へんけいせいせきついしょう

変形性脊椎症

骨・関節

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

変形性脊椎症とは、主に加齢により生じる椎間板や椎体の変化のことです。変形性脊椎症は形態学的な変化を表現する言葉であり、必ずしも症状を伴うわけではなく、無症状のことがほとんどです。年齢と共に顔にシワが出てくるのと同じようなもののため、変形性脊椎症は加齢性の変化としてある意味当然のことといえます。変形性脊椎症では神経が圧迫されるため、腰だけでなく背中や下肢に痛みが生じます。

変形性脊椎症では、日常生活で重たいものを持つ機会を減らす、体重を減らす、タバコを控えるなど、生活スタイルの改善が必要になります。症状が出現した時には、安静を保ったりコルセットをまいたりするなどして対応します。

原因

脊椎は、椎骨(椎体)という骨と、その間にあるクッションの働きをする椎間板でできています。クッションである椎間板は、若い頃からさまざまな力を受けていまが、加齢とともに徐々に退行変性してするため、徐々にその弾力性が失われていき、クッションとしての役目を果たせなくなっていきます。

さらに、骨(椎体)にも影響が出て、骨棘(こつきょく)が形成されていきます。この骨棘形成自体は、年齢を重ねる中でほぼすべての人に見られる現象のため、ある意味年齢を重ねることに伴う生理的な変化であるといえます。

椎骨はいくつも縦に連なっていて、内部には脊柱管と呼ばれる空間が形成されています。脊柱管の中には、神経の集まった塊である脊髄が納まっています。脊髄は首から腰にかけて場所がうつるにつれて、一本一本ほぐれるようになり、最終的には馬の尻尾のような見た目を呈する馬尾(ばび)神経を形成するようになります。脊柱管内に存在する神経は、通常であれば骨から刺激を受けることはありません。しかし加齢などにより変形性脊椎症を発症すると骨棘で神経を刺激してしまうため、腰痛などの症状を呈するようになります。

加齢現象と共に生じる変形性脊椎症ですが、背骨に負担がかかるような動作(スポーツや重量挙げなど)をする機会が多いと発症リスクが上昇します。また、喫煙、糖尿病、遺伝などが発症に関係しているという説もあります。

症状

変形性脊椎症では、どの神経が圧迫されるかによって全身の異なる部位に症状が出現するようになります。脊髄神経の末端部位に当たる馬尾神経が圧迫を受けると、間欠性跛行(かんけつせいはこう)と呼ばれる症状が生じます。間欠性跛行では、一定の距離を歩くと足にしびれや痛みが生じますが、休息を取ることにより再び歩けるようになります。また、下肢のしびれや痛みを自覚するほか、排尿障害を呈することもあります。手の感覚や運動を司る神経が影響を受けた場合は、手に痛みやしびれなどを認めるようになります。

検査・診断

変形性脊椎症では、まずレントゲンの撮影による検査を実施して、骨棘形成や椎間板の変化などを調べます。また、さらに詳細な評価を行なうために、MRIや脊髄造影などの検査を追加で実施することもあります。これにより、脊柱の狭窄具合や椎間板の変化、神経への圧迫状況などをより詳細に調べることができ、これら検査の結果をもとに最終的に診断が行われます。

治療

変形性脊椎症は、症状を引き起こしていない限り治療介入を行うことはありません。ただし脊椎の変形が進行すると、神経圧迫の症状や変形に伴う疼痛を生じることがあるため、治療介入が検討されることになります。また変形性脊椎症では、腰部脊柱管狭窄症や頚椎症性脊髄症などの病気が見つかることがあるため、どの病気を合併しているかによって、治療や手術は異なります。

変形性脊椎症から何かしらの症状が出現している場合には、痛み止めによる痛み対策、コルセット装着による局所の安静、理学療法や神経ブロックなどが検討されます。

こうした保存的療法で症状の改善がない場合には、手術的な治療介入が検討されます。