S414x320 c2835b42 f2c0 4066 9a9a 2694e03a6a0a

タイアップ

公開日 : 2017 年 05 月 01 日
更新日 : 2017 年 05 月 17 日

マンモグラフィで乳がんの判別が難しい高濃度乳房 その特徴や病気のリスクについて正しく理解する

近年、乳がんの判別が難しい高濃度乳房が話題になっています。高濃度乳房では、なぜ乳がんの診断が困難なのでしょうか。静岡県立静岡がんセンター 生理検査科・乳腺画像診断科の植松孝悦先生にお話を伺いました。

高濃度乳房を知る前に ~乳房の基礎知識~

乳房の構造とは

乳房の構造

乳房は主に乳腺実質脂肪組織から成り立っています。

乳房の土台を作っているのは乳腺実質で、乳汁を作る乳腺(小葉)と、乳汁を乳頭に運ぶ管(乳管)から形成されます。その周りを囲むように覆っている部分が脂肪組織です。乳房は、主にこの2つの組織によって構成されています。

高濃度乳房とは?

乳腺実質の割合が多い乳房

高濃度乳房とは、乳腺実質の割合が多い乳房のことです。乳腺実質内に混在する脂肪の割合が40~50%程度以下を目安にして判断します。

乳房にX線を照射すると、乳腺実質は白く、脂肪組織は黒く写し出されます。高濃度乳房の患者さんでは、乳腺の割合が多いため、乳房の大部分が白く、そして非常に強く(濃く)写ります。

高濃度乳房のレントゲン画像

マンモグラフィ画像で見る「脂肪性乳房」と「高濃度乳房」の違い

マンモグラフィで撮影されたX線画像の乳房は、乳腺実質と脂肪組織の比率から下記の4つのタイプに分類されます。

----

①極めて高濃度乳房

②不均一高濃度乳房

③乳腺散在乳房

④脂肪性乳房

---

このうち、①極めて高濃度乳房と、②不均一高濃度乳房の2つのタイプが高濃度乳房と呼ばれています。

乳房の構成

 

乳がんのページへ

連載記事

関連記事