引き起こされることがあります。このような病気が疑われるときにはMRI検査などをすることがあります。

「どのようなときにMRI検査をするのか?」という点については、基本的には「神経圧迫症状が出ているとき」という基準がひとつの目安になります。神経圧迫症状に該当するのは、手足のしびれや手足の動かしづらさなどです。また、痛みがしつこく続いているときにもMRIを撮影します。

神経症状が出ているときには、頚椎症性脊髄症脊柱管狭窄症のほかにも、さまざまな病気の可能性が考えられます。症状が出ているときにこそきちんとした診断を受けることが必要です。

腰部脊柱管狭窄症が疑われるときには、「閉塞性動脈硬化症(下肢の血流が悪くなる病気)」が起きているかどうかを調べる必要があります。腰部脊柱間狭窄症も閉塞性動脈硬化症も間欠跛行(長い距離を続けて歩くことができない)という同じ症状がでることと、腰部脊柱管狭窄症と「閉塞動脈硬化症」を合併していることがあるからです。そのため、下肢の血流の検査を行っていきます。

あくまで症状ありきですが、これらの検査をすることによって、腰部脊柱管狭窄症や頚椎症性脊髄症などの病気が見つかることがあります。どの病気かによって治療や手術は異なります。

ひとつ言えることは、適切に治療をするためには早期発見が大切だということです。もちろん、慌てて治療する必要がないことも多いのですが、適切なタイミングで適切な治療をすることが大切です。

変形性脊椎症から病気を引き起こさないためにできることもありませんし、必要以上に神経質になることもありません。たとえば、レントゲンで変化があったからと言って安静にする必要はもちろんありません。適度な運動をしていくことは常に重要です。前の記事でも述べましたが(参考:「変形性脊椎症とは。病気ではないが、病気につながることがある」)、太りすぎずに標準体重を目指すということが大切なのです。

受診について相談する
  • 東京慈恵会医科大学 整形外科 教授

    曽雌 茂 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連の医療相談が12件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

    「変形性脊椎症」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。