S414x320 d7e30c29 bed5 4340 9096 8976fca7a638

インタビュー

公開日 : 2016 年 04 月 13 日
更新日 : 2017 年 05 月 08 日

漢方薬の副作用について-ドラッグストアの漢方薬は安全?

九州大学大学院医学研究院地域医療教育ユニット 准教授
貝沼 茂三郎先生

漢方薬は一般的に「副作用が少ない」と認識されています。確かに西洋医学の薬に比べると、医師が処方する漢方薬の副作用は非常に少ないものであるといえます。しかし、漢方外来を担当されている九州大学大学院医学研究院地域医療教育ユニット准教授の貝沼茂三郎先生は、ドラッグストアなどで処方箋不要で購入できる漢方薬の中には、飲み方に注意を払わねばならないものもあるとおっしゃいます。本記事では、漢方薬のメリットとデメリットについて貝沼先生にお伺いしました。

漢方薬のメリットは?

副作用が少ないこと

漢方薬のメリットは、西洋医学の薬に比べて副作用が非常に少ないことです。そのため、抗がん剤の副作用を抑えるために漢方薬を用いることもあります。また、器質的な問題がないにも関わらず不調が現れているときは、漢方薬を使用した方がよいこともあります。しかし漢方薬もまったく副作用がない訳ではないため、定期的な診察や検査を受ける必要があります。

東西医学の融合

西洋医学ならびに漢方医学にはそれぞれの良さがあります。また、日本だけが医師免許を取得すれば、医師はだれでも西洋薬も漢方薬も自由に処方することができます。日本にはこのようなメリットがあるため、「東西医学の融合」により、西洋と東洋の治療法を適材適所で使い分けることで、患者さんによりよい医療を提供できるだけでなく、医療経済にも貢献できるのではないかと考えています。