新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

JRAT(大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議会)とは?

JRAT(大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議会)とは?
栗原 正紀 先生

長崎リハビリテーション病院 院長

栗原 正紀 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

東日本大震災をきっかけに発足したJRAT(大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議会)。JRATは、関東・東北豪雨災害、熊本地震災害をはじめとして、災害のフェーズに合わせたリハビリテーション支援を実施しています。JRATの活動や発足の経緯について、代表を務める栗原正紀先生にお話を伺います。

詳しくは慢性期.comのページをご覧ください。

JRAT(大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議会)では、災害のフェーズに合わせたリハビリテーション支援を実施しています。

災害のフェーズに合わせたリハビリテーション支援

平時から参加団体が相互に連携し、各地域において住民と共に災害に立ち向かえるように「災害リハビリテーション支援チーム」を発足させます。大規模災害の発生時には、要配慮者*、新たな障害者、被災高齢者などが自立生活を再建できるようリハビリテーション支援を行うことを目的とします。

要配慮者・・・視覚・聴覚障害者、肢体不自由者、乳幼児、高齢者、傷病者・入院患者、妊産婦等の自力避難等の対応が困難な方、外国人・旅行者など、災害時に被害を受けやすい立場の方。

栗原 正紀 先生

JRATには、以下のようにさまざまな職種が参入し連携をとります。

  • リハビリテーション医
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士
  • 看護師
  • ケアマネジャー
  • 義肢装具士
  • そのほか医療福祉関連職

大規模災害に見舞われた地域(以下、被災地)の避難所では、災害による混乱や環境の変化により、生活が不活発になります。そのため、体の機能や認知機能の低下、呼吸・循環器疾患、深部静脈血栓症(DVT)などが起こりやすくなります。

2013年にJRATを立ち上げてからは、2015年の関東・東北豪雨災害、2016年の熊本地震災害などを中心に活動を行いました。「救命だけでなく、被災地での生活を再建する」という考え方は、地域におけるリハビリテーション医療のあり方と共通のものです。

 

JRATの活動の様子
JRATの活動の様子

 

慢性期.com

受診について相談する
  • 長崎リハビリテーション病院 院長、長崎県脳卒中検討委員会 委員

    栗原 正紀 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。