疾患啓発(スポンサード)

成人脊柱変形の診断、保存的治療、手術適応

成人脊柱変形の診断、保存的治療、手術適応
大谷 和之 先生

国家公務員共済組合連合会 九段坂病院 整形外科

大谷 和之 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

成人脊柱変形とは、大人になってから発症する脊柱変形を指します。記事1では、成人脊柱変形の症状についてご説明しました。成人脊柱変形は、症状が軽度の場合には保存的治療を検討しますが、一方、重度の場合には手術を選択することがあります。

成人脊柱変形の診断、保存的治療、手術適応について、国家公務員共済組合連合会 九段坂病院の大谷和之先生にお話を伺います。

成人脊柱変形の診断

問診と診察後に、基本的にはX線検査などによる画像診断を行う

成人脊柱変形の診断では、まずは問診にて症状などを伺い、診察の後、基本的にはX線検査などによる画像診断を行います。

 

腰椎変性後側弯症のX線検査画像 画像提供:大谷和之先生 

成人脊柱変形の治療における基本方針

軽度であれば保存的治療を、重度なら手術を検討する

症状が軽度の脊柱変形であれば、まずは保存的治療を検討します。成人脊柱変形に対する保存的治療には、薬物療法、運動療法、外固定(コルセットなど)などがあります。一方、重度の症状が出ている場合は、外科的治療(手術)を検討します。

成人脊柱変形に対する保存的治療

薬物療法−痛みがある、または胃食道逆流症が主訴の場合など

成人脊柱変形で、炎症や神経障害による痛みが症状としてあらわれている場合、以下のような薬物療法が有効とされています。

  • 非ステロイド性抗炎症薬
  • プレガバリン
  • オピオイド鎮痛薬
  • 抗うつ薬

など

また、胃食道逆流症が主訴の場合には、プロトンポンプ阻害薬が有効とされています。

骨粗しょう症を併存している場合、積極的に治療する

患者さんが女性の場合、骨粗しょう症を併存していることが多いです。そのような場合、新たに骨折して脊柱変形が悪化するのを防ぐために、積極的に骨粗しょう症の治療を行う必要があります。

骨粗しょう症の治療では、まず骨密度と骨代謝マーカーを測定し、患者さんの年齢と重症度を考慮して薬物療法を行います。

運動療法−背筋運動療法が有効な例もある

いくつかの薬物療法をご紹介しましたが、残念ながら、薬物療法は脊柱変形そのものに有効ではありません。そのため、これまでさまざまな運動療法が考案されてきました。たとえば、脊柱後弯のある高齢者に対する背筋運動療法は、背筋力の増強やQOL改善に有効とされています。

成人脊柱変形の手術適応

保存的治療の効果がなく、痛みやADL障害が大きい場合に手術を検討する

保存的治療の効果がみられず、脊柱変形による痛みやADL障害が大きいケースでは、手術による治療を検討します。その場合、以下のような点を考慮し、総合的に検討したうえで手術適応を判断します。

  • 患者さんが希望される目標を手術によって提供できるか
  • 年齢や併存症の有無などを含めた全身状態
  • 手術による身体的な負担
  • 合併症の可能性

など

上記に加えて、手術を行う場合は「骨質」がよいと理想的です。

年齢はひとつの基準ですが、単なる暦上の年齢ではなく、患者さんの全身状態を考慮します。

次の記事では、成人脊柱変形に対する手術について詳しくご説明します。