クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Noimage s500x350
コケイン症候群
コケイン症候群とは、年齢が若いうちから老化が現れる疾患・早老症の一種で、難病に認定されています。英語表記の病名(Cockayne syndrome)を略してCS(シーエス)と呼ばれます。 日本に...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

コケイン症候群こけいんしょうこうぐん

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

コケイン症候群とは、年齢が若いうちから老化が現れる疾患・早老症の一種で、難病に認定されています。英語表記の病名(Cockayne syndrome)を略してCS(シーエス)と呼ばれます。 日本には現在、約50名のコケイン症候群の患者さんがいるとされています。

原因

コケイン症候群の原因は、DNA修復に関する遺伝子の異常です(劣性遺伝)。コケイン症候群の患者さんは、人が持つDNA修復の遺伝子が正常に働かないため、一般人の4~5倍の速度で老化が進みます。DNA修復に関する遺伝子に異常が起こると、遺伝子の傷を修復する仕組みがうまく働きません。

コケイン症候群の患者さんのご両親は、ともに変異遺伝子を保有していることになりますが、患者さんの兄弟の発症率は25%、保因者となる確率が50%、変異遺伝子を持たない確率も25%あります。
 

症状

主な症状は下記の通りです。

  • 成長障害
  • 精神運動発達遅延
  • 特徴的な顔貌
  • 日光過敏症状
  • 大脳基底核灰化(大脳基底核という部分にカルシウムが沈着する)
  • 感音性難聴(内耳性の難聴)
  • 網膜色素変性症

また、発達障害、中枢神経障害、末梢神経障害も起こります。
 

検査・診断

コケイン症候群の特徴的な症状が二つ以上あることに加え、遺伝子検査で確定診断を行い、変異がみつかるとコケイン症候群と診断できます。また、主症状と副症状が二つ以上ある場合も確定となる場合があります。

治療

コケイン症候群を完治させる方法はまだありません。ただし、遺伝子治療がさらに進歩すれば、将来的には治療の可能性が見えてくるでしょう。

コケイン症候群の記事を読む

コケイン症候群の記事にご協力いただいている医師