新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
たんどく

丹毒

最終更新日
2017年04月25日
Icon close
2017/04/25
掲載しました。

概要

丹毒(たんどく)とは、代表的にはA群β溶血性連鎖球菌が原因で発症する皮膚感染症のひとつです。赤みは強くやや盛り上がりを示す特徴的な皮膚病変を呈します。感染部位では痛みや圧痛を伴い、全身症状では発熱や悪寒、倦怠感などを呈することもあります。

丹毒そのものは皮膚表層面の細菌感染症ですが、感染がより深い部位へと広がることもがあります。また、丹毒は繰り返すこともありますし、慢性的な経過を示すこともあります。丹毒は細菌感染症であるため、抗生物質による治療介入を行います。重症化や慢性化を避けるために、早期の段階で病気を診断し適切な治療介入を行うことが重要です。

原因

小さな傷口、虫刺され、手術部位、放射線治療など皮膚のバリア機能が低下した箇所から原因となる菌が体内に侵入することで発症します。

丹毒は、真皮浅層・皮膚表層面における細菌感染症です。原因となる菌は、A群β溶血性連鎖球菌がおよそ80%を占めると報告されています。その他、黄色ブドウ球菌(抗生物質耐性菌である「メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)」を含みます)、クレブシエラ、インフルエンザ桿菌、大腸菌、肺炎球菌など数多くの細菌が原因となります。なお、通常は下肢にみることが多いですが、MRSAは下肢よりも顔面に引き起こすことが多いです。

また、糖尿病アルコール中毒、肥満、HIV感染、がん、腎疾患なども発症のリスクになります。感染に弱い新生児や乳幼児、高齢者に丹毒をみることが多いです。丹毒による感染部位は、基本的に皮膚の表層部位ですが、感染がより深い部位へ広がることがあります。丹毒に関連して、血栓性静脈炎や膿瘍形成、壊死、糸球体腎炎などの病態になることがあります。

症状

主に顔面や下肢に、周囲の正常な皮膚との境目が明瞭に区別できる強い赤みを発症します。また、新生児ではへその緒への感染と関連して、お腹に出来ることもあります。赤みはやや浮腫状であり、正常な皮膚と比べるとやや盛り上がりを示すようになります。赤みが急速に広がることもあります。また、丹毒の皮膚病変は痛みがあり、圧迫によって痛みが増強します。皮膚所見は非常に特徴的であり、典型例では皮膚症状のみから丹毒を診断可能です。

病変部位に出血斑がみられることがあります。また水疱形成を示すことがあります。皮膚症状以外に、突然の発熱、寒気、頭痛、全身倦怠感、吐き気などの全身症状を伴います。

丹毒は一回で終了することもあれば、何度も同じ場所に繰り返してしまうこともあり、そのことを習慣性丹毒と呼びます。原因の項目で記載したような重篤な合併症を呈することもあるため、急性期の全身状態を正確に確認しつつ、続発症の発症に注意を払うことも重要です。

検査・診断

炎症状況や細菌の広がりを把握するために、血液検査(白血球数の確認やCRP、細菌同定など)を行うこともあります。A群β溶血性連鎖球菌の感染を反映するASOやASKなどの検査項目を血液で確認することもあります。丹毒の診断は、典型例ではその特徴的な皮膚所見から行うことが可能です。また、虫刺されや外傷歴なども診断には有益な情報になります。

また、全身状態が重篤な場合、細菌感染症がより深部に広がっていることがあります。特に、壊死性筋膜炎を発症すると治療方針や予後が大きく異なりますので、鑑別が要される場合にはCTやMRIなどの画像検査を行います。

その他鑑別が必要になる疾患に、帯状疱疹(たいじょうほうしん)蜂窩織炎(ほうかしきえん)接触皮膚炎血栓性静脈炎、Sweet病などもあり、判断に迷う場合にはこれら疾患に特異的な追加検査を行うこともあります。

治療

抗生物質(ペニシリン系抗生物質が第一選択)による治療が行われます。MRSAが病気の発症に関与している場合には(特に顔面における丹毒ではMRSAの関与が疑われます)、バンコマイシンの使用を検討します。

軽症の場合には内服薬治療で対応することも可能です。しかし病状が進行している場合には点滴を用いて抗生物質投与を行います。抗生物質の使用期間は、使用する薬剤や病状によって異なりますが、10〜14日ほどの使用になることもあります 。局所の痛みや発熱も伴うため、対症療法として解熱鎮痛剤を用いることがあります。

感染が深層に進行する場合もありますし、続発症として糸球体腎炎を発症することもあります。こうした病状の進行に注意をしながら、急性期の抗生物質に対して反応性を観察・フォローアップすることが重要です。

「丹毒」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

関連の医療相談が10件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。