ちょくちょうだつ

直腸脱

最終更新日
2017年04月25日
Icon close
2017/04/25
掲載しました。

概要

直腸脱とは直腸が肛門の外に出てしまい、デキモノとして認識できるようになる病気です。直腸脱と同じように肛門にデキモノができたと自覚する病気には、脱肛があります。脱肛は直腸の一部分(核に当たる部分)のみが肛門の外へ飛び出る病気ですが、直腸脱では直腸の壁全体が肛門の外に出ます。

原因

直腸脱の原因は、直腸を骨盤内に留めておくための筋肉や構造物の力が弱くなることです。通常、直腸は肛門括約筋などの構造物によって支えられ、骨盤のなかに収まっています。このような構造物の力が弱くなると、直腸は支えを失い、肛門の外に脱出してしまいます。

構造物の力が弱くなる原因には、以下のものがあります。

  • 加齢
  • 妊娠・出産
  • 慢性的な便秘により、お腹に力を入れる習慣がある
  • など

ただし、直腸脱が生じる原因は決して一つではありません。加齢などのリスク因子を持っていない小さなお子さんにも起こることがあります。

症状

直腸脱では、肛門の外に出てきた直腸を「デキモノ」として自覚します。デキモノの大きさはさまざまですが、ゴルフボールほどの大きさになることもあります。また排便時など、お腹に力を加えたときに直腸の脱出を認識しやすい傾向があります。直腸脱が進行すると排便時に限らず常に直腸が脱出した状態になり、ご自身の手で肛門のなかに戻すこともできなくなります。

また、股の周囲に違和感が生じたり、直腸から分泌される粘液により下着が汚れてしまったりすることもあります。便が漏れてしまう便失禁が起こるなど、排便にも大きな影響を及ぼすことがあります。

検査・診断

医療機関では、直腸が肛門の外に出ていることを医師の目で直に確認します。ただし、腹圧がかかっているときにのみ直腸脱が起こることも多く、受診したときに見た目上の変化を確認できないこともあります。そのため、診察中にあえてお腹に力を入れ、直腸脱が現れやすい状況を作り出すケースもあります。

この他、肛門を締める力を確認する内圧検査、骨盤の筋肉・構造物の状況を調べるMRI検査などが行われます。

治療

便秘がある場合、お腹に力を加える機会が増えてしまうため、まずは便秘を是正して排便習慣を整えることが大切です。そのため直腸脱の治療では、食物繊維の多い食事を心がけたり、下剤を使用したりすることがあります。

このような保存療法で直腸脱をコントロールできない場合には、手術による治療も検討されます。

どのような治療方法を選ぶかは、患者さん一人ひとりの状況やニーズなどによって変わります。ご自身の希望を担当の先生に伝え、しっかりと相談することが重要です。

医師の方へ

直腸脱の詳細や論文等の医師向け情報を、Medical Note Expertにて調べることができます。

この病気の詳細を調べる

「直腸脱」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください