【疾患啓発(スポンサード)】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 d8ce13f4 aabc 42df b669 68098d71b2e9
成人脊柱変形とは?−QOL低下やADL障害につながる症状について
成人脊柱変形とは、大人になってから発症する脊柱変形のことを指し、さまざまな病態がみられます。その一方で、ほぼ共通してみられる症状には痛み、直立・起立が続けられないといったものが挙げられます。QO...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

成人脊柱変形とは?−QOL低下やADL障害につながる症状について

公開日 2019 年 02 月 04 日 | 更新日 2019 年 02 月 06 日

成人脊柱変形とは?−QOL低下やADL障害につながる症状について
大谷 和之 先生

国家公務員共済組合連合会 九段坂病院 整形外科

大谷 和之 先生

目次

成人脊柱変形とは、大人になってから発症する脊柱変形のことを指し、さまざまな病態がみられます。その一方で、ほぼ共通してみられる症状には痛み、直立・起立が続けられないといったものが挙げられます。

QOL(生活の質)低下やADL(日常生活動作)障害につながる成人脊柱変形の症状について、国家公務員共済組合連合会 九段坂病院の大谷和之先生にお話を伺いました。

成人脊柱変形とは?

大人になってから発症する脊柱変形

成人脊柱変形とは、その名のとおり、大人になってから発症する脊柱変形を指します。脊柱の変形が原因で、痛み、直立保持困難、長距離歩行困難といった症状があらわれます。このような症状は、患者さんのQOL(生活の質)低下やADL(日常生活動作)障害につながるため、それらを改善するために治療を行う必要があります。

成人脊柱変形の治療について、詳しくは記事2記事3をご覧ください。

成人脊柱変形は変性側弯症などのいくつかの疾患群の総称である

成人脊柱変形に分類される疾患群には、以下のとおりいくつかの種類があります。

  • 変性側弯症(背骨が左右に曲がっている)
  • 変性後弯症(背骨が後ろに曲がっている)
  • 変性後側弯症(側弯変形と後弯変形の合併でもっとも高頻度)
  • 小児期の特発性側弯症の成人期悪化例
  • 脊椎固定術後の隣接部における後弯変形
  • 医原性の後弯症(手術などの結果、後弯位で変形癒合してしまった)
  • 骨粗しょう症による椎体骨折後の後弯変形

など

かつて、これらは個々の病名で称されていましたが、近年では「成人脊柱変形」と総称しています。

高齢化などの影響で脊柱変形に対する手術は増加している

近年、脊柱変形(小児を含む)に対する手術は増加しています。その背景にはまず高齢化があり、それに加えて、かつては加齢現象の結果とみなされ治療の対象とならなかったいわゆる「高齢者の腰曲がり」が、病態解明によって「成人脊柱変形」として認知されるようになり、医療技術の進歩によって治療できるようになったことが影響していると考えられます。

成人脊柱変形の手術について、詳しくは記事3をご覧ください。

成人脊柱変形の症状

腰痛や直立姿勢保持・直立歩行の困難など

成人脊柱変形による代表的な症状は、以下のとおりです。

  • 腰痛(立位時、背中の筋疲労によるもの)
  • 直立姿勢保持困難
  • 直立歩行困難
  • 胃食道逆流症(腹圧の上昇と肋骨による腹部の圧迫で起こる)などの消化器症状

胃食道逆流症になると食事の量が減り、体重が減少することがあります。

成人脊柱変形における問題とは?

さまざまな症状によってQOLが低下する

これまでお話ししたように、成人脊柱変形はADL障害を引き起こし、さらに慢性の腰痛や社会的活動の低下、姿勢の変化による劣等感や不健康感を伴うため、QOLの低下につながります。成人脊柱変形がQOLに与える影響は、関節炎や慢性肺疾患、糖尿病などの慢性疾患よりも大きいといわれ、また、脊柱変形のある高齢女性は入院のリスクが高く、生命予後が悪化するという報告もあります。

このような点から、成人脊柱変形に対しては可能であれば手術などの治療を行い、QOLの低下を防ぐことが重要です。ただし、すべての方が手術適応となるわけではありません。また、成人脊柱変形の手術は長い時間を要する大掛かりな手術で、合併症のリスクも伴います。そのため、治療(手術)によるメリットとデメリットを踏まえたうえで、治療法を選択することが大切です。(成人脊柱変形の治療について、詳細は記事2をご覧ください)

後弯になるとADL障害を起こしやすい

変性後側弯症に伴う典型的な姿勢

後弯(背骨が後ろに曲がっている)になると、少しでも重心をもとに戻そうとして、Aのように膝を曲げ、股関節を後ろにそらすことで立った姿勢を保持します。しかし、このような無理な姿勢は筋疲労のため長く続けられず、数十秒でBのように膝に手を置く前傾姿勢になってしまいます。

この例からわかるように、成人脊柱変形では、後弯になるとADL障害を起こしやすいといえます。

大谷和之先生からのメッセージ

 

大谷和之先生

当院の整形外科では成人脊柱変形の手術を数多く行っており、全国から患者さんがいらっしゃいます。先ほど述べたようにすべての患者さんに手術が適応となるわけではありませんが、気になることがある方、成人脊柱変形で手術を検討されている方については、まず病院を受診して診察を受けていただくことをおすすめします。

基本的に当院では、成人脊柱変形の患者さんに対し、初診で手術を決めることはほぼありません。まずは治療のメリットとデメリットをきちんと患者さんにご説明し、さらにお話のなかでそれぞれの患者さんの人生観や価値観を理解してから、最終的に患者さんに治療を選択していただくようにしています。

「手術をして元気に余生を過ごしたい」という方もいれば、「手術はせずに可能な範囲で生活を続けたい」という方もいらっしゃいます。私たちは患者さんの人となりを理解して、最終的に患者さんのご希望が叶うよう、全力でサポートします。

 

成人脊柱変形(大谷和之先生)の連載記事

「正しい診断ができれば、自ずと正しい治療法が導き出される」という信念をもち、頚椎から腰椎まで全ての脊椎・脊髄疾患の保存治療および手術治療を行っている。

関連の医療相談が10件あります

関連記事